木よりも硬く、鉄よりも錆びにくい物。

226 01/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:07:43.78 ID:gM8XD6CTo


         最近、タタラが作り出した弩。

          .「ヘ
          x l..'
      ∧_∧ Lッ            n__n
      (,, ^Д)ノ.        ;;)   (ー゚ ,,)
       l  U/   .   .,;;从,.::: (( ハ ;;;;ゝ/)
     〜L__つ       .( (:::);:)   .LL_つ
  ´''"''""`'"''""`'"'"`"'" ノV/7Vヘ "^´''"''"'"'^´''"''""
227 02/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:08:40.27 ID:gM8XD6CTo

  その弩のお陰で、力のないものでも狩りをする事が

       ∧/ニゝ  カシュッ!!
       ミ,, ゚дx---==,Σ ───=─=─=‐ ≫─l>
       ミlll つ」0-' ̄      ... _
        L_コ==ミ     --‐──O' ::
        し´、」 γ  <\  / `,            ミ:;、, ,
  ∧,,∧ヽ "''´゙"''´゙"'゙''"  ≡[ミ .つ ̄   "''´゙"''´゙"'゙''""'´゙"(::ミ彡-≪
 ミ  ,,゚彡|            ミ    ミ              ヽ;;->
.(}二{]≡ミう           し'"J
 ミ// .ミ l|    "''´゙"''´゙"'゙''""''´゙"''´゙"'゙''"  、|/ ww,, w
  し'"J.|/                   "''´゙"''´゙"'゙''""''
"''´゙"''´゙"'゙''""''

           できる様になったのだが・・・
228 03/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:09:47.79 ID:gM8XD6CTo

                            /ゝ` -、
                           // `- 、 - 、
       _、                 . //    ヘ   、
    ,---| 1=,ヘヽ─────────‐.//─── `、  ヘ
    ) ̄0  ̄ 0 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .//三三三三}/   l}))
    」                  . //      ,ノ  _ノ
    /.  /i|~i」 ̄`、_____,----─//_, - ' ´ ̄ _ '
  .「___/_i '、、>             L、_  -  '  ̄

     タタラが作った弩は全て木で作られている為、
      弩自体の強度の事が少々心配だった。
229 04/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:10:44.24 ID:gM8XD6CTo

      仕掛けの要である弩機が、
   万が一壊れてしまえば矢は発射されない。

             /へ
             {  i  j^ヽ
             l  L_1 ヘ
           | ̄^○ ̄ ̄○^ ̄ ̄|
           |            |
           |____________,,__,,|
              ヘ '、
              ヘ ヘ_
               ヽ___」

   弩機だけでも、木よりも硬い物を使わないと
          何れ壊れるだろう。
230 05/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:11:47.51 ID:gM8XD6CTo

 しかし、あの鉄は、作るにも加工するにも一苦労する。
             ・・・いや、苦労せずに作れる物など在りはしないが、


                              (;   ザラザラ…
       ∧_∧                  );: (;:     ∧∧ アチー
      (;´Д`)                   ,,,;;人,,;;从,○===と(Д゚;)
      /  つ\0  シュコー…       i`;:^;:^;:^;:'^;;'^;:i    ヽ[:::::|
       /  ,  < >`--、             |;: ;: ;: :; :;: ;: ;: :|   ノ;;i;;;;;;ゝ
     (_/ヽ_)|;:;:;:;:;:;:;:;:;`===二二二二二);:;:;:;: ;:; :;;;::;: ;:ヽ    し ヽ)
 "`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'`' ̄`ヽ"::'::'"::"::`::'::"::'::"::'::"::"::'':: ̄ ̄"`ー-、
                     ;ヽ;;:;:ヾ;:;:;:;:ゞ;:;:ヾ;:;:ゞ;:;:;:;:;:;:;:ゞ;:;:ヾ;:;:;ゞ:;/;`ー''―''
                        ;\;:=;:==;:;==;:;=;;:=;:==;:;==;:;=;;:=;:/;
                      `"''"'^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"'"

 鉄という物は貴重な物。 漆黒の漆を作るのにも使う。
                           それ以外で硬い物は・・・
231 06/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:12:41.96 ID:gM8XD6CTo
        ┌ヌイ─ カラクリ ───────────‐
        |弩の仕掛けの事でも考えているのか?
        └────────────v────
     ┌────────────‐
     |え、ええ、まぁ・・・そうですよ。
     └──────v──────
                          n__n
              .∧_∧        (ー゚ ,,)
          :,    (,, ^Д)        iハ;;;;;;ゝ
          ;;)   ( ∞ )        | (ノ⌒>
         ,;从  〜Lつと)        L/ヽ) ))
"^´''"''"´''"''" (::(::.);:) "^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
 Lニニニフ   ./ル7Vヘ       、Yii,,    w wwW
        "''""`'"'"` Lニ」
232 07/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:13:45.55 ID:gM8XD6CTo
 ┌────────────────────────‐
 |あれも木で作りましたから、少々心配なんですよ、強度が
 └─────────v───────────────
        ┌─────────────────‐
        |そうか。で、どの位の硬さならいいんだ?
        └──────────v───────
               ソウデスネェ…  n__n
              .∧_∧     (ー゚ ,,)
          :,    (,, ^Д)     ∞;;;;;;ゝ /
          ;;)   ( ∞ )     |   -'
         ,;从  〜Lつと)     し`J
"^´''"''"´''"''" (::(::.);:) "^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
 Lニニニフ   ./ル7Vヘ       、Yii,,    w wwW
        "''""`'"'"` Lニ」
233 08/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:14:46.36 ID:gM8XD6CTo
┌.∧_∧──‐ ギルティ ─────────────────┐
|(,, ^Д) あの武の民からの戦利品だという剣、 位でしょうか。..|
└────────────────────────ー ┘
                 ┌──────‐ギリンダ─── .n__n..┐
       // ∧∧.. ..|あー、あれか。 あいつ・・・..   (0 -,,)|
    / //(゚Д-,,)  └───────────────┘
 + <二二二]と[:::[::::)
    +       ノ;;;;i;;;;ゝ                ∧,,∧
          し `J   +             ミ ゚Д゚彡
              ==[二二二> +      ミ:::ヽソ:ミ
                   +.      〈二二ミ:::::|::::ミ==
                             し' `J
 ┌───‐ ガルフ───────────────┐
 |じゃなく、狩狼が今持ってるあの剣か、    n__n |
 |あれの作り方までは、知るわけ無いよな?..(ー゚ ,,)..|
 └────┌.∧_∧────────────────┐
           |(,, ^Д) ええ、知りませんよ、そんな技術まで..|
           └──────────────────-┘
234 09/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:15:46.98 ID:gM8XD6CTo
   ┌──────‐ ギリンダ ────────────‐
   |んー・・・しかし、あいつなら知ってそうじゃないか?
   |あの時も、「炎によって溶かした〜」って言ってたしな。
   └─────────────v─────────
 ┌ギリンダ ─────.┐
 |あの人・・・ですか?└──────────‐
 └────┐そうですねぇ、知ってそうですが・・・
        .└────v──────────
                      ン、ドウシタ?
                        n__n
              .∧_∧    d(ー゚ ,,)
          :,    (,, ^Д)     ヘハ;;;;;;;ゝ
          ;;)   ( ∞ )     | (ノ⌒>
         ,;从  〜Lつと)     し`J
"^´''"''"´''"''" (::(::.);:) "^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
 Lニニニフ   ./ル7Vヘ       、Yii,,    w wwW
        "''""`'"'"` Lニ」
235 10/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:16:46.88 ID:gM8XD6CTo
         ┌───────────────────‐
         |そんなに物理的な借りを作るのが嫌なのか?
         └──────────v─────────
┌.∧_∧───────────────┐
|(,, ^Д)いえ、そういう訳ではありませんが、.└───────‐┐
└─────────┐・・・本当に彼は知っているでしょうか?|
               .  └────────────────┘
                 .,<   ̄`、      ィ<   ̄` 、
                /      へ   /        ヽ
                l      __,>-─<        .  l
                l    , ´                l
                ヽ                 、    /
                 .V ─-     -──      ./
                 l7テニ下、     ,r干ニニヘ、   V
                 {l }_j::::i     }_ノ::::::i l}     l
                  .八弋;;;:」    .l::;;;;;;:ノ ノ   .{
                 l "  ̄´  ,   ` ̄ ""   ,l
                 '、                ノ_____
                  ヽ、   r__、  .    ィ<ニニニニニフ/
                    ` ''ーァ - = ''"   7/`─-、__.ノ
                   /;;::;;::;;:'、     /ノ;;::;;::;;::;;::;;\
                  /;;::;;::;;l{=====}l;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;:`ヽ
                 /;;::;j;;:::;;::;;::;;::人;;::;;::;;::;;::;;::;;:イ;;::;;::;;::;;::;;::;;:ヘ
                ./;;::;/;;::;;::;;::;;::/∧ヽ;;::;;::;;::;;::;;::l;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;:ヽ
              ./;;::;;:l;;::;;::;;::;;:://::::ヽヘ;;::;;::;;::;;::;;、;;::;;::;;::;;::;;::;;::;;::;ヘ
┌────────────/l ┐/:::::::::ヘ、;;::;;::;;::;;:ハ、;;::;;::;;::;;::;;::_ノ
|まっ、なにも収穫が無かったら、 .└────────────
└──────┐その時は一緒に考えてやるから 行って来い
 ┌.∧_∧ . ──┴────┬──────────────‐
 |(,, ^д) そうですねぇ・・・...|
 └────────── ┘
236 11/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:17:36.96 ID:gM8XD6CTo
   ┌─────────────
   |・・・では、ここをお願いします。
   └───────v─────‐

            . ∧_∧   .   n__n
             (,, ^Д)     (ー゚ ,,)
          :,    /  . | ス .  ∞;;;;;;;ゝ
          ;;) .li〜、) . l  ク    .l  ⌒>
         ,;从   し´J li ッ .  し`J
"^´''"''"´''"''" (::(::.);:) "^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
 Lニニニフ   ./ル7Vヘ       、Yii,,    w wwW
        "''""`'"'"` Lニ」
                 ┌───ヘ─────‐
                 |ああ、ここは任せろ。
                 └─────────
237 12/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:18:28.16 ID:gM8XD6CTo












238 13/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:19:33.46 ID:gM8XD6CTo
  ┌──────────────‐
  |すみませんが、今いいでしょうか?
  └──v────────────
               ┌───────‐
               |・・ん? なんだ?
               └────v───
                     、i   ⊃
      ∧_∧           - ∧∧
     .(,, ^Д)             (゚Д゚,,)
      /  |            .〈::::[::|
    〜ヽ) . l             ノ;;;;;;l;;ゝ
    (( .(/ 、」             し`J
"^´''"''"'"'^´''"''""`'"''"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
 ┌───ヘ──────────────‐
 |貴方に、少しお聞きしたい事が ありまして
 └──────────────────
239 14/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:20:36.36 ID:gM8XD6CTo
 ┌── ギルティ - モラル ナギ ───────┐
 |あの武の民。モララー族の戦利品の中に、..└────
 └─────v───────┐剣がありましたよね?
              .        └─────────‐
              ┌─────────‐
              |ああ、あの剣の事か。
              └──────v───
        ∧_∧
         (,,^Д^)
         /   つ
       〜、j  l            ∧∧
     .     し`J          (゚,,  )
    ´''"''"'"'^´''"''`'"''"'"       .|:::::::::〉
                       ノ;;;;;;;;;;ゝ
                      し`J
                 '"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^
 ┌─────ヘ──────────────‐
 |「炎で溶かした〜」っと、あの時言っていたので、
 |もしかしたら、製造方法を・・・と思いまして。
 └────────────────────
240 15/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:21:40.11 ID:gM8XD6CTo

   ,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ーー、
   ( まっ、この位の事は教えてもいいよな?.)
   `ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜0〜ー〜ー〜〜'
                  ゚。
                  ∧∧
                 (,,-Д゚)
                  ∞::::::〉
    ∧_∧          ノ;;l;;;;;;;ゝ
   . (   ,,^)          し`J
     ( .  l     '"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^
241 16/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:22:36.25 ID:gM8XD6CTo
 ┌───────────────────────────
 |いいか、あの剣の製造方法はな。まず、緑色した石と黒色の石。
 |この二つの石を炉で溶かす。 溶かすときには土器で作った器が
 |必要になるな。 その器に上手い具合に石の量を調整し、溶かす。
 |その石が溶けるまでの間にでも、剣の型を作るといいだろうな。
 └─────────────v─────────────‐

                    ∧∧
                 .   (,゚Д゚,)
                   .〈:::∞:::〉
                    ノ;;;;;l;;;;ゝ
                    し `J
               '"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^
 ┌─────────────ヘ─────────────‐
 |それ自体の作り方は、木を削り剣の形が出来上がった所で、
 |粘土の中に埋める。埋めたらそれ事燃やし、木が焼かれて
 |できた空洞に、二つの石を溶かした物を流し込む。
 |あとは、流し込んだものが固まれば、粘土を叩き割って終わりだ。
 └───────────────────────────
242 17/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:23:24.09 ID:gM8XD6CTo
      ┌─────────────────‐
      |それと、二つの石を溶かしたものは、
      |触れると危険だから、決して触れるなよ?
      └──────────v───────
                     ∧∧
                    (゚Д-,,)
     エエ、解リマシタ        |∞:::::〉
       ∧_∧          ノ;;l;;;;;;;ゝ
      . (   ,,^)          し`J
        ( .  l      '"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^
       〜 .  l
  .       し`J
    ´''"''"'"'^´''"''`'"''"'"
     ┌───────────ヘ───‐
     |まぁ、後は・・・そっちで頑張ってくれ
     └───────────────
243 18/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:24:20.54 ID:gM8XD6CTo
┌──────────────────‐┐
|色々と教えて頂いて、ありがとうございます。.|
└────v┬─────────────┴─┐
        |剣以外に、聞きたいことはあるか? .|
        └─────────v─────‐┘

      ∧_∧             ∧∧
     .(,, ^Д)             (Д゚ ,,)
      /  |            . l[:::::::〉
    〜ヽ) . l             ノl;;;;;;;;;ゝ
      .し`J             し`J
"^´''"''"'"'^´''"''""`'"''"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"
┌───ヘ──────────────‐
|・・・・いえ、あれ以外は特にありませんよ。
└──────────────────
244 19/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:25:14.63 ID:gM8XD6CTo



 ┌────────────────────┐
 |そうか、まぁ何か困った事があれば、言ってくれ。|
 └────────────────────┘



  ┌─────────────────┐
  |ええ、「困った時」に貴方を頼りに来ます。 |
  └─────────────────┘




245 20/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:26:21.77 ID:gM8XD6CTo


                       (      ∧_∧
                 n__n /_   ;;     (Д^ ,,)
               _(,, ゚ー)   ,;从    . |.  ヽ
             `ー7;;;;Jつ━( (::::);:)     l  (ノ〜
               t__ノ_ノ   ,V/7Vベ     (_ノ 、」 ))
    ∧/ニゝ´''"''"´∩∩ ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
   ミ,, ゚д彡    (゚Д゚,,)       Lニニニニ」
    ミ う7 }}    と /70   ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
 〜ミ0「ニニニニ」 .Lニニニl」)〜
 ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´'
246 21/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:27:20.92 ID:gM8XD6CTo
         ┌──────────‐
         |で、「答え」は聞けたか?
         └────v──────
            ┌────────────────
            |ええ、聞けましたよ。アレの製造方法。
            └───────────v────‐
           ソレデ必要ナ物ハ?
               n__n            ∧_∧
               (,, - 0)   .  ,;)    (Д^ ,,)
               く;;;;;;;ハ    ,;从     l   ヽ
             .<⌒'、) .lil   ( (::::);:)   .l   (ノ〜
          .     li し`J li ||.,V/7Vベ    し`J
    ∧/ニゝ´''"''"´∩∩ ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
   ミ,,゚д゚彡    (Д-,,)       Lニニニニ」
    ミ う7 }}    d /70   ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
 〜ミ0「ニニニニ」 .Lニニニl」)〜
 ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´'
247 22/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:28:04.88 ID:gM8XD6CTo
   r-メルドルキアス−テウシールミアス────────
   |緑色した石と、黒色の石。あとは・・・
   |その二つの石を溶かす為の場所・・・ですね。
   └───────────v───────

   r-メルドキアス−───.ツェペルニアフログ ────‐アス‐─‐
   |緑色した石ねぇ・・・。漆塗りの蛙に使ったあの石か?
   └────v──────────────────
                ソウデスネ
                .:  ∧_∧
               ::   (^Д^,,)
                ,;).,イ   ヽ
         n__n   ,,;;从ヽj   (ノ〜
         (   ,,゚) (::(:: ,):).!_jl__}
         くー';;;;ゝ V/7Vベ''"´'' ww,,w
         '⌒;:: 、) "''"´''"' /フl
          し`J     /// ww
        ´''"''"´''"''    l_T/
            ww,, ww
  r─────────/l─テウシールミアス───────‐
  |もしそうだとしたら、あとは黒色の石と場所だけですね。
  |溶かす場所は・・・土器に詳しい方等に聞いてみます。
  └──────────────────────ー
  r─────ヘ──テウシールミアス ‐──
  |そうか、じゃ残りは黒色の石だけか。
  └───────────────
249 23/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:28:50.80 ID:gM8XD6CTo
  r────────────
  |まっ、頑張って探してみるさ
  └───‐v────────
       n__n   :.  .r────────
       _(,,゚ー゚)   :: ..|いつもすみません。
      .'く;;;;ハ;;ゝ (::.  └─‐v──────
      <^'、)  i〉 .从;;,   ∧_∧
      . し`J (:(; ::)::)  (^,,   )
   ww,,w '"''"´''" /V7/ベ、 /    ',
      「'.、ヽ  '"''"´''""´''ヽj  〜
      .\\ '、        し`J
     ww, .\j_,l  ww,,w ''"´''"'"''"
  r────ヘ─────────────‐
  |いや、何、気にするな。君の助けになれば
  |この位の事大丈夫だからな。
  └──────────────────
250 24/56 [sage] 2011/02/05(土) 19:29:45.61 ID:gM8XD6CTo
  r─────────
  |それじゃ、行ってくる         r────────
  └──v──────        .|ええ、気をつけて
               .           └───v────‐
    .  n__n              ::.      ∧_∧
    .「(0 - ,,)                ,;)    (Д^ ,,)
     '、ハ;;;;;ゝ         .    ,;从     l   ヽ
      j (ノ⌒>  .      .    ( (::::);:)   .l   (ノ〜
     .L/ 、) ))      .      ,V/7Vベ    し`J
    ∧/ニゝ´''"''"´∩∩ ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
   ミ゚д゚,,彡    (゚,,   )       Lニニニニ」
    ミ う7 }}    「と .ヘ  ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
 〜ミ0「ニニニニ」 .Lニニニl」)〜
 ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´'
        r───ヘ─────
        |お気をつけて、妹様
        └────────‐
251 25/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:30:42.38 ID:gM8XD6CTo

  r〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
  ( さて、ショボンさんに聞いてみますか。 それとも・・・? )
  ( まっ、それ専用の場所を作った方がよろしいですね。 )
  `ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー0ー〜ー〜ー〜'
                             ゚ 。
                       ::.      ∧_∧
                         ,;)    (Д^ ,,)
                       ,;从    ∞  l
                        ( (::::);:) .   l   〜
                        ,V/7Vベ    し`J
    ∧/ニゝ´''"''"´∩∩ ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
   ミд゚ ,,彡    (Д゚ ,,)       Lニニニニ」
    ミ う7 }}    「と .ヘ  ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"
 〜ミ0「ニニニニ」 .Lニニニl」)〜
 ´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´''"''"´'
252 26/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:31:27.64 ID:gM8XD6CTo



           翌日。





253 27/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:32:06.25 ID:gM8XD6CTo




                         ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ -||8



       | ̄l                 ∧_∧   n__n    ∩∩
       |  |              .  (^Д^,,)   (゚д゚x)   (゚Д゚,,)
       |  |                ./  .ヽ   (∞  )   .(l  U
      l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l           i_l  (ノ    l   l^>  .|   〜
     | ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l          し`J .    し`J     し`J
    | ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄|     "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
   | ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l|
  ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´

254 28/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:32:54.02 ID:gM8XD6CTo
     r───────────
     |こんな感じでいいのか?
     └───v───────‐
       r─────────────
       |・・・私に聞かれても困ります。
       └───────v─────‐    . l ̄|
      r───────     .    デデー─ |  | ─‐ ン
      |まっ、そうだな。           .      |  |
      └───v───‐           l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l
   ∩∩    n__n    ∧∧      l ̄;;「二二;;「 ̄;;l ̄;;l
   (   ,,゚)   .(   x゚)   (   ,,^)    | ̄;;lL;;;;;;;;;;;;」 ̄;;l ̄;;l ̄|
   (l   U   (   )    ,'  ヽ   |l ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄|
   〜  |"`'' <⌒' .l"`''^〜  U ''´゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´
    し`J     し`J   .  し`J
  "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
255 29/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:33:49.37 ID:gM8XD6CTo
                   r─────────────‐
                   |で、後は何をすればいいんだ?
                   └─────────v────
  r─────────────‐ カラクリ ‐───────
  |後は・・・、とりあえず私と一緒に仕掛けを作ってください
  └────────────────v───────‐
                            |おう、分った。
                            └──v───
       | ̄l                ∧_∧    n__n    ∩∩
       |  |              .  (,, ^Д)   (д゚x )   (Д゚ ,,)
       |  |                ./  .ヽ   (∞  )   .(l   0
      l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l           i_l  (ノ    l   l^>  .|   〜
     | ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l          し`J .    し`J     し`J
    | ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄|     "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
   | ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l|  .   r───────────ヘ──‐
  ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙ |では、私はあれを見ていますね。
                         └──────────────
                  r─────/l───‐
                  |ええ、お願いします。
                  └─────────
256 30/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:34:29.24 ID:gM8XD6CTo
        只今作業中・・・・・
                 .                        l ̄|
                                       |  |
              ザッ                        |  |
          ジョリ               ∩∩      l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l
     ジョリ           ザッ      (   ,,゚)   l ̄;;「二二;;「 ̄;;l ̄;;l
      ∧_∧  ザッ  n__n   ジョリ   /  、」.  | ̄;;lL;;;;;;;;;;;;」 ̄;;l ̄;;l ̄|
  ジョリ  (,,^Д^)     (゚д゚x)       〜   ) |l ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l
    .  / う」 u     0と .ヽ     `''^`"''´゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^
    〜( つlニニ0 ∀ 「ニニと )、_,
    "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
257 31/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:35:29.25 ID:gM8XD6CTo
            r─────────
            |こんな感じでいいか?
  r─────└──v──────‐
  |ええ、そんな感じです。 |
  └──v───────┘──────‐
  |一通り覚えたら、俺一人でもできるか?              l ̄|
  └────────v────────          .    |  |
                                       |  |
                          .∩∩      l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l
                         (   ,,゚)   l ̄;;「二二;;「 ̄;;l ̄;;l
    ∧_∧      n__n          /  、」.  | ̄;;lL;;;;;;;;;;;;」 ̄;;l ̄;;l ̄|
    (,, ^Д)     (д゚ x)         〜   ) |l ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l
  .  / う」 u    i'」と .ヽ      `''^`"''´゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^
  〜( つlニニ0 ∀ 0/ニと )、_,
 "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
  r──ヘ──────‐ ヒェルアン ───────
  |できると思いますよ?記憶力の良い貴方なら。
  └───────────────────‐
258 32/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:36:20.25 ID:gM8XD6CTo
  r────‐メルドルキアス ────────‐
  |ところで、緑色した石ではアレでしょうから、
  |何か、名前をつけてみますか?..┌───
  └───────v──────┴───────
          |ああ、そうだな。 同じような色の石が
          |他にあるかも知れないしな。 ┌───
          └────────v───‐┘
     ジョリジョリザッ     ザッザッ    ジョリ サッ
            ∧_∧      n__n
       サュッ   (,,^Д^)     (゚д゚x)  ジョリ
          .  / う」 u     0と .ヽ
       <」  〜( つlニニ0 ∀ 「ニニと )、_, l'」
      ゙''"´ "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
     r──────ヘ─────
    |それで、どうします? 名前。
    └────────‐───
259 33/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:37:26.73 ID:gM8XD6CTo

┌───────────‐メリア───.ル.―──― メリアルキアス .┐   .、i/
|∧_∧   たとえば、ですが。 草のような色ですから、草色した石 | _- 、.l ,-、
|(,, ^Д)h という様な感じに、と、これでは見た目のままですね。 | w`、.l//`ww
└─────────────────────────.─┘ "''"´^"''´''"


    ネタマシィ  ┌─────ジェク──────────‐.クジェクス..───────ーn__n-┐
  ヽ ∩∩ ノ.   |誰かの事を嫉妬した時の顔と似てるから、孔雀石ってのはどうだ?..(Д- x)|
 〜 (:::゚д゚) 〜.└───────────────────────────────┘


  ┌∧_∧─.クジェクス..───────────┐
  |(,, ^Д) 孔雀石ですか、それはいいですね。 |
  └───────┬─────────ー┴───────────ー-...n__n-┐
          .     |名前も決まったことだし、後で他の奴にも言っておくか。 (Д゚ x).|
          .     └──────────────────────────┘
260 34/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:38:16.99 ID:gM8XD6CTo
━━━[ パチュリーさんによる補足説明 ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  何故、緑色を見て、「嫉妬した時の顔と似てる」という言葉が出た理由は、
  緑色は、西欧では嫉妬の象徴とされ、嫉妬によって血の気が引いた状態を表すから、
  緑色には嫉妬の他に、未熟、未経験等の意味があるわ。
                 また、嫉妬は、グリーンアイズ。嫉妬深いはグリーンアイドね。
           ___ _
   /ヽ/\ ,. ''"´     `ヽ.`ヽー、.「`.r-t、   何故、緑の眼=嫉妬なのか、
  .ト、 '、., '´.    r─vート-ー' 丿  `! |/ L_  それはシェイクスピアの戯曲の中に
  ./ \ア´「`ーァこ>‐-'ー`'ー<_コァ<_/ , ´ .| 「緑色の目をした嫉妬」や、
 く._,/.`ヽ>'"´: : : : : : : : : : :`<_/ \∠,,__」 .「緑色の目をした怪物」というセリフがあり、
   「 `rァ'´: / : : : :!: : : : : ;l: : :、: : i\  ハ、l    緑の目=嫉妬 という使い方が
  く_イ´ ,': :.!/-─-i_八_/ト-─-レ: : Yヽ、」            そこから広まったらしいわね。
   !: : :| : :l r=rt=、    ィテt=ry!.: :| : :l
   `ヽ」: :」 { 弋以    弋似ハ!_ハ: :! あと、少し関係ない話だけど、目が緑色になる
      /i_l:7,,`         "´,,ノ: :l.!: : l 病気があるわ。目の中にある角膜と水晶体に
     八、ゝ、     r--、   ノ: : !: : i: | 栄養を満たす房水が何かの原因で濁ったときに
    .'、 rー'三三ニヽ∠ニ三三__ヽ:/: : l 瞳が青っぽく緑色に見える、緑内障という目の
    { /´ ̄.::.::.::.::!' ̄`i.::.::.::.::.::.::.`y': /:,l 病気がある。この病気が進行していくと、
   .[.ゝ!::.::.::.::.::.::.::.!::.::.::.!.::.::.::.::.::.::.::.l__.:: l 視野が狭くなり、失明にまでいたる。
   くソ',:.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.l::.::.::.::.::r-'ヾヽ;,:j
      ',::.::.::.::.:__|:.::.::.|___.{  ノ」ノ  まっ、人が誰かを嫉妬した時、その周囲の状況が
      ',.::/´ l} ̄ ̄{l   `ヾ¨iソ´  見えなくなるのと、緑内障の病気に似ていたから、
      .V    l}.l ll ll l.{l  ヽ .  ̄ノ  緑色を見て・・・嫉妬と
     <「/´ヽ」}||.|| ||.|| ,ゝ <`「/> . {                 ・・って、何の話だっけ?
     <ノ、_「ー、-<__l-、_,7、_,<ノ、l,_ノ
     'こ>‐'ー{_\」-l,\_/、_こ>ー'~    まぁ、兎に角 嫉妬は緑色しているらしいわ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
261 35/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:39:06.84 ID:gM8XD6CTo
   ┌────────────────‐
   |シャモンさんも、誰かに嫉妬した事が?
   └──────v──────────
    ┌────────────────────────‐
    |ん?・・・まぁ、な。 誰でも"凄い奴"には嫉妬するだろうな。
    └────────────v────────────

            ∧_∧      n__n
             (,, ^Д)     (д-x)
          .  / う」 u     0と .ヽ
       <」  〜( つlニニ0 ∀ 「ニニと )、_, l'」
      ゙''"´ "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
     ┌─────ヘ───‐
     |・・・凄い奴、ですか。
     └─────────
               ┌────ヘ───────‐
               |まっ、言わずも判るだろうが
               └────────────
262 36/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:40:09.03 ID:gM8XD6CTo
    ┌─────────────────────
    |アンタやショウが言っている、 "ギリンダ" の事だ。
    └────────────v────────‐
 ┌──────────────
 |おや、知っていらっしゃましたか。
 └────────v─────‐

            ∧_∧      n__n
             (,, ^Д)     (д゚ x)
          .  / う」 u     0と .ヽ
       <」  〜( つlニニ0 ∀ 「ニニと )、_, l'」
      ゙''"´ "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
         ┌────────ヘ─────‐
         |そりゃな。それに大体予想はつく
         └──────────────
264 37/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:41:14.60 ID:gM8XD6CTo
        ┌─────────────────────‐
        |まっ、アイツの呼び方は人其々だしな、
        |所で、何故"ギリンダ"なんだ?理由はあるのか?
        └─────────v────────────
  ┌ギリルナギ─ リツカ ルダ─────────────‐
  |.ギコ族の見慣れぬ者で、ギリンダって所でしょうか。
  |まぁ、特にこれといった理由はありませんよ。
  └───────v──────────────
           エエ、ソウデスヨ
            ∧_∧      n__n
             (,,^Д^)      (x゚д゚)
           「ノと  u      0   つl」
       <」  〜( つlニ 0 ∀  「ニと )、_, l'」==
      ゙''"´ "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
              ┌─────ヘ───‐
              |そんなものなのか?
              └─────────
265 38/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:42:09.30 ID:gM8XD6CTo
 ┌───────── アス ──────
 |とりあえず、それらしき石を探してきたぞ
 |まっ、これで合っているのか判らんがな。
 └────y────────────‐
    n__n        ┌───────────‐
    (,,゚ー゚)')       |お疲れ様です、ショウさん。
   l'く;;;;;ハ;ゝ  .     └───v────────
   Lヽ). l               ┌─────‐
  (( .(_,ヽ」              .|お疲れさん
"´"''´゙''"`''^`゙''"`''^`"''´゙'       └────v─
                      ⊃       ⊃
                   ∧_∧      n__n
                   (Д^ ,,)     ('(д゚ x)
                  / う  u     ヽ と ヽ
             <」「ノ〜( つlニ 0 ∀  「ニと )、_, l'」」==
             ゙''"´ "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙''"`''^`"''´
266 39/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:43:01.82 ID:gM8XD6CTo
 ┌───── アス ───────
 |それで、この石はどうするんだ?
 └──v───────────‐
       ┌────────────‐
       |先程作った炉で、溶かします。
       └────────v────
           ┌─────────────
           |ナガト、それに火を入れてくれ
           └──────────v──‐
                                   .∩∩      l ̄
                                 .( ,,゚Д)    l ̄;;「二
     n__n            ∧_∧     n__n    /  、」.  | ̄;;lL;;;;;;;;
    .(   ,,゚)          (^Д^,,)    (   x゚)')  〜   ) |l ̄;;l ̄ ̄;;l
    .iニニi;;;;ゝ          0-7と',    /   ノ  `''^`"''´゙''"`''^`"''´ ゙'
    .L___,i ヘ)      <」「ノ {つと__)〜 _,   つ l'」」==
     し`J      ゙''"´ "''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´゙'''´゙'
"´"''´゙'^`゙'`''^`"''´゙'                     ┌──ヘ───‐
                              |はいっ、只今
                              └──────
267 40/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:43:59.10 ID:gM8XD6CTo
 ┌─────────────‐
 |・・・で、どうやって溶かすんだ?
 └────v─────────
         ┌──────────‐アス─────────
         |その土器の中に、二つの石を入れるそうですよ?
         └──────────v──────────‐
 ┌─────────────テウシー ‐
 |量はどの位だ? っとは言っても 黒 は
 |少量しか持ってこなかったが。
 └────v────────────
         n__n             ∧_∧
        (,, - 0)           .(Д^ ,,)
      .lニゝ;;;;∞    その土器   と  ヽ
      .L_」  l      ↓      l  (ノ〜
        し´J    ┌'、_ノ┐    し´J
     '^`"''´゙''"`''^`"'^`"''´゙''"`''^`"゙''"`''^`"''´
  ┌── メルド ── テウシー ─────ヘ───‐
  |では、緑多めの、黒少なめで行きましょうか。
  └───────────────────
268 41/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:44:47.18 ID:gM8XD6CTo

 1.木を削って作った弩機の部品を粘土に埋め、穴を開ける。


                        n__n
          ∧_∧          (゚ー゚,,)_
          (,,^Д^)         く;;;ハ;;;;ゝ'
          / う__0__ _____ _____ .〈,l____(/⌒>
       .   〜と _)| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄|J
  '^`"''´゙''"`''^`"'^`|        | |        |´゙''"`''^`"'^`"''´゙

269 42/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:45:36.21 ID:gM8XD6CTo

 2.次に、陰干したその粘土ごと中の木を燃やし、空洞を作る。


                 ゴォオッ

     .∧_∧       ...::::...  ..:::... ..ノ、::...      n__n
     (,, ^Д)    ;; ,,: .ヾ 人..ノ、 ソ).:::ノ )..::..     (ー゚ ,,)
     /r  {、    .:: :.. :)Vィ'、 ,乂 ..::  :ヘ..::: ;;..:.   iハ;;;;;;ゝ
   〜ヽ) .lj   .::: .:: ソ ::..从 V ::...  .. ::, ゞ,: :..   〈|  U⌒>
     し´J .. :: ::.::( | ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄| )::: ..: . し´J
   '^`"''´゙''"`''^`"'^`|        | |        |´゙''"`''^`"'^`"''´゙
270 43/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:46:10.89 ID:gM8XD6CTo

 3.孔雀石と錫石をるつぼの中にいれ溶かす。

                             ( ::)
                            ( ::)
                         ( ::)
                 .         l ̄|
                        |  |
                        |  |
           n__n        l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l
          (   x゚)   l ̄;;「二二;;「 ̄;;l ̄;;l ̄
          /   J   | ̄;;lL;;;;;;;;;;;;」 ̄;;l ̄;;l ̄|~
        _,-   ) |l ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄ ̄;;l ̄
      `''^`"''´゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^`"''´ ゙''"`''^''"`''^
271 44/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:47:14.18 ID:gM8XD6CTo

   4.二つの石が溶けたら、るつぼを持ち上げ、
     先程の空洞に流し込む。

                    ::. .::   n__n
                  ドロォ  .:: . (д゚ ;)
            ( ((      (○━━0と ヽ
           ___ )) ) ___ ._____ili______   `,  ⌒>
         .  | ̄ ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄ ̄ ̄|   (_/ヽ_〉
 ^`"''´゙''"`''^`"'^`|        | |        |´゙''"`''^`"'^`"''´゙

272 45/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:48:09.68 ID:gM8XD6CTo

    5.全てに流し込んだら、冷えるまで待つ。


              )     (.::        n__n
              ((      ) )..      (;-д) -3
           ____ )) )___ ____(( (____    ∞  )
         .  | ̄ ̄ ̄ ̄|_| ̄ ̄ ̄ ̄|   (つ と)、_
 ^`"''´゙''"`''^`"'^`|        | |        |´゙''"`''^`"'^`"''´゙

273 46/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:48:58.34 ID:gM8XD6CTo

 6.冷えたのを確認すると、石斧で粘土を叩き割る。

                     そぉい
                ガッ  n__n
                  / (゚д゚x)
           | ̄ ̄ ̄ ̄|<ニl三三=─
           |        |ヽ l  ヽ
           |____|  L/`、_〉
       ^`"''´゙''"`''^`"^`"''´゙''"`''^`"'^`

274 47/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:49:41.63 ID:gM8XD6CTo

   7.中から出てきた物を組み立てると


      ∧_∧          n__n
      (,, ^д)        (д゚ x)
       i う、] つ      「ノと  ヽ
     〜Lつ と) L7l_「ノ==l_l (ヽと_」、_
  ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''´゙''"`''^`"^`"''´゙''"`''^`
275 48/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:50:19.00 ID:gM8XD6CTo

     8.青銅製の弩機の完成。

           しおだれー

      ∧_∧ikコ   .   lkコn__n
      (,,^Д^)')       ('(゚д゚x)
       i 、」 /        ヽ  し',
     〜Lつと)        (ヽと_」、_
  ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''´゙''"`''^`"^`"''´゙''"`''^`

276 49/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:51:07.81 ID:gM8XD6CTo

  9.そして、その弩機を使い弩を作ると



     ∧_∧          n__n
     (,, ^Д)./Z    (( φ(д゚ x)
      l  つ// `   ==---tと  l
    〜L__つ ヘ    ` ̄'ーLと__」、_
  ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''´゙''"`''^`"^`"''´゙''"`''^`
277 50/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:52:03.11 ID:gM8XD6CTo

   10.青銅製の弩機が入った弩の完成



            .「ヘ       /l
            x l '     ' l.L
        ∧_∧ Lッ     ッ」n__n
        (,, ^Д)ノ      ((д-x)
         l  U/       ヽし  l
       〜L__つ        と___」ノ⌒
   ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''´゙''"`''^`"^`"''´゙''"`''^`
278 51/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:52:47.52 ID:gM8XD6CTo
━━━[ パチュリーさんによる補足説明 ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 銅鉱石の融点(固体から液体に変わる温度)は約1083℃以上の高温を発生させる炉と
 ふいご、それと、溶けた銅を精錬する技術などが開発されねばならなかった。
 銅製品は石器に比べ欠けにくいし、変質もせず、長期に使用できたうえに、
 もし破損した場合には、溶かして何度も作り直すことができた。

           ___ _          しかし、人類が見つけ出した最初の金属で
   /ヽ/\ ,. ''"´     `ヽ.`ヽー、.「`.r-t、  ある銅は、石器に比べて劣る点があった。
  .ト、 '、., '´.    r─vート-ー' 丿  `! |/ L_ それは、柔らかすぎることであった。
  ./ \ア´「`ーァこ>‐-'ー`'ー<_コァ<_/ , ´ .| 古代の鍛冶屋は、銅鉱石に他の鉱石を
 く._,/.`ヽ>'"´: : : : : : : : : : :`<_/ \∠,,__」 混ぜてみたり何度も試し、ついに、錫鉱石を
   「 `rァ'´: / : : : :!: : : : : ;l: : :、: : i\  ハ、l   混ぜると遥かに強度が高く、道具・武器に
  く_イ´ ,': :.!/-─-i_八_/ト-─-レ: : Yヽ、」  .適する金属になると気づいた・・・らしいわ。
   !: : :| : :l r=rt=、    ィテt=ry!.: :| : :l
   `ヽ」: :」 { 弋以    弋似ハ!_ハ: :! こうして人類が創り出した最初の人工的金属(合金)
    (∨i_l:7,,`         "´,,ノ: :l.!: : l である青銅が生み出された。銅と錫の混合比は、
   くと.)、ゝ、     r--、   ノ: : !: : i: | 現代では錫10%が最適とされ、青銅時代の製品は
    {l=rー'三三ニヽ∠ニ三三__ヽ:/: : l というと、3%〜33%と様々。経験的にしだいに
  .  ,∨´ ̄.::.::.::.::!' ̄`i.::.::.::.::.::.::.`y': /:,l 10%前後に近いものを多く作り出していったそうね。
   .[.ゝ!::.::.::.::.::.::.::.!::.::.::.!.::.::.::.::.::.::.::.l__.:: l
   くソ',:.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.l::.::.::.::.::r-'ヾヽ;,:j しかし、銅鉱石に比べ錫鉱石の産地が限定され
      ',::.::.::.::.:__|:.::.::.|___.{  ノ」ノ ていた為、青銅製品は高価で、ときの支配層の
      ',.::/´ l} ̄ ̄{l   `ヾ¨iソ´  祭器・武器・装飾品として使用されたにとどまり、
      .V    l}.l ll ll l.{l  ヽ .  ̄ノ  一般庶民はあいかわらず木製品や石器を農耕具や
     <「/´ヽ」}||.|| ||.|| ,ゝ <`「/> . {  道具として用いている場合が多かったそうよ。
     <ノ、_「ー、-<__l-、_,7、_,<ノ、l,_ノ
     'こ>‐'ー{_\」-l,\_/、_こ>ー'~  そのため、大衆的金属である鉄器が出現するまでは、
                     人間社会に歴史的な大変革をもたらすことはなかった。
                                     と、この本には書いてある。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
279 52/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:53:33.34 ID:gM8XD6CTo
━━━[ パチュリーさんによる補足説明 ]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  銅の融点は約1083℃。これは先程言ったけど、古代の炉だと、このままでは溶かせない。
           ___ _          しかし、そこに錫を加えることにより、銅の融点が
   /ヽ/\ ,. ''"´     `ヽ.`ヽー、.「`.r-t、 約875℃にまで下がり、溶かしやすくなる。
  .ト、 '、., '´.    r─vート-ー' 丿  `! |/ L_             
  ./ \ア´「`ーァこ>‐-'ー`'ー<_コァ<_/ , ´ .| また鋳造性(溶けた金属を型に流し込む加工法)
 く._,/.`ヽ>'"´: : : : : : : : : : :`<_/ \∠,,__」 はよくなり、同時に硬さが上昇する。
   「 `rァ'´: / : : : :!: : : : : ;l: : :、: : i\  ハ、l
  く_イ´ ,': :.!/-─-i_八_/ト、_l_」_レ: : Yヽ、」
   !: : :| : :l r=rt=、      ̄ ̄ !.: :| : :l  このように、銅に錫を加えることにより高温を
   `ヽ」: :」 { 弋以     ー─ -!_ハ: :! 出せない古代の炉でも簡単に合金を作る事ができた。
      /i_l:7,,`           ,,ノ: :l.!: : l  900℃位の温度だったら、木炭などを燃やし空気を
     八、ゝ、     r--、   ノ: : !: : i: | 十分に送り込めば、持続できる温度らしいわ。
    .'、 rー'三三ニヽ∠ニ三三__ヽ:/: : l
    { /´ ̄.::.::.::.::!' ̄`i.::.::.::.::.::.::.`y': /:,l
   .[.ゝ!::.::.::.::.::.::.::.!::.::.::.!.::.::.::.::.::.::.::.l__.:: l まぁ、既に鉄を作れる環境がある時点で、青銅を作る
   くソ',:.::.::.::.::.::.::.:l::.::.::.l::.::.::.::.::r-'ヾヽ;,:j 為の物は揃ってるわね。土器製のるつぼ、燃やす為
      ',::.::.::.::.:__|:.::.::.|___.{  ノ」ノ の木炭、空気を送り込む為のふいご、と。
      ',.::/´ l} ̄ ̄{l   `ヾ¨iソ´  あとは、それらを使い、青銅を作り出すための知恵
      .V    l}.l ll ll l.{l  ヽ .  ̄ノ
     <「/´ヽ」}||.|| ||.|| ,ゝ <`「/> . {                     ・・・かしら?
     <ノ、_「ー、-<__l-、_,7、_,<ノ、l,_ノ
     'こ>‐'ー{_\」-l,\_/、_こ>ー'~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
280 53/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:54:22.06 ID:gM8XD6CTo
  ┌──────────‐
  |使い心地はどうですか?
  └──v────────
              ┌──────‐
              |ああ、悪くない。
              └──v────
                    カチャ
                  n__n   カチャ
      ∧_∧         (,, ゚ー)k---==,
    . (   ,,^)        く;;;;;/う」0-' ̄
      (   l        <⌒L_」=l
     〜   l          し´J
      し`J      ´゙''"`''^`"^`"''´゙''"`''^`
  ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''
281 54/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:55:00.50 ID:gM8XD6CTo
    ┌─  これ ─────────────────────‐
    |で、青銅の事はどうする? どうするか決めるのはアンタだぞ?
    └──────────v───────────────‐
 ┌───────────────────────‐
 |・・・流石に言いますよ、他の方々にね。 それに、
 |ショボンさんの土器や、彼の知恵あってのものですから
 └───v────────────────────

       ┌─────────────────────‐
       |そうか、・・・で、あいつには僕から言っておこうか?
       |どうも君は、あいつの事が苦手らしいしな。
       └───────────────v──────

                   n__n         ,___
                  (゚д゚x)        n__n
                    (∞ )       ,(゚ー゚,,)
                  . l  l⌒>    <0ハ;;;;;ゝ
      ∧_∧          し`J        l  (ノ⌒>
     .(   ,,^)    ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''   し´J
      (   l              ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''
     〜   l
      し`J
  ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''     ∩∩
                   (   ,,゚)
 ┌───ヘ─────‐
 |ええ、お願いします。
 └─────────
282 55/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:55:45.07 ID:gM8XD6CTo
   ,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
   ( これで、強度は解決できましたが・・・  )
   ( 残りは、矢を装填する手間・・・ですか。 .)
   `ー〜ー〜ー〜0〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
           。゚
         _へ
       <,,^д^)
       . ( ∞ )
        〜  l
         し´J
    ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''
283 56/56 ◆K3L.8ZfPmE [sage] 2011/02/05(土) 19:56:25.72 ID:gM8XD6CTo
                            ⌒⌒
                      ⌒⌒


   ,〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー、
  .( ・・・偶には、狩りに参加するのもいいですね。. )
   `ー〜ー〜ー0ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜ー〜'
          。゚
        _へ
       <  ,,^)
        (   l
       〜  l
        し´J
    ^`"''´゙''"`''^`"^`"^`"''

                        続く