戦後処理あれこれ 中編

136 1/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:01:12.65 ID:9rTUR2RGo







    ┌――――――――――――――――――――┐
    |   っ……てて。   くそ、やっぱ無理くさいな。   |
    └――――――――――――――――――――┘




                          ┌――――――――┐
                          | みたいねぇ…… |
                          └――――――――┘







               ――まぁ、予想はしていた。



.
137 2/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:02:11.32 ID:9rTUR2RGo



    ┌――――――――――――
    | 感覚としてはどんな感じ?
    └――――∨―┌―――――――――――――――――
                  | 右手を持ち上げるとピリピリくるな。
                  |  やっぱ、肩から上には上がらねぇ。
                  └―∨―――――――――――――――


              ・・・・
           λ,,λ 
          彡;-дミ ∧∧
            ミ  つつ(Д-;)
          ミ   ミ と|[::::::)
            し `J  (っと::ゝ



       さんざん肋骨を折られた上に右胸から脇にかけて刃が入って、

           その傷を原始時代の設備で治療したのだ。 後遺症が無いほうが奇跡だ。



.
138 3/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:03:03.30 ID:9rTUR2RGo



   ┌――――――――――――――――――――――――――――――
   | ……結論から言うわね? 治るかどうかは不明、私の専門分野外。
   |  拘縮が起こってるのか腱が切れたのか何なのか、判断できないわ。
   └――――∨―――┌――――――――――――――――――――――――――
                     | ま、しょうがねぇな。……実際、生きてるだけで儲けモンだ。
                     └――――――∨―――――――――――――――――――

      ┌――――――――――――――――――――
      | ホントによくもまぁ、しぶとく生き伸びたわねぇ。
      └―――∨―――――┌――――――――――――
                          | はは、それが取り柄でな。
                          └―――∨――――――――


           λ,,λ
          彡;゚ーミ            ∧∧
            ミ  ∞            (Д^;)
          ミ   ミ             ∞::::|
            し `J            (っと::ゝ



          こうなるともう、お互い笑うしか無い。 愁嘆場を演じても気が重くなるだけだ。



.
139 4/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:04:31.37 ID:9rTUR2RGo






         ┌―――――――――――――――――――――┐
         |  ……まぁ、ゆっくり リハビリを試してみましょ?  |
         └―――――――――――――――――――――┘




                        ┌―――――――――――――――――┐
                        |   そうだな。ゆっくり試していくか――   |
                        └―――――――――――――――――┘







             そう、試していくことができる。 ――『勝利』によって得た、つかの間の安息によって。





.
140 5/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:05:28.69 ID:9rTUR2RGo



                          ・

                          ・

                          ・




      ┌―――――――――――――――――――――――┐
      | ふむ。 それは……ケホッ……重大な提案ですね。  |
      └―――――――――――――――――――――――┘





                ┌――――――――――――――――――――――――――┐
                | 事態が事態ですので。……叶うならば、この場でお返事を。 |
                └――――――――――――――――――――――――――┘







                 そう、急がねばならない。 『敗北』によって、私たちの優位性は失われたのだから。




.
142 6/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:07:29.21 ID:9rTUR2RGo





       ┌―――――――――――――――――――――――――――
       | この私に、「次の大族長になれ」、と。 ――ケホッ。
       |  ケホッ、ケホ。 いったい、何をお考えになっているのですか?
       └―――――――――――――――∨―――――――――――
     ┌――――――――――――――――――――――――――
     | 言葉通りです。 私は貴方に継いで頂きたい。
     |  そのために、必要であればいかなる支援も惜しみません。
     └―――――∨――――――――――――――――――――



            Α_Α                ∧_∧
           (  ・Д)                  (Д  il)
          _._,_/   ∞_,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ

      【“偉大な戦士”ウララード】      【“大族長家長男”モララスター】





.
143 7/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:08:00.94 ID:9rTUR2RGo






                            ・・・・・

            Α_Α                ∧_∧
           ( ・Д-)                  (−  il)
          _._,_/   ∞_,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ






.
144 7/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:08:50.39 ID:9rTUR2RGo






       ┌―――――――――――――――――――――――――――
       | 武勇もなく病がちで、ただ大族長の長子であるだけの私に?
       └―――――――――――――――∨―――――――――――
     ┌――――――――――――――――――――――――
     | 「ただ大族長の長子である」貴方であるからこそ、
     |     敢えて私は大族長に推したいと思うのですよ。
     └―――――∨――――――――――――――――――



            Α_Α                ∧_∧
           (  -∀)                  (Д  il)
          _._,_/   ∞_,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ




.
145 8/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:09:56.52 ID:9rTUR2RGo





       ┌――――――――――――――――――――――――――
       | つまり、お望みは都合の良い傀儡、ということでしょうか?
       |   ……そうであるならば、私に拒む力はありませんが。
       └―――――――――――――――∨――――――――――

         ( ――病がちであまり表に出てこない人だったが。 どうも、想像以上に聡明だ。 )

                 O
                 o
                。
            Α_Α                ∧_∧
           (  ・∀)                  (−  il)
          _._,_/   ∞_,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ




.
146 10/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:10:59.47 ID:9rTUR2RGo










             ┌――――――――――――――――――┐
             | その懸念は非常にもっともです。      |
             |   ……が、そういう意図でもありません。 .|
             └――――――――――――――――――┘










.
147 11/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:12:42.62 ID:9rTUR2RGo



     ┌―――――┐
     |  ……?  |
     └―――――┘      ┌―――――――――――――――――――――┐
                         |   長男殿は、村々の現状をご存知でしょうか。   .|
                         └―――――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

___________  
二二二二二二二二二/⌒\
',r',r',r',r',r',r',r',r',r',r'/:;:;:;:;:;:;:;:;゙i
、!、!、!、!、!、!、!、!、!、/三三三三 ミ゙i
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,/,ミ三三三三三ミ゙i
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ii______iミ゙i
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_゙゙i,rfr゛frk゛゛fr,~fr\゙i    
,;: ,,;: ,,;:/ミ_`,,.; ゙iソfr゛fr゛frk゛k゛fr\   
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;,  ゙i'ソfr,kfk゛fr゛frk゛fr\                   ∧_∧     ∧_∧
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; :;:;:;゙i ソ))))))))))))))    ∧__∧           (∀ # )    (∀  # )
/ミ_`,, :;,, :;,, :;,: ;:; :;;゙i  川|   ゙i゙i川|;:;ミ゙i   (;‘Д‘)          ヽY  〉     /   Y 〉
ミ_`:;,, :;,, :; :: 、;;: ;: ;:;: ゙i ,川|    ゙;i川|: ; ミ゙i   ( o o  ) )         /  / <二|G   / |
`,, :;,, :;,, :;,, ::,, :: ;:;:; :; :;:;゙i川|     川|: ; ミ"i   し  、)          (_./ J    (_,/ _)
~ ~~ ~~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~      ⌒~~~~~~
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


              ┌――――――――――――――――――――――┐
              | 敗戦と、大族長――父の死の報に浮き足立ち。   .|
              |   村によっては無法者が幅をきかせている、と。 .|
              └――――――――――――――――――――――┘


.
148 12/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:16:18.10 ID:9rTUR2RGo





    ┌――――――――――――――――――――――――
    | 何故、このようなことが起こっているのでしょうか?
    └――――――∨―――――――――――――――――
            ┌―――――――――――――――――――――――――――
            | ケホッ……この状況に乗じ、自分たちの権勢を高めたいから。
            └――――――――――――∨――――――――――――――
      ┌―――――――――――――――――――――――――――
      | ええ、文字通りの“実力”で、のし上がろうとしているわけです。
      └―――――∨―――――――――――――――――――――



            Α_Α                ∧_∧
           (  ・∀)                (−  il)
          _._と    つ,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ



.
149 13/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:16:44.64 ID:9rTUR2RGo



  ┌――――――――――――――――――――――――┐
  | “養い子”の習慣があっさり根付いたことといい――   |
  |   実際、我らは実力を尊ぶ気風がありますからね。  .|
  └――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  俺、鍛冶がやりてぇーんだよぉぉぉぉッ!!

     許せるかぁッ!!
                          羊飼いなんて地味で嫌だぁぁぁぁぁぁッ!!
地味って言うなぁぁぁ!!   i
              ∧_∧ |i ./    ∧_∧
              (   #・) し'   o( Д #)o
             ノ     Gて=− ヽ   /
          ̄| ̄(   ⌒) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

             ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
             |   しかし、子供の生業ならば家庭の不和で済むことでしょうが――   |
             |   その生業が“部族の指導者”ともなれば、そうも参りません。    .|
             └―――――――――――――――――――――――――――――┘


.
150 14/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:18:19.65 ID:9rTUR2RGo



      ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
      | “指導者の実力”などという不透明で不明確なものを基準にしては、 .|
      |    我も我もと皆がのし上がろうとして、部族もまとまりません。     |
      └―――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




        \\           喧 々 諤 々            //
          \                              /


  ∧_∧    ∧_∧     ∧_∧   \人/   ∧_∧     ∧_∧    ∧_∧ 
  (# Д )   (# Д )    (# Д ) w-<  >-ヘ ( Д #)   ( Д #)    ( Д #)
  (  ∽    (   ∽    (   ∽  /Y\   ∽    )   ∽    )    ∽    )


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
         |  亡き大族長は、その実力の争いを制してのし上がったお方ですが―― . |
         |   我々もあの方の真似をしていては、部族そのものの身が持ちません。 . |
         └―――――――――――――――――――――――――――――――┘
151 15/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:18:53.71 ID:9rTUR2RGo






            ┌――――― ウリール ―――― ダハム ――――――――――――――
            | つまり……“武勇”ではなく、“威儀”。 ケホッ、そういうことですか?
            └――――――――――――∨――――――――――――――――
      ┌―――――――――――――――――――――――――――
      | まったく理解が早い。 ほんとうに助かります。
      |  そうです。 測りとすべきは“実力”ではなく、“権威”なのです。
      └―――――∨―――――――――――――――――――――



            Α_Α                ∧_∧
           (  ・∀)                (−  il)
          _._と    つ,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ



.
152 16/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:19:20.43 ID:9rTUR2RGo



     ┌―――――――――――――――――――――――┐
     | ……長子相続も、長年続く我らの部族の習慣。    |
     |  多くの者にとって、無視できぬ圧力が存在します。  |
     └―――――――――――――――――――――――┘


               ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
               |  ……大族長の地位を継ぐ基準は、“実力”ではなく“血統”         |
               |   皆にそう明示することで 混乱を抑えこむ。 そういうことですか?  |
               └―――――――――――――――――――――――――――――┘


                   ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
                   | ええ。実力が基準であれば、「我も」と名乗りを上げられますが、   .|
                   |            血統が基準であれば、自制する他ありませんからね。 |
                   |   むろん実力の裏付けは必要ですが、そこは私が後見しましょう。  .|
                   └―――――――――――――――――――――――――――――┘




       ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
       | “偉大な戦士”に喧嘩を売って、大族長位の簒奪を試みる者もおりますまい。 |
       |   助かります。 助かりますが――それによって、貴方は何を得るのです?   .|
       └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘




.
153 17/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:19:53.80 ID:9rTUR2RGo







    ┌―――――――――――┐
    |
    |     別に何も?
    |
    └―――――∨―――――┘



                                   ・・・・・
            Α_Α                ∧_∧
           (  ・∀)                (Д  il)
          _._と    つ,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ




.
154 17/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:20:50.97 ID:9rTUR2RGo




    ┌―――――――――――――――――――――――――――
    | いえ、別に冗談でも何かの誤魔化しでもありませんよ?
    |  私は妻と静かに暮らせれば満足な、安い男ですからね。
    |   平穏が守れれば、それだけで構いません。 如何です?
    └――――――∨――――――――――――――――――――
            ┌―――――――――――――――――――――――――――
            | ……なんというか。 貴方が父に武勇で一歩を譲りながら、
            |  ケホッ、皆に“偉大な戦士”と称された理由が理解できました。
            └――――――――――――∨――――――――――――――
      ┌―――――――――――――――――――――――――――――
      | ある意味で煩わしい二つ名ですがね……さて、ご返答は?
      |  言っておきますが、掛け値なしに部族の先行きがかかっています。
      └―――――∨―――――――――――――――――――――――



            Α_Α                ∧_∧
           (  -∀)                (−  il)
          _._と    つ,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ



.
155 18/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:21:16.95 ID:9rTUR2RGo












              ┌――――――――――――――――┐
              |   お受けしましょう。 ――ただし。   |
              └――――――――――――――――┘











.
156 18/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:21:56.52 ID:9rTUR2RGo





    ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 無理にでも、なんらかの“利”を受け取って頂きたい。           |
    |  たとえ貴方が本当に無私であっても、周囲は邪推するものです。  |
    └―――――――――――――――――――――――――――――┘




                  ┌――――――――――――――――――――――――┐
                  |  なるほど。 ――確かに、もっともです。 それで何を? |
                  └――――――――――――――――――――――――┘




           ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
           | 父も勧めたと聞きますが、我が妹を二人目の妻として娶っては?       .|
           |  ケホ、ケホッ、縁戚とあらば、周囲も貴方の助勢を納得するでしょう。   |
           └―――――――――――――――――――――――――――――――┘




.
157 21/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:22:54.47 ID:9rTUR2RGo








    ┌――――――――――――――――――――――
    | それはお断りします。 妻を愛しておりますので。
    └―――――∨――――――――――――――――


               ( 掛け値なしに部族の先行きがかかる問題でも妻優先――ッ!? )
                                      O
                                     o
                                    。
            Α_Α                    ∧_∧
           ( ・∀-)                (Д  il)
          _._と    つ,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ




.
158 22/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:23:26.09 ID:9rTUR2RGo



    ┌――――――――――――――――――┐
    |   え、ええと、それでは何を対価に――   |
    └――――――――――――――――――┘

      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      | そうですね。 私の息子と貴方の妹が婚約――というあたりで手を打ちませんか? |
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
                                   今スコシ人質ニナッテマスガ、交渉シテ返還サセマス


:::::::::::::::::::::::[ つまり こーなる ]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                               妻Love!
      ∧_∧        ∧__∧   ∧∧    Α_Α         ΑΑ マッタク…
      ( ∀  ) ――┬― ( ∀  )  (− )     ( ・∀- )―┬――(−゚*)
      大族長      |   その妻たち         ウララード |  エーゼリン
                  |                          |
                  |                          |
      ┌───―─┼─―───┐              |
                      _,,_              
   ∧_∧     ∧_,,,      (__) エ!?         ∧__∧ ナニィ!?
  (il Д )    ( ∀ )   Σ (;゚−゚)   ――――  (・∀・;)
   長男      二男       二女            養子
                      メルデリーナ       モランバーグ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     ( モウ東ノ連中トノ窓口ヲ作リニ動イテイルノカ。流石ダナ )
       ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
       | ああ、それはいい。 これで貴方も親戚となりますし――      |
       |  将来の話ですから、都合によって取り消す手もありますしね。  |
       └――――――――――――――――――――――――――――┘


.
159 23/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:23:58.89 ID:9rTUR2RGo




     ┌―――――――――――――――――――――――――――――
     | では、そのように。 ……ウララード殿、よろしくお願いいたします。
     └―――――――――――――――――∨―――――――――――
         ┌――――――――――――――――――――――――――――――
         | 他人行儀ですね。 婚約相成った以上は、我々は親戚です。
         |  どうぞウララードとお呼び捨て下さい、次期“大族長”モララスター様。
         └――∨―――――――――――――――――――――――――――



            Α_Α                    ∧_∧
           ( ・∀-)                (Д  il)
          _._と    つ,_,_                 ,_,_∞  ヽ,__,_,
         ミ ( つと ) ミ            ミ ( つと ) ミ
         ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ            ミ,..,_,..,..,_,._,_,_._,ミ
160 24/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:25:20.87 ID:9rTUR2RGo




    ┌―――――――――――――――――――――――――┐
    |  ははは。 ――では、ウララード。 まずは祝いに一献。 |
    |  ケホッ、その後は、弟も含めて根回しを始めなければ。 .|
    └―――――――――――――――――――――――――┘



             ┌―――――――――――――――――――――┐
             |  この里の友人が良い薬酒を持っております。   .|
             |   使いを出して持ってきてもらいましょうか。  ..|
             └―――――――――――――――――――――┘



              ┌―――――――――――― モーラ .―――――――――――┐
              | ……この選択により、――武の民の未来に幸あらんことを。 .|
              └――――――――――――――――――――――――――┘


                                     ┌―――――――――――┐
                                     |. ええ、幸あらんことを。 .|
                                     └―――――――――――┘



                          ・

                          ・

                          ・


.
161 25/25 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:26:24.36 ID:9rTUR2RGo






              クシュン!!
                 ┌――――――――――――
                 | うー、なんか寒気が……
                 └――――――――――∨―



          ダイジョーブ?
             ∧∧                     ∧__∧
            (;・д}{                (д-; )
             ( っ(;:;:)o               }三三{
             し`J                    しし'| ̄ ̄|



          【知らぬ間に】 がんばれモランバーグ! 【婚約者】



                                                ――つづく



.
162 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/02(水) 22:27:21.68 ID:9rTUR2RGo




 new!!
回━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━回
┠No. 26┘                   ・名前 ―{ モララスター }
┃      ∧_∧               ・年齢 ―{ 26歳 }
┃      (il д )               ・性別 ―{ 男 }
┃      (  ∽  ),.,           ・技能 ―{ 政治センス。謀略センス。知性。 }
┃   ミ''( つと ) ミ             ・所属 ―{ モララー族 }
┃   ミ,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.,.ミ          ・備考 ―{ モララー族大族長を継承予定。病弱。 }
回━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━回


以上です。
場面の構成はだいたい決まりましたから、次の話は早めにご用意できると思います。