文字と戦士と捕虜返還 前編

784 1/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:00:53.10 ID:skNotimKo











                  ┌――――――――――――┐
                  |  ――え、泊めて欲しい? .|
                  └――――――――――――┘











.
785 2/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:01:22.68 ID:skNotimKo






                             彡ミミミ彡ミ彡ミミ彡ミミ彡ミミミミミ彡ミミミミミミミミ  |
                            彡彡彡ミミ彡ミミ彡ミミミミミミミ彡ミミミミ彡ミミミミミミl
                          ,.;:'"''""''"'"'"'"'"'"'"'"'"'"^´'´''"''""`'"''"'""'"^´''"''"'"^:;.
                        ,.;:'"                                :;.,
ΠΠΠΠΠΠΠΠΠΠ
ΨΨΨΨΨΨΨΨΨ Π
ΨΨΨΨΨΨΨΨΨ Π                               λ,,λ 
ΨΨΨΨΨΨΨΨΨ Π     〈;:;:,〉                      彡−゚;ミ
ζζζζζζζζζ Π    〈;:;:,〉:;:,〉     (; >> ゼェゼェ       ミ   ミ 
ζζζζζζζζζ Π   〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉    / JJ                 ミ  ミ 
ζζζζζζζζζ Π  〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉;:;:,〉    し`J               し`J 
ΠΠΠΠΠΠΠΠΠΠ
                              ↑
                       芋の収穫(重労働)の手伝い中


.
786 3/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:01:48.38 ID:skNotimKo




            ┌――――――――――――――――――――――――――
            | まぁ、ジャスくんがそうしたいなら、それはいいけど……
            |  あなた今、ギコの家に住んでる……のよね。 えー、っと?
            └――――――――――――――――――――――∨―――
                      ┌―――――――――――――――――――
                      | あ、別に居心地が悪いとかじゃなくて……
                      └―――――∨―――――――――――――



                                              λ,,λ ?
                     〈;:;:,〉       ∧∧             彡−゚*ミ
                        〈;:;:,〉:;:,〉     (;・д)             ミ   ミ 
ζζζζζζζζζ       〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉    / JJ               ミ  ミ 
ΠΠΠΠΠΠΠΠΠΠ  〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉;:;:,〉    し`J                し`J 
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
787 4/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:02:24.83 ID:skNotimKo





          ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――
          | あ、ひょっとして奴が家で【基本的に二人で行う激しい運動】するつもりとか?
          |  もしそうなら私がぶん殴ってくるけどそういうこと? そういうことかしら――?
          └―――――――――――――――――――――――∨――――――――――
                                          ;:      ;:
                                          ;:;:;:    ;:;:;: 
                                         ;:,.J;:;  ;:;:J;:;;:;
                                          ;:,.,.,;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:#;:;
                                            ;:;:vVVv;:;
                                              ;:;:;;:;
                                              ,.,:;:
                                              λ,,λ ゴゴゴゴ
                     〈;:;:,〉       ∧∧ ヒィ!?        彡− #ミ
                        〈;:;:,〉:;:,〉     (; д)             ミ   ミ 
ζζζζζζζζζ       〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉    / JJ               ミ  ミ 
ΠΠΠΠΠΠΠΠΠΠ  〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉;:;:,〉    し`J                し`J 
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
788 5/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:02:56.04 ID:skNotimKo



     ┌――――――――――――――――――┐
     |   そ、そういうことではないんですっ!?  |
     └――――――――――――――――――┘


                  ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
                  | ですよねー。 ……今あいつ、まだクシャミするだけで鈍痛走る時期だし。  |
                  |   それでまぁ、違うってことはギコの家が居づらいわけじゃないのよね?  .|
                  └――――――――――――――――――――――――――――――――┘


            ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
            | まぁ、新婚家庭ですし、遠慮がないと言えば嘘になるんですが…… .|
            |   それよりも、いくつかペルさんに教えてほしいことがあるんです。  |
            └―――――――――――――――――――――――――――――┘


                    ┌――――――――――――――――――――――――┐
                    | 教えてほしいこと? えっと、医術とか農業とか……?  |
                    └――――――――――――――――――――――――┘


              ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
              | それも勿論教えてもらいたいですし、色んなおはなしも聞きたいです。             |
              |   でも一番は……ペルさんって普段、考え事するときに地面に絵を描いてますよね? . |
              └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




.
790 6/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:03:39.32 ID:skNotimKo



   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
   |  あ、ああ…… (そういえば文字とか、見せちゃったことがあったのよね) |
   └―――――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     ┌──────────────────────────
     |ここに採って来てくれたら嬉しいものをリストアップしといたから
     │忘れちゃったらコレ見てね
     └──────―───────────‐v───────
                                λ,,λ
                               彡゚ー゚*ミ
                              □と   U
             /ヽ      /ヽ           ミ   ミ〜
     .       /:: ヽ    /:: ヽ           し`ヽ) ))
           /:::   ヽ  ./:::   ヽ
     .     /:::      ヽ_/::::    ヽ
         /::::       ̄          ヽ  
         ,'::::  U                ',    えっ?
     .   |:::::.                 |  
         ';::::::...U               ,'  
         \:::::::::......          /  


                               ――『手伝いとパシリは紙一重』より

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
                 | たしかにアレ、私やギコの故郷で使う技術なんだけど……    |
                 |  あれはちょっと、習得するのにかなりの時間がかかるわよ? |
                 └―――――――――――――――――――――――――――┘



.
791 7/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:04:19.65 ID:skNotimKo




━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、     言語ならともかく、字にそんなに時間かかる? と思った諸君!
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  
   (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    それは君が物心ついた時から字の読み書きを仕込まれる、
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)        識字率99%の国家、現代日本の住人だから思うのだ!
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /| 
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |   紙もないペンもない学習設備も教科書もない。
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |      おまけに字という概念を理解している人間すら少ない。
   |  irー-、 ー ,} |    /     i   
   | /   `X´ ヽ    /   入  |   そんな状況で文字を覚えていくのは実際けっこう手間な話だぞ!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.
792 8/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:05:06.43 ID:skNotimKo




         ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――
         | すみません。 お手間を取らせちゃうと思うんですが、便利だと思うんです。
         |  あれってつまり、『いま考えていることを外に保管しておける』技術なんですよね。
         └―――――――――――――∨―――――――――――――――――――――
            ┌―――――――――――――――――――――――――――
            | ジャス君はホント、チート級に頭がいいわね……まぁ、いいわ。
            |                       モ ジ
            |   それじゃ、今晩うちに来て。 文字の書き方を教えてあげる。
            └――――――――――――――――――――――∨――――




                                              λ,,λ
                     〈;:;:,〉      ∧∧ ヤッタ!!          彡д=;ミ
                        〈;:;:,〉:;:,〉   (( ・∀))              ミ   ミ 
ζζζζζζζζζ       〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉   ヽ   /               ミ  ミ 
ΠΠΠΠΠΠΠΠΠΠ  〈;:;:,〉:;:,〉;:;:,〉;:;:,〉    し`J                し`J 
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
793 9/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:05:34.87 ID:skNotimKo









   ┌――――――――――――――――――――――――┐
   | あ、そういえばあの馬鹿って、今どこでなにしてるの? ..|
   └――――――――――――――――――――――――┘


                      ┌―――――――――――――――――――――――┐
                      |  あ、今ならモララー族の捕虜の所にいるはずです。  |
                      |  じきに捕虜を帰すための段取りをつけるそうです。 . |
                      └―――――――――――――――――――――――┘






                           ・

                           ・

                           ・
794 10/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:06:01.88 ID:skNotimKo






         ┌―――― ザダム・シャタッフ ―――――――――――
         | さて――“偉大な戦士”への言伝は覚えたな?
         |    悪いが確認のために、もう一回復唱してくれ。
         └―――――∨――――――――――――――――
                      ┌――――――――――――
                      | 了解した。 では述べる。
                      └――――∨―――――――


                ∧∧
                (,,゚д)         ∧_∧    _   
                (:::∞         (д- メ)   /|;:;:;:ヽ
                ノ;;;;;i;;ゝ         ∞  |  ヽヽ;;;;;|  ==lニ/
                 し`J         ( つと )    ============X三>
                                
795 11/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:06:32.66 ID:skNotimKo





     ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     | 『“偉大な戦士”に告ぐ。我らアト・アスキィは貴殿の息子を含む五名を捕虜にした。   |
     |   返還を望む場合は次の満月の夜、山脈の麓に対価となる財を持って現れたし。』 .|
     └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


                ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
                | OK、完璧だ。 交換する財については、そちらで見繕ってくれ。  |
                |   細かく言ってミスがあっても面倒だしな。 ――さて、続きは?   |
                └――――――――――――――――――――――――――――┘


            ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
            | 『この言伝を預けた捕虜一人を解放するが、もし貴殿よりの使者が現れねば、    |
            |   我々は残りの捕虜をひとりずつ残酷に殺していくことになるだろう。』――だろう?.|
            └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


             ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
             | OKOK。 解放する捕虜が無事に敵地に帰るのが前提だからな……      |
             |   そのために大人の捕虜で最も傷が浅いアンタを選んだ、頑張ってくれよ?  .|
             └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘


           ┌――――――――― モーラ ―.シャタッフ ..――――――――――――――――――┐
           | ふん、当たり前だ。 武の民の戦士にとって、この程度は試練の数にも入らん。  |
           └――――――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
796 12/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:07:14.60 ID:skNotimKo






         ┌―――――――――――――――――――――――――――
         | 勇ましいな。 よし、それじゃ、そこの道具類を持って行ってくれ。
         |   お互いにとって不幸な結果にならねぇことを祈ってるぜ。
         └―――――∨―――――――――――――――――――――
                      ┌―――――――――――――
                      | ……しかし、貴様も豪胆だな。
                      └――――∨――――――――


                ∧∧ ン?
                (,,゚д)         ∧_∧    _   
                (:::∞         (д- メ)   /|;:;:;:ヽ
                ノ;;;;;i;;ゝ         ∞  |  ヽヽ;;;;;|  ==lニ/
                 し`J         ( つと )    ============X三>
                                


.
797 13/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:08:05.96 ID:skNotimKo





        ┌―――――..ルーリエ.―――――――――――――――――――――┐
        | この集落の里長は貴様だろう? おまけに重傷を負っている。    .|
        |  よくもまぁ、縄を解いた俺に武器を与えて平然としていられるな。  .|
        └―――――――――――――――――――――――――――――┘


               ┌― モーラ―.シャタッフ――――――――――――――――――┐
               | 武の民の戦士ってのは、怪我人を殺して喜ぶのかい?   .|
               |    おまけに自分の仲間――他の捕虜まで犠牲にして。   |
               └―――――――――――――――――――――――――┘


            ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
            | いや。 そのような卑怯な発想、それそのものが恥ずべきことだ。         |
            |   だがしかし、それでも安々と身を晒せるのはやはり豪胆と言えるだろう。  |
            └――――――――――――――――――――――――――――――――┘


                  ┌――――――――――――――――――――――――――┐
                  |  んー、そうでもねぇさ。 ――俺ぁ今も、割と怖がってるぜ? |
                  └――――――――――――――――――――――――――┘


                     ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
                     |  ならばなぜ、わざわざ身を晒す。 部下に任せればよいだろう。 .|
                     └――――――――――――――――――――――――――――┘




.
798 14/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:08:35.77 ID:skNotimKo





         ┌―――――――――――――――――――――――――――
         | それじゃ、お前さんの“勇気”と“誇り”を讃えられねぇだろう?
         └―――――∨――――――――――――――――――――



                    ∧∧ ニィ            ・・・・
                (,,^д)         ∧_∧    _
                (:::∞         (Д・;メ)   /|;:;:;:ヽ
                ノ;;;;;i;;ゝ         ∞  |  ヽヽ;;;;;|  ==lニ/
                 し`J         ( つと )    ============X三>
                                



         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            ――エイミルに住まうこの若き戦士は、のちに、仲間に対してこう語る。
         ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.
799 15/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:09:07.28 ID:skNotimKo






         ┌――――――――――――――――――――――――――
         | よく自制してくれた。 ――気高く見事な誇りの示し方だった。 
         |  俺たちはアンタを賞賛し、アンタと戦えた事を誇りとしよう。
         └―――――∨――――――――――――――――――――



                      ∧∧          ・・・・
                  (,,^Д)       ∧_∧    _
                  (::::[:::]つ     (Д・;メ)   /|;:;:;:ヽ
                  ノ;;;;;i;;ゝ       ∞  |  ヽヽ;;;;;|  ==lニ/
                   し`J       ( つと )    ============X三>






  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「俺は里長を尊敬している。里長以外の者の下で戦いたいとは思ったこともなかった」
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



.
800 16/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:10:05.02 ID:skNotimKo








           ┌―――――――――――――――――――――┐
           | ……いや。 まことの戦士ならば当然のことだ。 |
           └―――――――――――――――――――――┘










  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    「だが、あの里で――剣を捧げても良いと思える、二人目の男に出会った」と。
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━






                          ・

                          ・

                          ・




.
801 17/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:10:41.72 ID:skNotimKo









       ┌――――――――――――┐
       |  文字の覚え方ですか?   |
       └――――――――――――┘





            ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
            | うん。 あの馬鹿は忙しそうだし、シオンちゃん、文字に詳しいじゃない? .|
            └―――――――――――――――――――――――――――――――┘











.
802 18/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:11:12.62 ID:skNotimKo





  ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
  | 文字を作るのなら、この集落の使用言語について分析しないといけませんね。
  | 私が見る所、この集落の言語はピジン、子供の間ではクレオール化が進んでいまして、
  |20子音5母音体系くらいなんでしょうけど発音がいい加減なのでもっと多くにも聞こえます。
  | /dZ/[dZ][Z] [z\]で表わされる有声歯茎硬口蓋摩擦音や[dz\]の有声歯茎硬口蓋破擦
  └――――――∨―――――――――――――――――――――――――――――‐音
                                                         と
                                                         か
                                       \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                                       ≪  ストップ、ストーップ――ッッッ!!? ≫
                                       /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\

                                 λ,,λ 
             γィソハ                  O彡д ;ミ O
            川 ゚ -)                 O ミ   ミ  O
          ノ  ]っ                  O ミ  ミ O
           く_iつ 0                     し`J 




                  モナモーラ語001案:(http://www16.atwiki.jp/koreori/pages/40.html





.
803 19/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:12:57.44 ID:skNotimKo





        ┌―――――――――――――――――――――――――――――――
        | えっと、たしかアルカだっけ?
        |  ……異世界語をナチュラルに混ぜるのはペルさん良くないと思うなー。
        └――――――――――――――――∨――――――――――――――

  ┌―――――――――――――――――
  | いちおう、れっきとした日本語ですが。
  └――――――∨―――――┌――――――――――――――――――――――――
                      | ……私たち、お互いの隔たりを認め合うべきだと思うの。
                      └―――――――∨――――――――――――――――


                                 λ,,λ 
             γィソハ                   彡〜゚;ミ
            川 ゚ -)                   ミ   ミ 
          ノ  ]っ                    ミ  ミ
           く_iつ 0                     し`J 



          【専門用語は】 コミュニケーションの基本 【異界の言葉】




.
804 20/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:15:16.71 ID:skNotimKo


           ┌――――――――――――――――――――
           | ともあれ詳しい人なのよね。 シオンちゃん。
           └――――――――――――――∨―――――

  ┌―――――――――――――――――――――――――
  | はい。 まぁ中の人に相当する方が非常に詳しいので。
  |  描いてる作者は言語学の基礎を習った経験があるのに
  |中の人の用語がわからなくて時々頭抱え┌――――――――――――――――――――
  └――――――∨――――――――――| うん、歯に絹着せるって人間関係の基本よ?
                                └――∨―――――――――――――――――



                                 λ,,λ 
             γィソハ                     彡д=;ミ
            川 ゚ -)                   ミ   ミ 
          ノ  ]っ                    ミ  ミ
           く_iつ 0                     し`J 





                       出自等 =l> 録霊徒然草:(http://rokurei60.wordpress.com/



.
805 21/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:17:11.44 ID:skNotimKo










     ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   えっとね、そうっ、完全な素人! 3歳の子に教えるつもりでっ!   |
     |  そういう心構えで、“文字”と“文字習得”について教えてもらえる?..|
     └―――――――――――――――――――――――――――――┘





                      ┌――――――――――――┐
                      | 分かりました。 えっ、と。 . |
                      └――――――――――――┘







.
806 22/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:18:24.51 ID:skNotimKo



      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |  そもそもまず、『文字を1から発明する』というのはけっこう難事なんです。 . |
      |     文字の発祥地は世界全体を見ても、1つ、せいぜい2つなんです。     |
      └――――――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                      ___
           __       xwx‐'´   '=─ぇ___r=-、__        _
        / ̄ `''ァ_,z─¬′                ̄ ̄¨\ /   ̄¨¬¨¨`ー─── 、
       r'´ /|__,.                    ___  _,.´V `7           /⌒' r‐、_
    rj幺 XzZr'                     厶  |_/..     _>'´ ̄`ヽ.       }__r'   \
      r'´                       /ト ,:'   ` ' ' ゚ ´      ゝ.          _,,.-'
     rー' r-、 ッ、【楔形(シュメール)文字】   ,.' rァ''´               |         /
    弋z乏X`': └┐ ↓           々ノ _zノ                 V        /
.   /    `''^'''ヘ∨ x_         ←【甲骨文字(※)】           \    ,-=-j'
   /        ∧',   〉 ̄V  r‐、   r─'′             ヽ        \ |_rァ ::...
.  {          \zZ   | f´  丁_)  ;Tl       '                `''‐、¨|_ ̄__''';;
.   \_,..,_        /   :∨o   j}’ r、.ヾ . . 。.  . '                   ̄}´ `ヽ.__
       ; |      /         マッ 〔_ノ『公ー、_. . .  ' ''                 '''  |      `ー┐
        ∨     |           `-=-  ヽー'` : : .   '                  |        ,ノ
        〈    r' /!             /^′∨|   :   . ''    【結縄(キープ)(※)】→      |
        ∨  / Ll            f´      \           ' ' . .  . . .    ,|    r'''´
           }_/               |_r‐ 、   /   rj                   .|   _/
                               `ー'   Ll                    |  r‐’
                                                          | /
                                                         |_f


                         ※……甲骨文字はシュメール文字の影響の有無が未確定。
                                キープは言語情報を含むが、文字というには未発達。

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
                | 確実にここは元祖と言えるのは、メソポタミアのシュメール文字ですね。 .|
                └―――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
807 23/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:18:49.56 ID:skNotimKo





━━━[四次元殺法コンビからの補足説明]━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



      r ‐、                なんで誰も文字を思いつかなかったの? と思った諸君。
      | ○ |         r‐‐、    
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧    君たちが人口500人くらいの小さな村に住んでいると想像してくれ。
   (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l    そこで文字を「使わなければならない」用事というのはなんだろう?
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) 
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|    知識のたぐいは暗記と口伝えで伝えられる。
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |   用事があるなら伝言すればいい、簡単な覚書は文字以下のサインでいい。
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 | 
   |  irー-、 ー ,} |    /     i     実は文字というのは、「使ってみれば便利」なのだが、
   | /   `X´ ヽ    /   入  |             わざわざ「使わなければならない」理由は薄いんだな!



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




.
808 24/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:19:41.31 ID:skNotimKo



    ┌―――――――――――――――――――――――――――─―┐
    |  まず最初に「文字が使われなければならない」状況となったのが、 . |
    |                星読み――すなわち「天文学」の分野です。   |
    └―――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                                    くヽ
                   ト-、         (`=イ^)     lコ  `
                  )_ノ- 、        `\ \   ∠フ
                  「    \            \ \
             _ノo○ ∠  )ココュ        \ \     `
    `          /    r―= /^ヽ              \ \
          / ,イ  r'Z7´  |  ノ   「フ   「ヽ.    \ `'^)
           レ'/ / ̄   r「ノ r'   「フ   (人)     Lノ-'
          ノイ      シ /  `
                ノ-'´
                                r‐、               /´ ̄ヽ
   ト=z  r-、              r‐、_,,.. -‐ 'l"l´ イ           /    ノ
     ̄   しヘ!   `         く_,  j_j_j.. '-'‐''"ー'     `     |`Y⌒Y
                        し'´                      ゙==="
                            |
                            |
                  ┌              ┼              ┐


                   ┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃┃
                  ├                         ┤
                          【 刻み目 】


                  └              ┴              ┘


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                 ┌―――――――――――――――――――――――――――――─―┐
                 |  (おそらく)日数を記録するために、骨に対して延々と刻み目をいれる。 . |
                 |   これが『物事を抽象化し、物体に刻みこみ記録する』初期の事例です。 .|
                 └―――――――――――――――――――――――――――――――┘


.
809 25/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:20:27.85 ID:skNotimKo



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | またこちらは考古学的な証明は不可能ですが、 ギコさんの専門の民族考古学的に。 .|
    |  恐らく『家畜の柵への出入り』を管理するために、小石の山を右から左へ――      .|
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――───―┘



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



 ,. ., __      __ ,. ,.    __ ,. ,.     __ ,. ,.    →       __ ,. ,.         __ ,. ,.
〈゚x ゚:の`:r:-:‐´の:゚ x゚〉:-:‐´の:゚ x゚〉-:‐´の:゚ x゚〉   →    r:-:‐´の:゚ x゚〉     r:-:‐´の:゚ x゚〉
ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i| →    i'゙;: ;:;:゙,.;:,; :;,:j      i'゙;: ;:;:゙,.;:,; :;,:j
ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|ニニ|!i|从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''

               四羊いる囲いから、    二頭出したらこうする。

                   OO               /⌒\|
                   OO        →   OO     ̄OO
                                  柵分    外分



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


             ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
             |  なんてことも 行われていたんだろう、 って考えられてるらしいですね。 |
             |   ――多分モララー族も、この技術は普通に発明しているでしょう。 ..|
             └――――――――――――――――――――――――――――――┘
810 26/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:21:05.40 ID:skNotimKo



   ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   | そして人類がかなり早い段階で文明を築いたチグリス・ユーフラテス流域では――     |
   |  複雑化した財産の管理、記録などのために、“トークン”と呼ばれる代物が発達します。  .|
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――───――┘


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          【羊5頭を財産として有している】     →     【革袋に三角形の陶片を5つ入れる】

     ,. ., __   メェェ…
   〈゚x ゚:の`:‐:-、_        ,. ., __ - :‐:-、_                 ▽ ▽ △
     i,,;:; :;.,゙:; :;:゙'i´           〈x -:の;゙.: . ;::゙'i´                  △ △
      ゙u'‐'uー‐゙u'          `゙u'‐'uー‐゙u'                     ↓
                   ,. ., __                               __
ヽvw〃             〈゚x ゚:の`‐:-、_                      > <
                  i゙;: .:';,;:. ;.;.,;:゙'i´                      /::::::::::::::ヽ
                  ゙u'‐'uー‐゙u'                       ヽ:::::::::::::::ノ
           __ ,. .,                ヽvw〃                ̄ ̄
         _,:‐:'の゚ x゚〉    モシャモシャ
        i'゙;: ;:;:゙,.;:,; :;,:j        ,. _,.';:⌒;:ー-、_
       ゙u' ゙̄'u‐'゙u'       〈゚x ゚;の;:0:;;::;;;っ´
                    ''''"'''"
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   | このトークンの表現方式は、細かい過程ははぶきますが経済の発達と共に複雑化していきます。 |
   |  陶片に模様が刻まれたり何かを象ったりしたのが、“コンプレックス・トークン”といった具合に。 |
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――───―――――┘
                                                  ヒョットシタラ、モララー族ニモ アルカモ?



.
811 27/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:21:36.59 ID:skNotimKo



      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |  そしてこういうトークンを保管しておくうちに、「一覧性」というものが必要になってきます。 . |
      |   経済が発達すればするほど、豊かになればなるほど、「財産」の種類は増加しますから。.|
      └――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



   【無数の「開けないと詳細不明な袋」たち】               【袋に中身の概略を記す】


           ><<   ><<                                ∧_∧ コレデ勝ツル!!
          {;:;:;:}:}  {;:;:;:><<   モウダメポ…                 > < φ(д・ *)\/)
             ><<  {;:;:;:}:}      ξ /⌒ヽ      →       {;:≡}  ヽ  G  つ
            ><<;:;:} ><<     c<<; )0 つ          > <
               {;:;:;:}:} {;:;:;:><<                      {;:≡}  > <
               ><<  {;:;:;:}:}                            {;:≡}
              {;:;:;:}:}



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



      ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |  最初は容器の上から「どういうトークンが何個入っているのか」を記していたようですが、 . |
      |   ――まぁ、あれです。 そのうち誰かが気づきますよね、こんなある意味単純なこと―― |
      └――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
812 28/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:22:06.97 ID:skNotimKo



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                 【 最終鬼畜結論 : 『 中 身 い ら な く ね ? 』 】




                         ___
                         ||;:≡≡|
                         ||;:≡≡|φ
                          G ∧_∧  コレデイージャン…
                         ヽ(д= il)                        ◆
                           ヽ    ヽ                      ★△●
                            \   つ                   ▼○☆□
                              ヽ__)                   [燃えないゴミ]



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                   ┌―――――――――――――─―┐
                   |   ―― ええ、 そういうことです。   |
                   └―――――――――――――――┘




.
814 29/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:25:10.49 ID:skNotimKo




      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |  かくして文字が生まれました。 ――教科書でも習う、楔形文字がこの流れです。  |
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
                                「絵文字」トカ「ウルク古拙文字」トカ、厳密ニハ前段階アリデスガ

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                  ::': , ,:::::::::::::.::::::::':'::::': ; :'!゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙゙!';: ::::::::::::::,: ':::::::
                  ::,;::;':: ::::::::::::::; ; ::;,,,::: :::;;;i;;;;;;;|  i: :::; ;; :::::::;'';;:::::::::
                  :::::::::'::::::::::::::::::::::'::::::::'';;.':!;;;;;;|  !::::::;';':::::::::::::':::::::::
                  ::;:::;:::::::::::::::::::::'::::::::'::': '::':i;;;;;;|.  !:::::::::::::;:::::::::::::'::::::
                  :::;::::::::::::::::::::::::;::::'::,::::::',:::::!;;;;|.  i::::::::::::::::::::::::::;:::::::
                  :iー-、_::::::::iiー‐---、、、、、_i;;;;|  i_::::::::;;;:'::': :::;:::::::
                  :|;i.:::::::::-.、|;i:::::::::::::::::::::::::::\|/::::::`:::::::::ー::::::-::::、
                  :|;! ,..-::':"|;!    __,../| ,-─:::::::::''""´´ ̄:
                  :!'"´::::::::::::'‐''""´´::::;:::;::::;':!;;| !::::::;::,::::::::::::;;;;;;::::::::::
                  :'::::.:::::::::::::::::::::::::::::::::::':::::'::::!;;| !::.:::.:::::::::::::';:::;:::;::::; :
                  :':::':':::::::':::::::::::::::::::::::::;: :::::;:::i;;|i::::':''':'::::::::::::::::':;:::::::::
                  ::::::::::::::;::::::::::::::::::::::::::;:::;:'::,::::!|!::::::::::::;::::::::::::::::;:::;::::,
                  :::::::::::::::'.:':::::::':::::::::::::::::;::;::::::':|:::::::::::::::::::::::::::;::::'::::::::

                         楔形文字 − 『 神 』


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




.
815 30/38 ◆Civ.a/bGUo [↑二重失礼しました。保管時修正願います。] 2011/02/17(木) 23:26:24.43 ID:skNotimKo




           ┌―――――――――――――――――――――――――――
           | つまり文字を「使用しなければならない」状況って、
           |  「政治経済がかなり発達して、財産管理がいる状態」なのね。
           └――――――――――――――∨――――――――――――
  ┌――――――――――
  | そうなりますが――
  └――――――∨―――┌――――――――――――――――――――――――
                  | ……それじゃ、文字は広める意味がないのかしら?
                  |   私たちの世代じゃ、そこまでは絶対に無理だし。
                  └――――――――――――――――――――――――



                                 λ,,λ 
             γィソハ                     彡д=;ミ
            川 ゚ -)                   ミ   ミ 
          ノ  ]っ                    ミ  ミ
           く_iつ 0                     し`J 
816 31/38 ◆Civ.a/bGUo [↑二重失礼しました。保管時修正願います。] 2011/02/17(木) 23:27:21.12 ID:skNotimKo














                     ┌―――――――┐
                     | ……いいえ。 .|
                     └―――――――┘












.
817 32/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:28:38.78 ID:skNotimKo













       ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
       | いつも思うんです。 ――“読む”って、とっても不思議なことだって。 . |
       └―――――――――――――――――――――――――――――┘













.
818 33/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:30:10.64 ID:skNotimKo






   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   |  ページを開きさえすれば、狭苦しい部屋にいながら心は曠野を駆け抜ける。 |
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘





           ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
           |   あるいは深く暗い空を飛び、あるいはどこまでも青く澄んだ海を泳ぐ。        |
           | 報われない恋に涙し、絶える事のない戦争に怒り、古い伝説に心ときめかせ―― |
           └――――――――――――――――――――――――――――――────―┘







      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      |   この灰色の人生を生きながら、 また灼熱の物語をも生きることができる。   |
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘






.
819 34/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:31:00.10 ID:skNotimKo













         ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
         | 言葉には――“文字”には、何よりも素敵な力が秘められているんです。 .|
         └―――――――――――――――――――――――――――――――┘










.
820 35/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:32:50.18 ID:skNotimKo




  ┌―――――――――――――――
  | ――私は、そう信じていますよ?
  └――――――∨――――――――




                                 λ,,λ 
             γィソハ                   彡−゚*ミ
            川 ゚ー)                   ミ   ミ 
          ノ  ]っ                    ミ  ミ
           く_iつ 0                     し`J 
821 36/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:33:19.10 ID:skNotimKo




    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | なんて、ちょっと夢見がちなことを言っちゃいましたけど。                |
    |  実際、歴史的に見ても文字の伝播速度と距離はけっこうなものなんです。 |
    └――――――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                      ソ ̄ノ ッ´ゝ
             ッヘヘ    ヾ  ゝ `´
             ∠___↑   > く...↑                         <ヘ  /
         ヾノフ    ←┤    ヽッ´|                          フ ヾヽ
            ヾ─フ  ├―★――┴―┬→                       ヾ Ц
                 ノ   |   ___      ↓                        │
           .ソヘ__ノ ←┘    ヽ\                            ノ
                      レヘ、ヘ─ヘ                     ノ
              \~\        ツ   \      ノヘ      /~ ̄ ̄´
               `\ ´\    /      ヽ   ノ   フ    く
                 \  \ ノ        ヽ  │    レ    )
                  │   ´          │ ノ
                  レノ⌒フ           レ´

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 要は『代用がききやすいから、発明されにくい』状態――つまり『開きにくい扉』であっただけで、  ....|
    |    一度、誰か扉さえひらいてしまえば、割と使われ続ける可能性は高いんじゃないかと思います。 .|
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘





.
822 37/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:33:44.90 ID:skNotimKo





  ┌――――――――――――――――――
  | ――以上、まずは“文字”についてでした。
  └――――――∨―――――――――――




                                 λ,,λ ・・・・
             γィソハ                   彡д-*ミ
            川 ゚ー)                   ミ   ミ 
          ノ  ]っ                    ミ  ミ
           く_iつ 0                     し`J 



.
823 38/38 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/17(木) 23:36:23.43 ID:skNotimKo




           ┌―――――――――――――――――――――――――――――
           | ……ん。 じゃあ、ジャスくんへの文字伝達、頑張ってみましょうか。
           |  次は“文字の習得”ね。 できるだけ効率のいいやり方をお願い。
           └――――――――――――――∨――――――――――――――
  ┌――――――――――――――――
  | はい。 そうですね、えーっと……
  └――――――∨―――――――――




                                 λ,,λ 
             γィソハ                   彡ー゚*ミ
            川 ゚ー)                   ミ   ミ 
          ノ  ]っ                    ミ  ミ
           く_iつ 0                     し`J 




                                                ――つづく





.