血の色みたいに紅いほおずき

163 01/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:27:45 ID:K//b6pw80

    ┌──────‐
    |っと、いう事だ。
    └───v───
       .  n__n
         (x゚д゚)
         ( ∞
      . <⌒   l
         し`J
   '^´"'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"'"^
                       ハ,,ハ
164 02/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:28:30 ID:K//b6pw80
             ┌─────────‐
             |こんなん見つけたぞー
             └─────v────
┌───────────────‐
|って、解かってないな、その調子だと
└────v───────────
                   . _,_ ソカ
                    ゝノ.ハ,,ハ
                    ('(゚д゚,,n
       .n__n           .ヽ   /
       (  x゚)           .|  〜 lニニ
       ( .  )           し`J  L_
      <⌒.  |      "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
       し`J  . ..┌─────ヘ─────‐
   "'"'"'^´"'"^´"'"^´|・・・なんか話してたのか?
             ..└───────────
 ┌────ヘ────────────‐
 |いや、気のせいだ。俺は何も言ってない。
 └─────────────────
165 03/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:29:20 ID:K//b6pw80
    ┌─────────────────┐
    |(x゚д゚) で、何を見つけたんだ? イズモ |
    └─────────────────┘
               、、 __,..- ------、
              _,.'.'~7    '、 ', .' ,
          .  , '.,´   l  、  /   .、ヘ
           ,'  l   ',    '    、 .',
           /',  ヽ   .',   .」   ,,...::::l
          ,/.、 ',  ',    ', / .  ┌───────────────┐
         .{  ', .',   '、 .  ',    |血の色みたいに紅い変な物 .(゚д゚,,)|
          '、 、 .'、  `   .',     └───────────────┘
           ヽ,  .ヽ     ',   l..:::::..l
            .ヽ  ',     l   ` ' /
             ヽ、__l 、    ',, ol.  /
               `-.、    l .l:::::/
┌────────┐   .`\  l  {
|(x゚д゚) 変な物? .|     ヽ   ,'
└────────┘      `'-、,i|
166 04/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:30:10 ID:K//b6pw80
           ┌────────────
           |ついでに食ったら、苦かった
           └───────v────‐
┌───────────────‐
|無闇に食うなよ。毒だったらどうする。
└─────v──────────
       n__n          大丈夫大丈夫。
       (x -д) -3         .    _,_
       .(  ∞            ハ,,ハゝノ
       <⌒  .l           n゚,,   )')
        し`J           ヽ   /
   "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"     .  |  〜
                      し`J
                  "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
167 05/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:31:00 ID:K//b6pw80
                 ┌────────‐
                 |それに、こうやって
                 └──v──────
                 ピー
                      ハ,,ハ
                    ('(゚ε゚,,)
       .n__n           .ヽ  U
       (  x゚)           .|  〜 lニニ
       ( .  )         、-, し`J  L_
      <⌒.  |      "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
       し`J.┌───────ヘ─────‐
   "'"'"'^´"'"^.|音を鳴らすことができるから、
          |子供とかの遊びにさぁー
          └─────────────
  ┌───ヘ───‐
  |まぁ・・・そうだな。
  └───────
168 06/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:31:51 ID:K//b6pw80

  ,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
  .( まぁ、何かの話のネタにはなるだろうな。. )
  .( 次の雨の日まで、話を練っておくか。.  . )
   `ー〜ー〜ー〜0〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
           。゚
          n__n
         (x-д-)
          ( ∞
         <⌒  .l
          し`J
      "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
169 07/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:32:48 ID:K//b6pw80
        ピッピピピピーピーピッ、
            ピッピピピピーピーピッ
     ピッピー ピピピ〜 ピピピピピー
        ピーピー ピピピー ピピピピピ
                ♪〜   ハ,,ハ
                    ('(゚ε゚,,)')
       .n__n           ヽ    /
       (  x゚)           .|  〜 lニニ
       ( .  )         、-, し`J  L_
      <⌒.  |      "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
       し`J
   "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
         ゚。
  ,〜ー〜ー〜0〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
  ( それに、探索はショウの方が向いているな。     )
  ( 探索は任せて、俺はそれ以外の事に専念するか。 )
  `ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
170 08/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:33:43 ID:K//b6pw80
┌──────────
|そろそろ帰るぞ、イズモ
└──v───────‐
          ┌─────────────‐
          |なぁ、これ 持ち帰ってもいいか?
          └─────────v────
     n__n                 ハ,,ハ
    (x -д)               (д゚ ,,)
    /.  |                 |  U
  <⌒ヽ). |                 |  〜lニニlヽ
    し`J               、-,し`J L_」ノ
 "'"'"'^´"'"^´"'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
┌──ヘ─────────────‐
|沢山は駄目だが、籠半分ならいいぞ。
└────────────────
171 09/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:34:31 ID:K//b6pw80

                    うほほ〜い
                   +      *
                 *    ハ,,ハ    +
                     ('(゚д゚*)')
       .n__n           ヽ    /
      .(  .x-)           .|  〜 lニニ
       ( .  )         、-, し`J  L_
      <⌒.  |      "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
       し`J
   "'"'"'^´"'"^´"'"^´"`"
172 10/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:35:17 ID:K//b6pw80
━━━[パチュリーさん からの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 『古事記』に、スサノオノ尊が退治した八岐大蛇の目玉は、赤加賀智(あかかがち)の
 ようだったとある。アカカガチは赤いホウズキの意で、この頃は、ホウズキをカガチと呼んで
           ____ _           いた。それが平安のころになるとヌカズキと呼ぶ
  /ヽ./\  ,. ''"´     `ヽ`ヽー 、 |`ヽ.r-ァ、 ようになり、その後ホウズキになった。その語源は
  ト、 \, '´    r─vート-‐'  ノ  `!   |/  L_ ホウというカメムシの一種が好んでこの葉を
 / \ア´「`ーァ'こ>-‐'ー`' ー<_]‐ァ-'、_/  ´ | 食べるからだという。でも、
く.,__/ `ヽ>'"´: : : : : : : : : : : `゙<_/ \,∠,,_」 これは一種の民間語源であるらしいわね。
  「 `rァ'´: : / : : : :i: :, : : : /| : : : : ハ\  ハ、|
  く_,7´ ,': : : !/-─-i,ハ_/ .!-─-/ | : :Yヽ、] 観賞用としてのホオズキは、鉢植えやドライフラ
   !: : :| : : ,| r-r-テ'r    ァ!テーrァ! : :| : :|  ワーなどに用いられ、その愛好家も多い。
   `ヽ|: :., ヘ ! '、__ソ     '、__,ソハ!_ハ: :!  果実は、以前はホオズキ人形や口で音を鳴らす
    (ヽ└| :7,.`         "´,,!: :| ! : : :|  など子供の遊びにも使われていた。食用や薬用
   「 と )ハ ,ゝ、    ---、   ,.ヘ : :! :i : : |  としても知られているが、腹痛や堕胎作用がある
  .iニニ,r-─'三三ニヽ∠ニ三三__ヽ: /: : : l  .ために多用は禁物ね。
   .',/´ ̄ ̄.:.:.:.:.::i ̄~`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y: : :/ :l
   .!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| __ : : l 日本の仏教習俗であるお盆では、ガクに包まれた
     !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:r-'ヾヽ : j ホオズキの果実を、枝付きで精霊棚(盆棚)に飾り、
     .!:.:.:.:.:.:.:___.|:.:.:.:.:.|__:.:.:.{  ノ } /
    . !:.:.:./´   }`¨¨´{   `ヽ`¨i´ノ´ 死者の霊を導く提灯に見立てる。毎年7月9日、
       !./    } || || ||{   ヽ    ̄ノ  7月10日に東京都台東区浅草の浅草寺で
    f´^`(_)´`ヽ..|| || ||,ゝ   ヘ   {   ほおずき市が催されてるそうよ。
    ヾ、_ノ|ゞ-イ. || || || .`7_,、_ _ト- '
      ∠,,ハ_| || || || ||__ィ´

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
173 11/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:36:07 ID:K//b6pw80
━━━[パチュリーさん からの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 薬としての鬼灯は、地下茎を掘り取り水洗いし、日干しにする。
 これを酸漿根(さんしょうこん)と呼んでいるわ。地下茎には咳止め作用の苦味質フィザリン
 利尿作用のあるフラボンのルテオリンがなどを含み。その効能は、咳止め、解熱、利尿。
           ____ _      一日3〜10gをコップ3杯の水で半量になるまで煎じ
  /ヽ./\  ,. ''"´     `ヽ`ヽー 、 |`ヽ.r-ァ、      一日3回に分けて飲むといいらしいわ。
  ト、 \, '´    r─vート-‐'  ノ  `!   |/  L_
 / \ア´「`ーァ'こ>-‐'ー`' ー<_]‐ァ-'、_/  ´ | .ただし、先程言った様に、腹痛や堕胎作用が
く.,__/ `ヽ>'"´: : : : : : : : : : : `゙<_/ \,∠,,_」 .あるために多用は禁物。
  「 `rァ'´: : / : : : :i: :, : : : /| : : : : ハ\  ハ、|
  く_,7´ ,': : : !/-─-i,ハ_/ .!-─-/ | : :Yヽ、] ナス科植物の例に漏れず、全草に微量の
   !: : :| : : ,| r-r-テ'r    ァ!テーrァ! : :| : :| アルカロイドが含まれている。
   `ヽ|: :., ヘ ! '、__ソ     '、__,ソハ!_ハ: :! 特に酸漿根の部分には子宮の緊縮作用が
     └|: :7,.`         "´,,!: :| ! : : :| あるヒストニンが含まれており、妊娠中の女性が
      ,ハ ,ゝ、    ---、   ,.ヘ : :! :i : : | 服用した場合、流産の恐れがあるわ。
     ,r-─'三三ニヽ∠ニ三三__ヽ: /: : : l
    /´ ̄ ̄.:.:.:.:.::i ̄~`i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`Y: : :/ :l 平安時代より鎮静剤として利用されており、
   .!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::!.:.:.:.:.:!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:| __ : : l 江戸時代には堕胎剤として利用されていた。
     !.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::|:.:.:.:.:.|.:.:.:.:.:.:.:.:.:r-'ヾヽ : j 現在も咳や痰、解熱、冷え性などに効果がある
     .!:.:.:.:.:.:.:___.|:.:.:.:.:.|__:.:.:.{  ノ } / として、全草を干して煎じて飲む風習がある地方が
    . !:.:.:./´   }`¨¨´{   `ヽ`¨i´ノ´ 存在するらしいわ。ちなみに、毒性及び苦味があり
       !./    } || || ||{   ヽ    ̄ノ  食用にならないホオズキは世界中の土地環境に
    f´^`(_)´`ヽ..|| || ||,ゝ   ヘ   {  応じて変化し約80種類も分布しいる。観賞用のも同じ。
    ヾ、_ノ|ゞ-イ. || || || .`7_,、_ _ト- ' 
      ∠,,ハ_| || || || ||__ィ´ あと、甘酸っぱい食用品種は、ヨーロッパで古くから栽培され、
  秋田県上小阿仁村の特産品。北海道では1995年から由仁町、江別市などでも生産されて
  いる。旬は秋で、袋が茶褐色に変わり中の直径2cmから3cm位の実が黄色くなり
  食べ頃を迎えると、ストロベリートマトという名前で出荷されているそうね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
174 12/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:36:58 ID:K//b6pw80
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:..‐:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;. ノ.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..‐´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐′.;.;.;.;.;.;|.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..r‐'´:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;...‐'´.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_..-―‐ ''''ゝ、、:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.:;.__,,,,......--'".;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;.;
`゙''‐--............-‐'''´ ...:.:.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.: ̄ ゙̄^''''''|−――‐ ''"``''‐‐---......,,___.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:
: : : : : : : : : : : : : : : : ''‐......__.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_....----'` ̄''ー 、,,i_.:.:.:.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.:.:_..
- 、,,_: : : : : : : : : : : : : : i: : .. `"''''ー-|-......,,_|_____,,.i.|..-‐'' ̄" i        |   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
   `iー-i---―――‐''"    そして、とある雨の日にて     |       i|      l
 i           l   |   l!   i  l    |   l      i  |l       i     i
        |           |      il       i         l   l    |    i|
   i        |    i   ザァアアアアアアアア   i             |    |l
       |l              i       i        |   |i     |l    li
   l |!        l   i|  |     i!   |l    i  |l         l|      |    l
        l|            |i         |        l|       i|     l
 i   l       |i   |   l     |!    l    i    i     l|   l    |i    |
   |   |l          i|    |    l    i    |    l     i|   l   i  l
175 13/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:37:44 ID:K//b6pw80
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,シャモンの考えた作り話は、狩りに出かけた男が森で漆黒の衣を身に纏った ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:紅い瞳の少女と遭遇し、その少女から人ならざる者の気配を感じた男は逃げるも、
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, 男の周りには闇が広がり、何も見えない状況に・・・そして、そんな時. :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l n__n;::::;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'(x -д)"'"'''"''"''"'"L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                / ∞     )
        .     j⌒(_つと)  .,;;从,.::     ∩∩
     遠くに紅い光を見つけた男は、仲間の松明だと思い、そこへ向かって走った。
                   「iコ7/ヘiコ     l  ∫
           ∩∩     ∩∩      ∩∩ ∩∩
           (   ,,゚) ∩∩ (   )  ∩∩ (゚,,   )(゚,,   )
           ∫  l  (   ) l ∫  (   ) l  ∫ l  ∫
176 14/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:38:52 ID:K//b6pw80
: ,,;.;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
:だが、その場所には仲間の姿など無く。 変わりに在ったのは紅く光る鬼灯。,,;:
; . ;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
./ミ_\; ;: : | |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
ミ`;; ; \\仲間では無かった事に男は絶望し、その場に倒れこんだ。 ,,;: ,,;: ,,;
,, :;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;: ;: ;: :: : ;: ;: ;: ;:| |;: ;: ;: ;:::;: ;: ;: ;: ;::: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
:; , ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
.. :;そして最後には紅い瞳の少女に喰い殺されるといった内容の話だった。;\:
:; ::;;、;;: ;: ; ;: | l \ \:; :;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ
"''"'"'^´''"''"|_,,l'"'"`"'"'∩∩'.'"'^´'L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
             (゚Д゚,,)  {{ ∩∩ .∩∩ }}
             UU l {{ (゚д゚ili)(゚д゚lil) .∩∩
             (_(__(つ {{ UU l.UU l ( Д lil)∩∩
               ,;;从,.::{{ (_(__つ.(_(__つ UU (゚,,   )
        n__n    ( (:::);:)          (_(__ .U  .{{ ∩∩ }}
        (   x-)  「iコ7/ヘiコ           {{∩∩ {{ (д゚ li) }}
        (   |                 {{ (゚lil  ) {{ UU lノ }}
       <⌒___)                  {{ U ∫ }} {{(_(__つ }}
177 15/15 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2010/07/25(日) 07:39:42 ID:K//b6pw80
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,,;| |,,: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,.:: ;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: ,,;: ,.::
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三Χ三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.: ,,;: ,.:: ,,;:
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:::;:;: ;::| | ;: ;: ;: ;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;:::;;:| |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;:
.:: ,.:: ,.:: ,,;:その話を終えた後は、雷鳴のごとく現れた神様の話を話し始めた。 ,,;: ,,;: ,.:: ,,;:
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |:;:;:; ;: ;: ;: ;:: ;: ;: ;::;:;: ;:| | ;: ;:ハーニャキカミ: ;:.,;: ;::| |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,;
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|;: ;: ;: ;:その神様の名は・・・雷光神 ;: :: ;; ;:;| `' /;: ;: ;: 'iミ\: ,,;: ,,;:
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ ト、:; :; ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: :;:;:| |;: ;: ;: ;: ;: ;;: ;:: ;::;::: ;: ;:| /; :;: ;: ;::; :; :'iミ\;: ,,;
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | 、 \;: ;: ;とある人物を元にした話。;:;: ;: / _ |;: ;:; ::: ;: ;: ;: ; :; 'iミ\:
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | l n__n;::::;: ;: ;: ;: ;: ; ;:| |: ;::;:: ;: ;: ;: ;: ;:::/ / l |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''"|_,,l'(x-д゚)'"'"''"''"''"'"L,_l'""`'"'"`"'"^´''"''""l._.,|"'""^´''"''"`"'"^´'
                / ∞     )
        .     j⌒(_つと)  .,;;从,.::     ∩∩
                    ( (:::);:)    (゚,,   )
                   「iコ7/ヘiコ     l  ∫
           ∩∩     ∩∩      ∩∩ .∩∩
           (   ,,゚) ∩∩ (   )  ∩∩ (゚,   )(゚,,   )
           ∫  l (,,  ) l ∫  (    ) l  ∫ l  ∫         続く