再戦。そのはじまり

269 1/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:30:34 ID:DFy2f5wl0









         ┌――――――――――――――――――――――┐
         | やっとおおむね合流か。怪我人は?         |
         |     ――いない、良し。 はぐれたのは二名か。   |
         └――――――――――――――――――――――┘








 
270 2/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:31:22 ID:DFy2f5wl0



;;.ii!;;::,,、"";;,,;;,゛::;:;:;:;:;|i!|il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;;:|i||:;:;:;:;:|l||:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
il|!ll| Y ;;/,,"":;:;:;:;:;:;|liiil|!i!|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛"":;:;:;:;:;:;:;:.|l||.:;:;:;:;||i|";"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛""
.|lii!|ノ )`~...,,,,,,....:;.,,;:|!!ilill|!l;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/:;:;:;:;:;;:::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;||i|;;;::;:;:|il|;; ゛ヾ;;::il|!ll| Y ;;/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
,!((/(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.  、"";;,,;;,゛|il|:;:;:;;:;|ill:; ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.:;:;:;:;、"";;,,,;,゛
il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;Yii!:;;::;:;:;:;.|!i!|il|ll|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,"";:;:;:;:;:;:|ill:;:;;::;;|!i|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/,,""
il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|ill|il|!l):;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,,.....,,,⌒):;:;:|!i|:;;: ::;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,,.....,,,⌒)
.|lii!|:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|!!iill|!li:;:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ;;;...(_;;::,,:;:;.|ill|:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ;;;...(_;;::,,
.|lii!|:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;(il|!llli!i|:;:;:;:;:;:;:;||!li!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Yii!:;:;:;:;:;:;.|ill|:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;.|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;Yii!:;:;:;
il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;::;|l|!|:;:;:;:;;:;:;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;
|!!iil|,,,,.., ,vv|Mvv(/"从ll|ノ(:;:;:;:;:;:;::;|il|!ll|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;vv|Mv vv|Mv;:;;::;|!lli!i|..,,..,.:;:;,:;:;.:;,,,,,.|ill|:;:;:;:;:;:;v
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw,
                            、/し',
                             }o゚(               < <;)
         円_円           ∧_∧ 'i;:i ` パチパチ         |   |
        σ;-д・¥         (д・; )|;:|           =====(つと )===X三>
           ヽ    )          と   つ/
     ======| |  |==X三>      || |     ==============X三>     ∧
         (__)__)          (__(__)        /i               X
                                    (д ;>      ∧_∧ ||
              (;> >                 と    つ   ε= (д・; )||
               |   |                     / /  /          |   つ|
             =====( つと)===X三>          (_(_/         | | ||
                                                  (__,(__)|


 
271 3/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:32:48 ID:DFy2f5wl0



;"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ゛ヾ;;::il|!ll| Y "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";:;:;:.;; "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛"":;
 ̄"\)l.ii!!ノ )(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.;:;::
;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,:;:;:;:;:;Yii!:;;::;:;:;:;.|!i!|il|ll|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/
;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|ill|il|!l):;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,
:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|!!iill|!li:;:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ
:;:;:;:;:;.|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;(il|!llli!i|:;:;:;:;:;:;:;||!li!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;;:;:;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;;::;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
))ゝ)ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝゝ;;、ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ) ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ ;;ミ ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)
ヾミ;ソミ;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;ソ(;;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))
""" V"ji,,ji,,Iw,,MW " V"ji,"j/ヽ_,ヘi,,ji,,Iw,,MW "ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,
                  とく_゚   ) スス…
            <三X===G==========
                (_ノ ヽ__)


 
272 4/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:33:57 ID:DFy2f5wl0




       ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
       |  仕方ない。 ウララード様が不在となれば、私が取り仕切ろう。 |
       └―――――――――――――――――――――――――――┘



    ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
    | ずいぶん山中を移動して、みな疲れていることと思うが……   |
    |    とりあえず、残りの二人をなんとか発見、下山といきたい。  |
    └―――――――――――――――――――――――――――┘



          ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
          | ウララード様はどうせ放っておいてもしれっと帰ってくるだろうが……  |
          |   モランバーグが、万が一にも一人で迷子になっていたら大事だ。  |
          └――――――――――――――――――――――――――――――┘



               ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
               |  辺りも暗くなっている、間違っても二次遭難など起こさないように。  |
               | とりあえずはここを拠点に二人一組で行動だ、無理はしないように。 |
               └―――――――――――――――――――――――――――――┘



 
273 5/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:35:12 ID:DFy2f5wl0



;"゛ノ)|;;.;;;;;::,,、":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;;;:":;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
 ゛ヾ;;::il|!ll| Y "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";:;:;:.;; "゛ノ)|;;.;;;;;::,,、"";;(;;;;;::::゛"":;
 ̄"\)l.ii!!ノ )(;;,,ヽ;;;...(_;;::,, |ll!i(!ll|  ̄"\)l.ii!!ノ )`~.⌒;:.;:;::
;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,:;:;:;:;:;Yii!:;;::;:;:;:;.|!i!|il|ll|:;:;:;:;:;:;:;|,!((/(;;,,ヽノ ;;/
;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`:;:;:;:;:;|!,ii:;:;:;:;:;:;:;|ill|il|!l):;:;:;:;:;:;:;|i|!ll|:;:;:;:;:;`(~...,,,,,
:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;:;|!!iill|!li:;:;:;:;:;:;:;.|il|lil|:;:;:;:;:;:;:;(;;,,ヽ
:;:;:;:;:;.|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|ill|:;:;:;:;:;:;(il|!llli!i|:;:;:;:;:;:;:;||!li!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:;:;:;;:;:;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;;::;|!lli!i|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|l|!|:;:;:;:;:;:;:|!!iill|!ll|:;:;:;:;:;:;:;||liii!|:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
))ゝ)ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝゝ;;、ゝ;;;ミ,,、ミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝミ,,、,,;;;ゝ;;)ゝ))ゝ
;;;) ) ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ ;;ミ ;;;)ヾミ)ヾミゞ((;;;ゝ)ヾミゞ((;;;ゝヾ;⌒;;)
ヾミ;ソミ;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;ソ(;;ソ(;;;ゝ;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;;ゝヾ;))ゝ;ミ;;(::;ゝ;;;))
""" V"ji,,ji,,Iw,,MW " V"ji,"j/ヽ_,ヘi,,ji,,Iw,,MW "ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,
                  とく_゚   )
            <三X===G==========
               。 (_ノ ヽ__)
              o
             O
  ( モララー族の山狩りか何かか。ジャスは発見されていないようだな…… )



 
274 6/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:35:57 ID:DFy2f5wl0









        となれば、ジャスはギコの向かった山麓にいる可能性が高い。


               モララー族がはぐれた者を捜索している以上、連中より早く寄るか――








                          ・

                          ・

                          ・


 
275 7/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:37:42 ID:DFy2f5wl0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         モランバーグは、幾つかの点についてひどく驚愕していた。 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ∧__∧
                ( ; д)
                〈二二]=
                (_ノ ヽ,)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    まず一つ目は、もちろんのこと、ウララードが突如切り落とした戦端である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
276 8/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:38:42 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   しかも、先程まで懇切丁寧に諭していたジャスという少年を遮蔽として使い――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


      Α_Α                                      ∧∧
      (  ・∀)                        ∧∧         (Д-,,)
      (  / |                         (;・д)        ミ三ミ
    ノ_/__,ゝ                    ( (  c,ミ三ミ       ノ;i;;;;;;iヽ
     (__,/ 、__)                       く(_/ー'          し ヽ)ゝ

       ↑ギコの視界からウララード下半身外れる

                                Α_Α
                                (   ∀)   ,Gヽ∧∧
                               /   G[二> |(д゚;)
                                  く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ
     (;:⌒;:;,.,.                     (__,/(_,)  ,   ` し;:;::;:ゝつ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ハーニヤ ━━━━━━━━━━━━━━━
   十分に足に“溜め”を作った上で踏み込み、“雷光”ギコなる青年を奇襲している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
277 9/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:39:43 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      そもそも“偉大な戦士”ウララードという男は、さほど戦闘を好まない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


     ザダム・シャタッフ
     “偉大な戦士”に是非、一手ご指南賜りたく……!

     (\__/) フーッ、フーッ
     (# д ) =3         細い木の枝で打ち合って、この子に勝てたらね。
     /  つG[二二>                 じゃ、モランバーグ、あとよろしく。
     /  ,、 〈 
     (__,/ ヽ__)                              Α_Α
                                      (∀・  )')
                    ちょ、っをま…っ!?     (  / /
                 ∧__∧                 ノ_/__,ゝ 
                 ( ; д)                 (__,/ 、__) 
                 と   つ
                   し ヽ,)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    普段ですら、有象無象の挑戦者を、ざっくりとモランバーグに一任する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
278 10/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:40:54 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   少なくともモランバーグの知るウララードは、無意味な斬り合いをしたことがない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              こんなガキがって、げぼぁッ!?

                            ┃
         はい終わり。               ┃
                          (\__/)┃
               ∧__∧   ;・;。;.(д il )G
             ー―=( ;-д)GG━━     つ
                  〉   /     /  / /
              (_ノ ヽ_)   (__,/ ー'


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    かつて自分が襲いかかった時のように、身を守るためならば剣を抜くが――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
279 11/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:42:07 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ウララードが積極的に“誰かに挑む”姿など、これまで見たことがない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



              ( 不自然すぎる! )
                     O
                     o
                   ∧__∧ 。
                ( ; д)
                〈二二]=
                (_ノ ヽ,)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   とすら思う。 「奇襲=卑怯」という近代的な観念は、モランバーグには無いが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
280 12/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:43:38 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   モランバーグにとってのウララードは、良くも悪くも“絶対的な強者”なのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                    l\
           Α_Α           。  ’    < 。i|! )
           (-,,   )     ’   ;  。   ; 。 とと[  ヽ
          /    /        ’     ;    。と と ノ
  <二二二]G=[   >
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从W

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    “絶対的な強者”はつねに挑戦を受ける側であって、挑戦をする側ではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
281 13/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:45:06 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   それだけでもモランバーグにとっては多大な驚愕であったが、驚くべきはまだある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                     Α_Α グ、ググ…
                     (   ∀)   ,Gヽ∧∧;
                    /   G[二> |(д ;);
                       く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ;
                   (__,/(_,)  ,   ` ;し;:;::;:ゝつ;




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ――“偉大な戦士”と真っ向からの力比べを強いられた、“雷光”の力量であった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
282 14/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:45:54 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   奇襲に対し初手でジャスを突き飛ばしたため、不利な体勢で開始された競り合い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                            ∧∧
                          人  (Д ,,)
                       <※> ミつ ミ
                        'Y   ノ;i;;;;;;iヽ
                        \ヾ\ し ヽ)ゝ
                         (ヽ,-、\
                         ヽ;:;:∧∧
                          c(il д)っ;::⌒;:)

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    並以上の戦士であっても、そのまま競り負けて押し潰されてもおかしくはない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
283 15/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:47:15 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   だが“雷光”は、押し返してのけたのだ。――他ならぬ、“偉大な戦士”を相手に!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                       ギャリ…ッ!!
                   Α_Α        ∧∧、
                  (   ∀)、人,二二iG(д )\
              <二]と=― <  > \`:::[::ヽ\
                      く____/'Y'ヽ   \〉、;;;;;;ゝ\\
                   (__,/(_,)        `ー' ヽ)  ヾ\



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    それは彼の力量が、“偉大な戦士”に比肩しうる可能性があることを示している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
284 16/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:47:57 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ただの戦士ではないのだ。 ――そして、先程のジャスとの戦いが脳裡を過ぎる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                      ∧__∧\
                      (; д)\\     /
                      / GG[二二> //
                     (_/ `ー'  γ⌒ Y//
                           γ⌒li   ,i!/
                         ∩ li  ,i! _,..ノ
                        ∧∧つ、..ノ
                       (д il)っ━━
                     し

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    “この男が、ジャスの普段の鍛錬の相手だ” 理屈も何もなく、直感で理解する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
285 17/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:49:06 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     戦いの場に立ち、“偉大な戦士”とほぼ同じ程度の武器しか持たず。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






              ニィ…             ニィ…
           Α_Α                 ∧∧
           (   ∀)                (ー il)
           ( つ[二>             /二二iと::)
           ノ_/_ゝ                    ノ;;i;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                   しヽ_)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     恐らくは援軍の到来や、援護なども期待できないであろう、その状態で――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
286 18/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:49:47 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    やや緊張で血の気が引いているとはいえ、この男は獰猛に笑っているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                    |      \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |      ,、-''´ ̄ ̄ ̄ ̄::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |     、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |    _\:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    |  、/ ,-、 Y::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                    | -=}!、イ リ ,i:::;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                   |    `≧=彡`ァィ个::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                  |      ::::::::::::::::::l|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ヽ    ::::::::::::::::::::'_,::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     \    ト‐- -`゙-  -ー,r'::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                       \   `i iv‐-- -ーv,r':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                         \   ´ ̄ ̄ ̄`':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                     / } `ー ----ー:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
              _...-‐   ̄|   `i     ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           ,、-''´       `i   \   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    並みの胆力ではない。――こんな男が、二人も三人も居る方が不自然に過ぎる!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
287 19/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:50:32 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  モランバーグは、ウララードとの戦いを経験している。 彼の殺気を受けたこともある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

W   /淤斧圭歪i:ア´                     ,x幺斧圭斧┓。. `'寺圭圭圭圭
/   /淤斧圭:7a´                      /ア"´ ̄ ̄¨`''冬斧k `'寺圭圭
   ,攷淤斧:a´                            〃    ,.斗ー- .、`'守_ 為丞圭!
  刈狄[ア                            {{      `寸竺淤t、Y心逑圭圭
  ,炸淤jW                              ヾ廴_ノ    Yi:厂 _ Y竺7ア´¨`
. 焔圭:W                                  Yk 卩 } }洲W ria
 以丞W                    Α_Α               Y劣ー' 炸W  廷
 込i:洲{                    ( ∀ )           逕丞  炸丞._ノヽ、
 Y7:刈                <二]G[  /;メ;、          逕;伐 逑圭竺圭心
  ゙'廷i代       .。ュ‐ュ。.          く_/_;;_|,)               |逕7会;芝:瓦'⌒`守 
   `'冬淤t、    〃⌒゙ヾ心        (_/、__)             !逕圭圭圭淤、{{_刈
     ゙_斧::ュ。._  `ー≠ 為!}                         以''´¨¨`'寺主k `¨
ヘ     `''冬:歪≧ー七斧a                               ,rー=ュ、 `寺垈
淤t、     `¨¨¨¨¨¨¨´                              ;圦{´廴}} .刈:洲 
:歪会ュ。                                    主会ュ。._/歪圭{ノ
淤冰ik会ュ。.                                       主圭圭竺圭圭圭圭

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ウララードとの戦いに慣れた今でさえ、時に逃げ出したくなる“それ”を知っているのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
288 20/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:51:25 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   今、ウララードは完全に本気だ。 彼が発しているプレッシャーを可視化すれば――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     :::〉  〈/ ̄二二二`゙ヽ、::/`"  ::::/l  /:l し::/し' ̄ノ:《 /::
                    ::::/   /::    ノ / し'   ∧//ノ  l:/ (::   / :::} V
                    :::l  //:::   /し'__ノ    ┌ケ::ゝ   /l  》:: /:r' ̄   (
                   :::::/  /::: /(ノ  )     :::l/   l:: ::〉  rケ ̄ _/::l  ヽ
                   :::ノ  〈::: /  /ヽヽ    :::ノノ   ノ:: ::ヽ    ,r'::: __l|  l::
                   :::ヽlソ ヽ::   /  V    ::l   /::   ::匕/ ̄::   √ヽ  l::
                    ::l〉  ノ::  /    ヽ   :::/ / l:::...  /し'    /二-‐'イ l::
                   ::::::l  /::  /     \/(:〉    ̄弋:::     广" /:::〉 /::
                   :::丿 /::: /      /  ::>     /::  ノ ̄   (::/ ノ/
                 ::::/  r':::: /        ::::ノ   /〈〈:::  ̄     厂l /  r
                ::::〈   〈::/ 」   _    ::::〉 _,,.-''"`ヽ-‐''" フ   ( ̄:::ノ   /
                 :::7  /  7  ,r;'''''';;ヽ  / ̄       /  :::::ノ ̄ 二,/l
                 :::ヽ /  「 /Vi{;;,,,,,,,,,;;ケ"´       _,,.-''   :::/   /::: ノ ノ_ノ
                 ノ二  /Y ヽ` ̄         ./l \  :::/   /ヽ, /`ヽ_
               /    /          ヘ   /─.|   `7 /  /:::  二ヽ  l ̄
              /        __/(__,,.-‐''"\\ (  ┌    V   /:::   (_   }
              ノ   /`    /  r' ̄rt Y` W ヽ  `こ    ::::l  lヽ::二二 ̄   ヽ
              ! ヘ   ,, -"二r Yヽ⌒ヽト、!ハ!ト、!/ ̄ヽ::::_ノ`ヽ:::  ::l  l |─、  (__ -=
             〈  / (`ト、 ト、l\l\ l   /ノ  し' / ̄ ̄ll:: :〈    l  )/⌒ ⌒ /
              i r'r‐(` ト、l ヽl     ヽル‐ナ::〈      ̄`ヽlV し' ノ/
              ` Tヽ, ヽハヽ-、_ ....:::::r' / r'  :::`ヽr'二二ヽ___ 丿
               |_,ハト、ト、!ハ.!ル' ̄ ソ l      心ナ:::: r'
                  :::ノ  _,,.-‐‐''" ',    ト、ト、\ノ   /
                  ::〈  〃 ト、ミ {  ヽ   ハ \`メ    l
                   ::ヽ V::∧ヽ〈   ト、!\ヽ )     /
                    :::::: ̄::: \ ト、ハ! ヽ__メ    /
                              ヽ仆-r ケ     ノ
                           `ヽ── ‐‐ー´
        <<il゚)
          /:::::::]つ[二/
           /;;;;;;;;;ゝ
        (,/ `J
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    少なくとも――そう、“少なくとも”この程度の心理的圧迫感は感じているはずだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
289 21/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:52:25 ID:DFy2f5wl0


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   モランバーグは自分が割って入れる状況ではない、ということを理解し――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                   ∧__∧
                ( ; ∀)
                〈二二]=
                (_ノ ヽ,)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   同時に軽く口元を歪めた。 運が良ければ、“それほどの使い手の技を盗める”のだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
290 22/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:53:31 ID:DFy2f5wl0







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         一挙手一投足たりとも、見逃すわけにはいかない――!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                          ・

                          ・

                          ・


 
291 23/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:54:43 ID:DFy2f5wl0




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ギコは苦笑する。(それが夜闇において、他者からどう見えるかは自覚していない)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                ス…          スゥ…
             Α_Α             ∧∧
             (   ∀)           (ー il)
          ( (  / つ[二>        /二]と::ヽ ) )
                /_/_ゝ             〉;;i;;;;;ゝ
           (__,/ `ー'             ー' ヽ_)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  再戦を期した相手と、ほぼ対等の条件でばったり遭遇。……なんという奇縁だろうか!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
292 24/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:56:11 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  これは、とてつもない幸運なのだろうか? それとも、凄まじい不幸なのかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                Α_Α
                                (   ∀)   ,Gヽ∧∧
                               /   G[二> |(д゚;)
                                  く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ
     (;:⌒;:;,.,.                     (__,/(_,)  ,   ` し;:;::;:ゝつ


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ともあれ警戒を怠らなかったがために、初手の奇襲に対応できたのは確かだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
293 25/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:57:21 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  どうやらウララードも、再戦を望んでいたようだ――内心で思いつつ斬り合いに入る。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ヒュォッ!
                        ヒュ!
                 Α_\\  i  /∧
                 (   ∀)ヾ\/д #)
                 ―二三//\三二―
                く___,/ヾ\ i `\;;;;;;ゝ
                (__,/ / \ /ヾ ヽ)
                        ヒュッ!
                  ヒュヒュ…ッ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   交差する剣線は、しかしぶつかり合わない。 ――互いの戦術が噛み合ったためだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
294 26/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:58:02 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   短剣同士の一対一では、深く踏み込み一撃必殺を狙えば相討ちの確率が高い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:::::::::::::::::::::::[悪手]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         Α_Α   ∧∧
         ( il ;;;二iG(д il)
         (    ]つ[二;;と:)
         ノ___ゝ  ノ;;i;;;;;ゝ
        (__,/`ー'   ー'ヽ_)          ::::::::::::::::::::::::[良手]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::      
                                Α_Α  <二]=    \
                                ( il д) ;;,彡'  ∧∧ \ヾ\
                                (    」つ;:    (д #)つi二二/
                                  ノ___ゝ     と[:::::ゝ
                                (__,/`ー'       し;;;;;]つ

                              ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   狙うべきはまず手首など、相手の身体末端の腱や血管。 浅く撫で切れば十分だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
295 27/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 14:59:07 ID:DFy2f5wl0




━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    r ‐、               「手首を浅く斬る? たいしてダメージ入らないんじゃない?」
    | ○ |         r‐‐、                       などと思ってしまった良い子の諸君!
   _,;ト - イ、      ∧l☆│∧
 (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    現実で「手首を浅く斬る」というのはえらいことだぞ!
  |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
 │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|    腱が一部でも断裂すれば、それだけで指先の動きが激しく悪くなる。
 │  〉    |│  |`ー^ー― r' |     太い血管が切れれば大量に出血し、時間と共に思考と動きが鈍くなる!
 │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
 |  irー-、 ー ,} |    /     i      手首に1cmも切り込まれれば、人間は普通に病院送りなんだ!
 | /   `X´ ヽ    /   入  |
                       軽く斬ってそのまま長期戦に持ち込んでやれば、少ない危険で勝てるわけだな!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



 
296 28/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:00:13 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ギコは豊富な知識と鍛錬から。 ウララードはほぼ直感に従い、この戦術を選択。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                  ヒュッ、ヒュッ、ヒュヒュ…!
                 Α_\\  i  /∧
                 (   ∀)ヾ\/д #)
                 ―二三//\三二―
                く___,/ヾ\ i `\;;;;;;ゝ
                (__,/ / \ /ヾ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    両者、めまぐるしく立ち位置を動かしつつ相手の手足を狙って刃を繰り出す。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
297 29/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:01:03 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   軽い、しかし危険な斬り合いのさなか、ギコの狙いがウララードの右肩に集中。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                ヽ:::::::::::.:.:.:.:.:.:. ',       l::::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
                ',:::::::::::::::.:.:.:.:.:l       l:::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
                ',::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.|       l::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:l
 〈`'-ーー-'^ヽ        ',:::::.:.:.:.:.:.:.:.:l      l::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
  ヽ-''´~ソ /        ヽ::::.:.:.:.:.:.:.l.      l:::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
     ,/ く        ヽ::::.:.:.:.:.:l.       l::::::::::::::::::::::.:.:.:.:.l
   _,.r' .,へ `ヽ       l:::::.:.:.:.:.',     l::::::::::::::::::::::.:.:.:. l
 =ニ-ー '´  `;、ノ       /:::.:.:.:.:.:.:.:〉    l:::::::::::::::::::::::.:.:.、:!
     n          ヽ, -、.:.:.:/}!.    !:::::::::::::::::::::::::.:.:ヽ
     U            l   ̄ /     /::::::::::::::::::::::::::.:.:.:.:ヽ
                 /   .// l     l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
      0         //   i′ l!   l:::::::::::: −´ `  、:/
             , ./ l  l    l!   ヽ ´         !
      O      /  ヽ :!_ ノノ   /          \
            ,!     !‐ ´     l、           ヽ
            l      .l,       l ヽ _      _ノi
            |         ヽ      `ヽ __ ̄ ̄ ̄   _ノ
            .|       \           ̄ ̄ ̄
             l           \
             .l          \
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   反応して対応するウララードの注意は、必然的に右肩の周辺に向かざるをえない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
298 30/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:02:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ――次の瞬間、短剣の繰り合いの切れ目を縫って、ギコの右前蹴り!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ! Α_Α    ∧∧
                   ( ; ∀)   (д゚#)
                  <二]と[  /_」  G:[::::つi二二/
                      く_/〈 ヽ( 三ヾ;;;ゝ--、ヽ
                   (__,/ `ー'、   ヽ.)、ソ/
                           ソ      'Y`



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ウララードから見て左下方から放たれたそれの狙いは、当然の如く金的。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
299 31/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:03:59 ID:DFy2f5wl0




━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



    r ‐、                格闘技のテクニックとして「対角線コンビネーション」というものがある!
    | ○ |         r‐‐、    人間を上半身、下半身、左半身、右半身で四等分して考えてみよう。
   _,;ト - イ、      ∧l☆│∧ 
 (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    右上に攻撃したら左下にと、対角線側に攻撃を繋げるのが、
  |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)                「対角線コンビネーション」のごく単純なやりかただ。
 │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
 │  〉    |│  |`ー^ー― r' |   人間は意識がある方を向いた時、逆を攻撃されると面白いように直撃する。
 │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
 |  irー-、 ー ,} |    /     i           ……え? そんなの分かっていたら避けられるんじゃないかって?
 | /   `X´ ヽ    /   入  |
                     それができれば、外角内角の投げ分けでアウト喰らうバッターなんかいないだろうな!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
300 32/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:04:39 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    意識の隙を突く一撃に対し、ウララードは超人的な反応で足を持ち上げ防御。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                      Α_Α   ∧∧ ……ッ!
                 ―=(  ∀)ア (д゚;)
                  <二]と[  /__,、人,:[::::つi二二/
                      く_/〈 <  > ;;;ゝ
                    (__,/ ` /'Y'ヽ ヽ.)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   技を繋げようとするギコに対し、防御の動作から流れるように目突きを繰り出した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
301 33/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:06:20 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ギコは連携を中断。 ウララードの危険な反撃に対し、流れるように対応を試みる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                      Α_Α_    / /
                    (  ∀)_」ア // /
                  <二]と[  / / << ):::]つi二二/
                      く_/_,ゝ  し、;;ヾ;;;ゝ
                        (__,/ ヽ__)    し ヽ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     身を捻りつつ伏せて突き手をやりすごし、同時にその捻りを利用し――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
302 34/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:07:40 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━カルセラン━━━━━━━━━━━━━
   大きく身を回し、そのままウララードの突き手を“守るもの”で切り払おうとする。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





            …!!  Α_Α     , - ― - 、
              (;  ∀)≡=/    /i  \
          \ 、,G[   / | /二二iと[::(  。>   、
             ヾ|/ く_/___ゝ      ヽ;;;;;;;;J  ⊃
                  (_,ヽ__)    ⊂ `ー'ヽ_) ギュッ!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    が、ウララードは即座に突き手を引き込み、銅の短剣での対応に切り替える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
303 35/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:08:26 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   柄を握り込んだ拳を、そのまま突き出したウララードに対し、ギコは全力で後退。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                 Α_Α     ∧∧
               (   ∀)       (д゚;)
              __――G /二二iG:::ヽ)
              ̄ ̄―二二l/    ノ;;;;;;;;;ゝ
                (__,/       \人(_/`ー'

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  手首を切り払う隙があるように見える動作であるが――ギコは似た技を知っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 


 
304 36/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:09:37 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     結果として判断は正解。 ウララードの手首の捻りと共に短剣が踊り――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                     Α_Α クンッ!  ∧∧\
                     (   ∀) /| ⊂ (д゚;) ヾ\
                    /    ]G/ )  と[:::::]つi二二/
                /___,ゝ  '  く0i;;;;;ゝ
                (__,/ `ー'        (,/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   短剣がギコの手首のあった位置を薙ぐ。 現代の、ナイフ術の教本にも載る手だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
305 38/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:10:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   伸びきったウララードの腕から、これ以上の追撃はないと判断してギコは更に後退。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                      Α_Α              ___―――∧∧
                      (   ∀)        ____―――――と(д゚;)
                     /    ]G[二>       ̄ ̄ ̄ ̄――/二二iと[:::::)
                 /___,ゝ       i  , '    ,  ̄ ̄ ̄―――/;;;;;;;;ゝ
                 (__,/(_,)     ヽ人,;:'    、/し    、j、, ̄―(,/ ヽ)し'_,  ザッ!!
                              ザッ    ザ     ザ      `



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ――ウララードの苛烈な反撃により、ギコは技の連携がまともに成立しない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
306 38/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:10:58 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   練られた技を丁寧に連携させて相手を“詰む”、樹木の如きギコの得意戦術は――
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




               ニィ…
             Α_Α                         ∧∧ フー…
               (   ∀)                       と(д゚;)
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                          /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                         (,/ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   いかな連撃にも烈火の反撃を挟む男の前に、半ば崩壊を余儀なくされていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
307 39/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:12:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ウララードも、口元を歪める。 やはりこの男は面白い。 更に腕を上げている、と。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




          ジリ…                            ジリ…
             Α_Α                          ∧∧
               (   ∀)                         と(д )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                           (,/ ヽ)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  得意とする猛火の攻めは、風に揺られる枝のごとくにしなやかに避けられ、捌かれる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
308 40/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:13:25 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   勝ち難く、ゆえに挑む甲斐がある。 ――ただ、性急に決着をつける手は使えない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

           <三X====∩Α__Α=====
                ヽ( ∀  )
                  〉 /  ]つ三≫         __
                   _(_)、_ゝ            <:::::::...^),.  
          ,;’;';‘>⌒`';::>>ヽ__)            ヽ;:,ζ;;・.:
              ̄`しとノ´              ≪三し´∴;;,;;:,.,.;:,
                                       ..;:,.;:   
             <<;:;;:'⌒`つ               ,.;:・:,、ノvヽ 
               ヽつJ;・;;';;  <三X===           ;:,.〉 〉__,)
                       ;:;,                 (,___,)  
               ========= '`

      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  リスクを負っての無理攻め。 無謀であった己がそれを躊躇することを、可笑しく思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
309 41/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:14:14 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   あの、自分を睨んで毒を盛ってくる妻を娶って、自分は変わってしまったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          )
          (  ( 
          ) ) )
            | ̄ ̄|       ΑΑ
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]   ( −)
       ` ,;;从炎;火',人, ' 0=と `i' つ  Α_Α
         V/7Vヘ,ヘV   と[_,/_,i  ▽д   )
      (:::)(:::)(:::)                ヽ'    |
      [二二二二二]               (,_,_,、_ゝ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   いつからだろう。 ――妻のもとへ帰らねば、とごく自然に考えるようになったのは。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
310 42/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:15:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  戦士として、死を恐れはしない。 ――だが、心の底から家族の元へ帰りたいとも思う。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


        Α_Α                             ΑΑ
        ( ,, ・∀・)               ∧__∧      (ー^,,)
        ノ  つ▽O               (д # )      u u 〉
       (   ⌒)⌒)               o▽o )      (_(_つ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  「決死」と「願生」。 矛盾する二つの観念が、ウララードの中には矛盾なく同居していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
311 43/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:16:01 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   対し――ギコもまた約束があり、守るべき多くの人々がおり、築くべきものがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                             ∧∧
         ∧_∧               (Д^,,)
         (;:;;: ・−)               |[::::|
         /;:;:;∪∪              ノ;i;;;;;;ゝ
      、 ノ;:(⌒)⌒) ,            し`J
    ^´''"' ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"'

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                             |
                          ∧∧  ∧_,,,               ∧∧ 
                           (*゚ー) (#゚;:-)   ∧∧     ―  (Д゚,,)
                         |  |、 /;:;:;:;:|    ( ・∀)        |[::::|
                         |  |,)(;/;:;:#|     | っっ       ノ;i;;;;;;ゝ
                        し`J  .し`J    し`J         し`J

                   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ゆえにギコの戦いの選択肢にも、多大なリスクを負っての無理攻めは存在しない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 
312 44/44 ◆Civ.a/bGUo [] 2010/05/05(水) 15:17:19 ID:DFy2f5wl0



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   結果として――二人はある程度の間合いを確保し、相手の隙を伺い始める。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                 ( やはり、コイツは強い……! )
                  O                   O
                 o                      o
             Α_Α 。                       。∧∧
               (   ∀)                     と(д )
              /    ]G[二>               /二二iと[:::::)
          /___,ゝ                           /;;;;;;;;ゝ
          (__,/(_,)                          (,/ ヽ)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   両者の現在の実力は、ウララードの肩の負傷を含めた上で――ほぼ拮抗していた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



                                                    つづく