文字と戦士と捕虜返還 後編

973 1/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:26:42.21 ID:M2LMxGzxo










            ┌―――――――――――┐
            | アンタ、うまくやったな。 |
            └―――――――――――┘









.
974 2/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:27:26.01 ID:M2LMxGzxo





            ┌―――――――シャタフィーン―――――――――――――
            | 誇りを重んじる戦士階級の男に、あれは殺し文句だ。
            └―――――――――――――――∨――――――――
    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
    | ――俺はお前さんの親父と違って、何でもあっさりできる人間じゃねぇからな。
    |   小細工ひとつで事が上手く運ぶなら、そいつを弄するのに躊躇はねぇ。
    └――――――――∨――――――――――――――――――――――――
                    ( 知恵と技巧と、その反復鍛錬。やっぱり僕と似たやり方か )
                                O
                                 o
                                  。
                  ∧∧
                σ(Д-;)               ∧__∧
                   ヽ[::::::)                 (∀・ )
                 ノ;i;;;;;;ゝ                   |\  )
                  し`J                   し ヽ,)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
975 3/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:28:11.38 ID:M2LMxGzxo



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
    | ……さて、使者も送ったし、子供を閉じ込めっぱなしってのも大人気ねぇ。
    |   お前さんについては、ある程度はこの集落での自由な行動は認めるぜ。
    └――――――――∨――――――――――――――――――――――――
               ┌―――――――――――――――――――――――――――
               | そりゃありがたいけど……その程度で篭絡はされないからな?
               └――――――――――――∨――――――――――――――
        ┌――――――――――――――――――――――――――――
        | お前を篭絡したらウララードとマジの殺し合いが始まるだろーが。
        └――――――∨―――――――――――――――――――――
                                        俺ァマダ重傷者ダゾ



                  ∧∧
               ⊂ (;-д)               ∧__∧ ゴモットモ
                   [::::::)                 (∀= )
                 ノ;i;;;;;;ゝ                   |\  )
                  し`J                   し ヽ,)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
976 4/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:28:41.62 ID:M2LMxGzxo



       ┌―――――――――――┐
       | で、だ。 えーっと―― ..|
       └―――――――――――┘

                            ┌――――――――― ハーニヤ....┐
                            | モランバーグだよ。 “雷光” |
                            └―――――――――――――┘


     ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     | ……ひょっとして俺の名、“雷光”のほうでモララー族に広まってんのか?     |
     |   そりゃ氏族名だ。 俺個人の名はギコって言うんだ。 そっちで呼んでくれ。 .|
     └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘


         ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
         | 分かった分かった、ギコだな。 ――それで一体、どんな用なんだよ。 |
         └――――――――――――――――――――――――――――――┘


               ┌―――――――――――――――――――――┐
               | ああ、それなんだが――もしよかったら、だな。 .|
               └―――――――――――――――――――――┘




.
977 5/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:29:21.70 ID:M2LMxGzxo





        ┌――――――――――――――――
        | 俺の技を継いでみねぇか――?
        └――――――∨―――――――――


                                  スポーンッ!!
                  ∧∧             。 。
                 (,,^д)             ヽヽ∧__∧
                   [::::::)                 (Д  )
                 ノ;i;;;;;;ゝ                   |\  )
                  し`J                   し ヽ,)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
978 6/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:29:47.68 ID:M2LMxGzxo






                 し ば ら く お 待 ち く だ さ い




                       アワワ…      目ェ、目ェ…!?
                    /⌒∧∧     << )⌒ヽ
               ととノ;;;;;0(; Д)つ 。。と と_ノ-、_つ




                          ・

                          ・

                          ・




.
979 7/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:30:25.12 ID:M2LMxGzxo



         ┌―――――――――――――
         | ……さて、釈明を訊こうか。
         └―――――――――――∨―

           ┌―――――――――――
           | どうしてこうなった……
           └――∨――――――――



                           ∧__∧
               (; >>          (∀- #)
              /::::[:|          ∞  )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)



         【なぜか】 子供に頭があがらない 【こーなる】




.
980 8/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:30:57.59 ID:M2LMxGzxo




    ┌――――――――――――――――――――――――――――
    | どーもこーも、どんだけ非常識な提案してるか分かってるのか?
    |  アンタの技がどんだけ見事に練られてるかは僕も知ってるよ。
    |  鍛え抜かれた青銅みたいな貴重品だ。それをタダでくれるって?
    └―――――――――――――――∨――――――――――――
         ┌―――――――――――――――――――――
         | うん、タダタダ。 マジでタダっすよお買い得です。
         └―――∨―――\__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
                          ≫ 信用できるかァァ――――ッッ!!? ≪
                     /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\


            営業すまいる
              +
               ∧∧ +       ∧__∧
            + (,,^д)         と(Д #)
              /::::[:|             ヽ   )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)




.
981 9/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:31:37.01 ID:M2LMxGzxo




    \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
     ≫                                                          ≪
    ≪   なに部族の秘伝級の技ぽんぽん人にあげようとしてんの!? 馬鹿なの!? 死ぬの!?  ≫
     ≫                                                          ≪
    /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\



                 ┌―――――――――――――――――――――┐
                 | いや、だからっつってタダなもんはタダだしー? .|
                 └―――――――――――――――――――――┘



        \__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__/
         ≫                                                   ≪
        ≪    そのウザい喋り方もやめろっていうか、そもそも僕は敵対部族なんだぞ!?   ≫
         ≫                                                   ≪
        /⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒\



                     ┌――――――――――――――――┐
                     | フヒヒヒヒwwwwwサーセンwwww  |
                     └――――――――――――――――┘




.
982 10/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:32:03.04 ID:M2LMxGzxo





          真 面 目 に や ろ う 、 な ! ?



           ヘブシッ!!     ∧__∧―_
               ∧∧ c(д #――__
             ;;;(д゙( と   っ―― ̄ ̄
              /::::[:|    ヽ)― ̄
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ



                        ・

                        ・

                        ・





.
984 11/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:32:37.70 ID:M2LMxGzxo




  ┌――――――――――――――――――――――――――――――――
  | いやまぁ、実際のところウチへの好意を醸成する作戦だよ、チクショウ。
  |  ウララードの息子なら将来的に高い地位につくだろうしな、あらかじめ――
  └――――――――∨―――――――――――――――――――――――
        ┌――――――――――――――――――――――
        | それにしたって、あの武技は貴重すぎないか?
        |  どうせアンタのことだ、もっと考えがあるんだろ?
        └――――――――――――∨―――――――――



                           ∧__∧
               (; >>          (∀- #)
              /::::[:|          ∞  )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
985 12/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:33:03.94 ID:M2LMxGzxo




     ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   ――モランバーグ。 お前さん、今回のウチの戦い方を見たか?   |
     └―――――――――――――――――――――――――――――┘

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                          ▼▼
      ──────────―――▼▼――――――───────
                          〜〜〜〜〜〜〜
                     〜〜〜〜〜〜〜
                          〜〜 〜■〜〜
                         〜〜〜●〜■〜 
                         〜●〜〜■〜〜
      ───────―――――●――■――─―────────
                ○ ○  △   ●   ■ △   ○ ○
                 ○    △ ●      △      ○
                        △ △ △ △

                           △

    :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  見たよ。 計算されつくした、非常に効率がいい“人の殺し方”だと思った。 .|
    └――――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
986 13/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:33:44.25 ID:M2LMxGzxo



  ┌――――――――――――――――――――――――――――――――
  | お前さんも――あるいはウララードもうすうす気づいちゃいるだろうが、
  |  “あれ”が今後の主流になる。 個人の武技の効力は低下していくだろう。
  └――――――――∨―――――――――――――――――――――――
        ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――
        | 利用価値が下がることを見越して、タダで譲って恩を売るつもりだった、と?
        |  ……やっぱ、やろうと思えばえっげつないこと考えられるタイプだなアンタ。
        └――――――――――――∨――――――――――――――――――――
      ┌―――――――――――――――――――――
      | まぁ、否定はしねぇよ。 ただ、その、なんだ……
      └――――――∨――――――――――――――



               ∧∧          ∧__∧
                 (,,-Д)           (д-; )
              /::::[:|          ∞  )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''


.
987 14/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:34:32.16 ID:M2LMxGzxo











        ┌――――――――――――――――――――――┐
        |  もう一つ理由があるんだが、聞いてもらえるか?  |
        └――――――――――――――――――――――┘











.
988 15/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:35:44.05 ID:M2LMxGzxo






      ┌――――――――――――
      | ほら、コイツを見てみろ。
      └――――――∨―――――





               ∧∧             ∧__∧ ……ッ
                 (,,-Д).,.          (д・ ;)
                 /:::::::]つ;         ∞  )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ'         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
989 16/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:36:10.16 ID:M2LMxGzxo







        ┌――――――――――――――――――
        | アンタ、もしかしてあの怪我で、腕が……
        └――――――――――――∨―――――
      ┌―――――――――――――――――――――――――――
      | おう、上がらなくなった。 戻るかも分からん。 だからな――
      └――――――∨――――――――――――――――――――



               ∧∧          ∧__∧
                 (,,-Д)           (д・ ;)
              /::::[:|          ∞  )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
990 17/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:36:35.68 ID:M2LMxGzxo




    ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  俺が駄目だった時は――お前がウララードに相対してやってくれ。 |
    └―――――――――――――――――――――――――――――┘

                               ┌―――――――――――――┐
                               |   なっ、 なんで僕が……!   |
                               └―――――――――――――┘


    ┌―――――――――――――――――――――┐
    |  息子なんだろ? 親父を越えたくはねぇのか? |
    └―――――――――――――――――――――┘


          ┌――――――――――――――――――――――┐
          | そりゃ、いつか勝ちたいとは思ってるけど、さ―― .|
          └――――――――――――――――――――――┘


                       ┌―――――――――――――――――――─――┐
                       |  おーっと、弱気な声だ。  実は自信ねぇんだろ? .|
                       └――――――――――――――――――――――┘

                                       ┌――――――――┐
                                       | んな――っ!? |
                                       └――――――――┘



.
992 18/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:37:17.22 ID:M2LMxGzxo



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 落ち着けよ。そいつぁお前さんが正確に現状を認識してる証拠だ。 . |
    |    ……強がる必要も、怒る必要も、まして恥じる必要もねぇ。     .|
    └―――――――――――――――――――――――――――――┘


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
;:;:;::           ;:          ;:;:;:;:;:  ;:  ;:      .;:   : ;:;:     ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:          : ;:;:;:;:;:;:;:
              ;:;:         ;:;:;:;:          :     ;:     ;:;:;:;:;::::::;:;:            : :;:;: :::::
              .;:;:         ;::     _ 人           ;:;:;:  :         
                           人)ヾ; 从         ;:;:            
                         _ノ  _人  (,_      :             
                        _从 (⌒    ゙ /⌒      
                       _ ゝ     .    火      
                     人     .,;,.,    `ヘ/      
                   _,ノ     .,.,;   ;,,.,    (  _   
                 `ヘ(   从;:  .;       ;,   ∨(    
                   _)    ,;        ;,   从    
                 ⌒ヽ   .;:   Α_Α  :;,   ノ_イ   
                 _人ノ,   ;:   ( ∀  )   ;;    /   
                  ヽ   ;  と=G[二二二> ;:  'ヘ,
                  ,_)i_从   ;:     ノ_i、_ゝ  ;;    `/(_
                  _ノLノl    ;  三(__,/(___,)三 ;   ヾ.,_从
             _火`     、从_   三三三三三       ゞ_人_  
              '`"゙"''`ー;、从_ノ(_.,;:.)ヘ    )L从_;:,火,.;:ー'"゙⌒
                            "'`゙"`
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
         | 俺から見たって、ウララードは規格外の怪物なんだぜ?     .|
         |   まして十五にも満たねぇ子供が、どうこうできる相手じゃねぇ。 |
         └―――――――――――――――――――――――――――┘


.
993 19/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:37:45.08 ID:M2LMxGzxo



     ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
     | だいたいアイツは、戦士として必要な素養はほぼ全て揃えてる。 .|
     └――――――――――――――――――――――――――――┘

     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::







                     Α_Α
                     (   ∀)   ,Gヽ∧∧;
                    /   G[二> |(д ;);
                       く____,ゝ  ' |ノとミ;;:;::;ヽ;
                   (__,/(_,)  ,   ` ;し;:;::;:ゝつ;



     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 骨太で体格が良いうえ、“当て勘”に優れるもんで通常の一撃一撃が必殺の威力。   .|
    |   もちろん体格相応の筋肉もついてるもんだから、ゴリゴリの力押しでも競り負けない。 |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
994 20/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 21:38:11.97 ID:M2LMxGzxo



     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::





                       / _,_,_,_,_,_,
                    /// _,_,_,_,_,_〉
                  ///く_(  ∀)
                 <二二二]と「_`~ヾ ⊃ ∧∧
                        il (く_,ノ   (Д il)
                           i!(_,/ i|   /,三ミ
                      \从il !i (´三二=─ゝっ



      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   | しかも獣じみた勘で“打ち気”を読むもんだから、奇襲技の類は当たらない。  |
   | “虚実”の類を入り混ぜても、あっさりそれらを嗅ぎ分けて対応してきやがる。 |
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘
5 21/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:39:15.13 ID:M2LMxGzxo








      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――
      | あんな風に生まれつき強いってのは……正直、男の一つの夢だろうな。
      |  だけどな、覚えててくれ。モランバーグ。 “誰よりも強い”ってことは――
      └――――――∨――――――――――――――――――――――――



               ∧∧          ∧__∧
                 (,,-Д)           (д・ ;)
              /::::[:|             |   )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
7 22/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:40:45.42 ID:M2LMxGzxo













     ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   ――“誰より強い”ってのは、“誰とも対等じゃいられない”ってことなんだ。 |
     └――――――――――――――――――――――――――――――――┘












.
8 23/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:41:41.93 ID:M2LMxGzxo



    ┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | 「あいつがいれば、俺達は負けない」「あの人がいれば安心だ」         |
    |    誰より強いってことは、太い木になるようなもんだ。皆から頼られる。 .|
    └―――――――――――――――――――――――――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

    _____     ______  ______  ______  ______  ____
    |  ____,  |   |______  |   |______  |  .|______  |   |______  | . |____
    |_|      |  |           / /           / /        ./ /           / /
           |  |     | ̄|/ /     | ̄|/ /      | ̄|/ /     | ̄|/ /     | ̄|/
            / /       |  ,_/       |  ,_/       |  ,_/        . |  ,_/         .|  ,_
         / /      //        //         //          //          //
    \    ̄          ´          ´           ´             ´          ´/
    ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,|、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,,、,,、,|、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,、 ,、,
    二二 ∧_∧ [|:::::::|] ∧_∧ ∩_∩ ∧_∧∩∧_∧∩∧_∧ ∧_∧ ∧_∧∩/ ̄ヽ ∧_∧∩∧_∧∩
    _∧_∧∩ /二二∧_∧□__∧ ∧___/{:::::::::::::::}∩∧_∧ ∧_,,,,∧_∧∩ Π_Π∩ ∧_∧∧_∧_
    (    )ノ(   (    )   )(   (    )ノ(    )(    )   )ノ(    )ヽ(    (
    /ヽ__//ヽ__/ヽ/ヽ__/ヽ'ヽ__/ヽ/ヽ__/ヽ'ヽ__/ヽ__/ヽ/ヽ__/ヽ__/ヽ__//ヽ__/ヽ/ヽ_/ヽ'ヽ_
        〈     .〈     〉    〈       〉     〉   . 〈     〉   〉  〈     〈     ,〉


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

         ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
         | だけどな、その代わり――強い奴は、弱音さえ吐くことが許されなくなる。           |
         |    アイツがいれば大丈夫。そう言われてる奴が折れたら、皆は誰に頼ればいい?  .|
         └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

.
9 24/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:42:07.76 ID:M2LMxGzxo





      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――
      | ひたすらに強いなんてのは、呪いを背負って生まれたようなもんなんだ。
      |  ……誰かが張り倒して“お前はたいして強くねえ”って言ってやらねぇと、
      |        ソイツは一生、折れることも弱音を吐くこともできねぇんだ。
      └――――――∨――――――――――――――――――――――――



               ∧∧          ∧__∧ ・・・・
                 (,,-Д)           (д・ ;)
              /::::[:|             |   )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
10 25/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:43:19.88 ID:M2LMxGzxo



    ┌――――――――――――――――――――――――――┐
    | あいつが敵である俺に甘いのも、――多分、そういうことだ。 |
    └――――――――――――――――――――――――――┘




          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                    Α_Α
                   ( -∀・)
                   (  厂 ]つ[二二二>
                   ノ_/__ゝ
                   (_/、_)

          :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::




             ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
             |  アイツは多分……心のどこかで、対等の相手を欲しがっているんだ。 .|
             └――――――――――――――――――――――――――――――┘


.
11 26/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:44:32.25 ID:M2LMxGzxo






      ┌―――――――――――――――――――――
      | だからモランバーグ。 強くなってくれ。
      |   ……俺が、奴に届かなかった時のために。
      └――――――∨――――――――――――――



                   ∧∧             ∧__∧
               (,,゚Д)          (д・ ;)
              /::::[:|             |   )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
12 27/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:45:00.89 ID:M2LMxGzxo









                       ・・・・
                   ∧∧             ∧__∧
               (,,゚Д)         (д- ;)
              /::::[:|             |   )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
13 28/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:45:32.20 ID:M2LMxGzxo








                   ∧∧             ∧__∧
               (,,^Д)      ε= (д- )
              /::::[:|             |   )
            とノ;;;;;;;;i;;ゝ         し ヽ_)
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
14 29/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:45:57.18 ID:M2LMxGzxo










        ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
        | あったりまえだ。 ――アイツは僕の獲物なんだ、アンタにだって譲るもんか。 . |
        └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘







                            ・

                            ・

                            ・


.
15 30/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:47:27.58 ID:M2LMxGzxo





   ┌―――――――..オオミミール.――――――――――┐
   | ウララード様。 牧 畜 村 についてですが……   |
   └―――――――――――――――――――――┘


        ┌――――――――――――――――――――――――┐
        | ん、あの集落がどうかしたかい?               |
        |    相当荒れていると聞いたが、何かトラブルが――   |
        └――――――――――――――――――――――――┘


                 ┌――――――――――――――――――┐
                 | あると思い、調べをやったのですが…… |
                 └――――――――――――――――――┘


                     ┌―――――――――――――――――――――――――┐
                     | 歯切れが悪いな。 深刻ならば、私が行ってシメてくるが。 . |
                     └―――――――――――――――――――――――――┘



                          ┌――――――――――――――――――――――――――┐
                          |  それが、『既にシメられた後』らしいのです。 驚いたことに。 |
                          └――――――――――――――――――――――――――┘




.
16 31/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:47:59.66 ID:M2LMxGzxo




: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;:/ ,,;: ,.::  ,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ;:;:;: \.::,,;: ,: ,,;: ,,;: ,.:: 
: ,,;: ,,;: ,.::  ,,;: ,;/ミ三Χ三三三三三三三三三Χミ\: ,,;: ,,;: ,.:: 
;: ,,;: ,,;: ,,; :; :;/゙ミ;; ;: :;| |               | |;: iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;: ,,;: ,.:: 
.:: ,.:: ,.:: ,,;:/ミ_\; ;: : | |               | |;:; :;:;/\: ,,;: ,,;: ,.:: 
,;: ,,;: ,,;:/ミ`;; ;;\\;:;| |               | |;: //'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :; : ,,;: ,,;: ,.:: 
,,;: ,,;:/ミ_`:;,, ;;, ;; \`' :|    ┌――――――――――――――――――――――――――― 
,,;:;/ミ_` :;,, ;;,, ; ::: :;;:ヽ |    | なかなかのびっくりニュースでしょう? ……誰だと思います?
/ミ_`,,;::;,, :;,, :;,: ;; :; ;: | |    └――――――――――――∨―――――――――――――― 
ミ_`:;,, :;,, :; ::;;、;;: ;: ; ;: | |               | |;:;: ;:;:;: ;: ;: ;: ;: ;: ;: ;:'iミ\;: ,,;: ,,;: ,,; :;
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'"^´''"''
          ( ( (    
          ) ) )    
            | ̄ ̄|    
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]         ・・・・
       ` ,;;从炎;火',人,      Α_Α              円 円  
         V/7Vヘ,ヘV      ( ・Д-)っ=           \・∀-;¥
      (:::)(:::)(:::)         ( つ▽/            G▽  つ=
      [二二二二二]       ノ ]つとゝ               (つ と )
17 32/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:48:48.02 ID:M2LMxGzxo




  ┌―――――― モーラル ――――――――――――――――――――――――
  | そうだな……海産村を追放された、“神殺し”の二つ名をもつ豪傑がいたな。
  |  なかなかの切れ者で、それ故に疎まれるところもあったと。 ――彼かい?
  └――――――――――――∨――――――――――――――――――――
                  ┌――――――――――――――――――――――
                  | 彼が牧畜村にたどり着いたのは事実ですが……
                  |   その彼も、見事に敗れて下についたそうです。 
                  └――――――――――――∨―――――――――

          ( ( (    
          ) ) )    
            | ̄ ̄|    
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]         ホウ
       ` ,;;从炎;火',人,      Α_Α              円 円  
         V/7Vヘ,ヘV      ( -∀・)             \∀・; ¥
      (:::)(:::)(:::)         ( つ▽)            G▽  つ=
      [二二二二二]       ノ ]つとゝ               (つ と )



.
18 33/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:49:27.12 ID:M2LMxGzxo



   ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
   | となると、もう心当たりがないな。降参だよ。教えてくれ、マニー。 .|
   └――――――――――――――――――――――――――――┘
                  ┌―――――――‐ナオ・ヨバァム.―――――――――――┐
                  | 彼ですよ。 ――大槍使いのモラシス。         |
                  |   ウララード様に敗れた、モランバーグの兄です。    |
                  └―――――――――――――――――――――――┘


      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                                 ;∧_∧;  
                 Α_Α         ;( Д il );⊃
                (   ∀)    ===(⌒)======'⌒)======
              ⊂ /    ]つ[二二二>;|;:;;:;;|:;:;:|; ̄    
                 く_,、_ゝ / // // / ;ノ;:;;:;:;|:;:;:ゝ;
            \从(__)ヽ__)//// ;(__,)__);    そ <二二二]== て
                    Yヽ

      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



                ┌――――――――――――――――――――――┐
                |   ああ、彼か。 ……なるほど。 彼なら納得だな。   |
                └――――――――――――――――――――――┘



.
19 34/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:49:53.17 ID:M2LMxGzxo




   ┌―――――――――――――――――――――――――┐
   | ……おや? 意外にも高評価ですね。               |
   |  彼のことを、忘れたような振る舞いもなされていたのに。 .|
   └―――――――――――――――――――――――――┘

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ヒイイイイッ!          後で褒美が届くと思うから
       \        /
                トラウマァァ             あと、君、良い身体してるねぇ。
           ∧_∧                    戦士を目指してみない?
          /( Д i|!/^つ          Α_Α
          ヽ:::::Y::::::::ノ           (・∀・ ,,) うん、そうだな。槍とか良さそうだ。
           |:::〈:::::::〈           と[  7 〉
           L::::\::::::>           く__,ノ、_」 
           L__L__つ         (_ノ 、__)

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

     ┌――――――――――――――――――――――――───――――┐
     | そのほうが、彼にとっては良いのではと――気を遣ってしまってね。     .|
     |    あの体格、あの向こうっ気。 間違いなく、“英雄”になれる才覚だ。  |
     └―――――――――――――――――――――――――――――――┘

                       ┌――――――――――――――┐
                       | ? ――それは、どういう…… . |
                       └――――――――――――――┘



.
20 35/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:50:52.83 ID:M2LMxGzxo




  ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  | つまり孤独――いや、なんでもない。 なんにせよ、彼は敗北を乗り越えた、というわけだ。
  |  私との決闘の時は実戦経験も少ないようだったから、その点を突けた。
  |    気迫と殺意とで一気に飲んで、そのまま奇襲で押し切るという手も有効だったが……
  └――――――――――――∨――――――――――――――――――――――――――
                  ┌―――――――――――――――――
                  | ──今ではそれは通じません、か?
                  └――――――――――――∨――――
          ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――
          | 無理だろうね。 “神殺し”を下したとなれば、手練との戦いにも慣れたのだろう。
          |  気迫で飲まれさえしなければ、あの体格だ。 私でも力負けは確実だよ。
          |   間合いも長い。 次に戦うとしたら――まぁ、久々に苦戦するかもしれない。
          └―――――――∨――――――――――――――――――――――――――
          ( ( (    
          ) ) )    
            | ̄ ̄|    
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]
       ` ,;;从炎;火',人,      Α_Α              円 円 ・・・・
         V/7Vヘ,ヘV      ( -∀・)っ=           \∀・; ¥
      (:::)(:::)(:::)         ( つ▽/            G▽  つ=
      [二二二二二]       ノ ]つとゝ               (つ と )



.
21 36/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:51:32.36 ID:M2LMxGzxo



   ┌―シャアム・ウリール..―― シャタッフ..―――――――――――――――――――――――┐
   |  まことの武勇をもつ戦士というのはね、一度も負けない男のことじゃあないんだ。 . |
   |  みじめな敗北、汚泥を噛むような屈辱。それを必死に乗り越えたものにこそ…… .|
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                        :.      .:     .:
                       .:::   :.  ::.  :.  :::.
                        ::::.   ..: ...::: ...::: ..:::   
                        ::::..  ::::....  :::::::...   .:
                     :.  ..::::: ::::::::::::.....:::::::::  :::.  
                     .:: ::::::....::::::::∧_∧::::::::......:::: 
             <二二[]========と[⌒(;::。::::::::;)、======== 
                      ::.:.. ::::::::::::::`l::::と[_:::::ノ_;:ィ::::
                     :::::::::::::::::::::ノ::::::/、 ...:::::::::ノ:::   
                      ::::::::::::::く;;;;;;;/ / ̄ヾ ̄:::
                        :::::::::〈_ノ 〈__〉::::::


   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


              ┌――― モララエル ――――――――――――┐
              | ――火と武の神は “ほんもの” をくれるんだ。 |
              └――――――――――――――――――――┘



.
23 37/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:52:24.35 ID:M2LMxGzxo







  ┌――――――――――― シャァム・シャタフ ―――――――――――――――――
  | ――おそらく今の彼は、“まことの戦士”だよ。 だから、いいかい?
  |  里の者を探りに出すにしろ、礼を失することはないように、よく言い含めてくれ。
  └――――――――――――∨―――――――――――――――――――――
                  ┌――――――――――――――――――――――――─――――
                  | 分かりました。――ほかならぬ、ウララード様の見立てですからね。
                  └――――――――――――∨―――――――――――――――─


          ( ( (    
          ) ) )    
            | ̄ ̄|    
       [:;:;:]ヽ_ノ[;:;;:]
       ` ,;;从炎;火',人,      Α_Α              円 円  
         V/7Vヘ,ヘV      ( -Д・)               \∀・; ¥
      (:::)(:::)(:::)         ( つ▽)            G▽  つ=
      [二二二二二]       ノ ]つとゝ               (つ と )
24 38/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:52:56.86 ID:M2LMxGzxo




    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | しかし楽しいな、 モランバーグといい、あるいはモララスター様といい。    |
    |  大族長の治世の下で埋もれていた人材が、徐々に芽を出している、か。 .|
    └――――――――――――――――――――――――――――――――┘


        ┌―――――――――――――――――――――――┐
        | ウララード様。 その、モランバーグの件ですが…… .|
        └―――――――――――――――――――――――┘


      ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
      | 駄目だ、マニー。 君は首邑での政治工作があるだろう?    |
      |   あの交渉には、私が直接出向くよ。 そのほうが話が早い。 |
      └―――――――――――――――――――――――――――┘


          ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
          | 弟君をはじめ、主戦派との折衝はほぼ終了していますっ!     |
          |  なにも貴方が自ら、罠の危険もある場所に足を運ばずとも―― .|
          └――――――――――――――――――――――――┌―――――┐
                                                | マニー。 .|
                                                └―――――┘




.
25 39/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:54:54.36 ID:M2LMxGzxo











     ┌――――――――――――――――――――――――――――――┐
     | なんというか、そうだな……父親というのはね。               |
     |   ――いつだって、息子の前では格好をつけたがるものなんだよ。  .|
     └――――――――――――――――――――――――――――――┘






                            ・

                            ・

                            ・



.
26 40/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:55:20.64 ID:M2LMxGzxo











        ┌―――――――――――――――――┐
        |  チェロキー文字ってご存知ですか?  .|
        └―――――――――――――――――┘



               ┌――――――――――――――――――――――┐
               |  チェロキー……? ううん、ぜんぜん知らないわ。 |
               └――――――――――――――――――――――┘











.
27 41/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:55:50.17 ID:M2LMxGzxo



   ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   |  アメリカ先住民族チェロキー族の話す、チェロキー語の文字体系です。       |
   |     チェロキー族のシクウォイヤという男性が、1821年にこれを完成させました。   |
   └―――――――――――――――――――――――――――――――――――┘

      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                        ∠ニニニニニヽ
                       {<辷三三0ニ}  
                       |/   _ノ  \ 
                       |   ( ー)( ー) 
                   .    |    (__人__)   ( ;;;;(
                        |     ` ⌒´ノ    ) ;;;;)
                   .     |         }   /;;/
                   .     ヽ        }    l;;,´
                         ヽ    ∩ ノ)━・'
                       /    / _ノ´
                       (.  \ / ./   │
                       \  “ /___|  | 
                     .    \/ ___ /

                   【チェロキーの賢人、シクウォイヤ】



      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
         | 彼は白人のラテン文字を参考にして、この文字体系を作ったのですが――    |
         |  特筆すべきは、1825年に、これがチェロキー族に公式採用されたことでしょう。 |
         └――――――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
28 42/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:56:37.21 ID:M2LMxGzxo



        ┌――――――――――――――――――――――――――
        | えっと、つまり――うわ、5年? 5年で定着したの? それ!
        └――――――――――――――――∨―――――――――
  ┌――――――――――――――――――――――――――――――――
  | はい。 一般への定着にはさらに年月を要しますが……
  |  浅く見聞きした実際の文字と、その運用だけで、彼はここに到達しました。
  └――――――∨―――――――――――――――――――――――――
               ┌―――――――――――――――――――――――――――
               | つまり、さっきまでやってたトークン云々、みたいな発達は……
               └――――――――――――∨――――――――――――――
   ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――
   | 『十分に発達した社会であれば』、一足飛びにスキップすることも可能――
   |  そういうことでしょう。 85字の音節文字(※)が5年で認められるのですから。
   └―――――∨――――――――――――――――――――――――――――


             γィソハ                    λ,,λ ハー
            川 ゚ -)                   彡д゚;ミ
          ノ  ]っ                   ミ   ミ
           く_iつ 0                    ミ つと ミ



                   ※……母音または、子音+母音をひとまとめとした文字のこと。
                          つまり、我々の用いる「ひらがな」「カタカナ」と同類。



.
29 43/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:57:03.60 ID:M2LMxGzxo





    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    |   とはいえ、アメリカ先住民族の社会形態は我々のイメージ以上に成熟しています。 .|
    | 私たちの知っている中で一番『進んでいる』モララー族でも、まだ彼ら以下でしょうね。 |
    └―――――――――――――――――――――――――――――――――――─┘


      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

              /\/\
            /\ 森 /\/\  /\/\/\                /\/\
         /\/\森森森森/\/\     /\/\           /\   /\/
          鉱山村マニール       i      森森/\/\    /\/\         
            ○  \   森    ヽ      /森森森/\/\/\森森森ヽ   |  /
                 \森森森   |___/       森森/\  森森森森森\ //
                   \森     |    新興村エイミル   /\森   森   森/
          牧畜村オオミミール )    /        ○       /\       /☆
              ○     (   首邑モラリエル             /\        /
                      \/    ○            森/\        |
         ー-、          |                 森/\           \
         ::::::::::ヽ        /                 森/\           )\
         ::::::::::::::i       i                森森森/\/\         /   \
         ::::::::::::/ 海産村モーラル         森森森森/\  /\      /
         :::::::::::i   ○     /      森森森森森森/\   /\     /
         :::::::::::ヽ___ /     森森森森森森森/\      /\   i
         ::::::::::::::::::::::::::::::::)        森森森森/\

      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


     ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     | ですから、最近はじまった遊牧で需要の発生しやすい『トークン』を一般に。  |
     | ジャス君などの特に意欲のある子には――そうですね、『アルファベット』を。 .|
     └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘



.
30 44/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:57:43.96 ID:M2LMxGzxo




  ┌―――――――――――――――――――――
  | 併行して流布していくのが妥当かと。
  |  一般向けと、専門職向け、といった感じですね。
  └――――――∨――――――――――――――
               ┌――――――――――――――――――――――
               | アルファベットにするのは何故かしら。
               |  ひらがなやカタカナって選択肢もあるわよね?
               └――――――――――――∨―――――――――
   ┌――――――――――――――――――――――――――――――
   | 理由はいくつか挙げられますが、まず一つ。
   |  26文字、小文字を含めても52字。文字数が少なく教育が容易です。
   └―――――∨――――――――――――――――――――――――


             γィソハ                    λ,,λ フムフム
            川 ゚ -)                   彡ー゚*ミ
          ノ  ]っ                   ミ   ミ
           く_iつ 0                    ミ つと ミ




.
31 45/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:58:19.89 ID:M2LMxGzxo



     ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
     | 第二に、アルファベットのもとになったフェニキア文字では、元が象形文字だったのか、    .|
     |  メジャーな単語の頭の音を一つの文字とし、さらに文字の形もその象形となっていました。  |
     └―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘


      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

          Aleph(=アレフ、牡牛を意味する)

              A A        ヽ     /
             ⊂ ・ ・ つ  →    ヽ――/
              ヽ ω /    →     |   |      →   ∀
              `ー'           `ー'


           さらに、 粘土板への筆記のしやすさ(=尖筆の運指の問題)から、


             \l
               |\
               |/   このような横倒しとなって完成。
             /l          (なおAAの都合で潰れ気味だが、もっと横に長い)


             のちに紙への筆記がメジャーになると再び横倒しに変化し、


                ∧
             / ̄ヽ   このようになる。


             これがつまり、ギリシャ語のΑ(アルファ)であり、英語のA(エー)


      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
         |  実はいま、これを参考に、ちょっとした文字教育法を考えていまして―― .|
         └――――――――――――――――――――――――――――――――┘
32 45/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:58:50.52 ID:M2LMxGzxo




      ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――┐
      | 私たち、幼い頃にアルファベットの歌とか、ドレミの歌とかを歌いましたよね。 . |
      └―――――――――――――――――――――――――――――――――┘

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


      【 母音の覚え歌 】 ――シオン作


           ア   アスク   ア                 O
           A は 人 の A 〜♪            大  →  A


           イ   イート   イ             /゚i
              I は 魚 の I 〜♪             !/   →  I
                                 ´`

           ウ   ウィージャ  ウ              {;:;} {;:;}
           U は 森 の U〜♪         l.l,.,.,|.| →   U

           エ   エルガ   エ             /|
           E は 狩人 の E〜♪       <|‐<―|‐ →  E
                                    \|

           オ   オカム   オ           〈ミ、
           O は 頭 の O〜♪        (-_-) →  O


                 さあ 歌いましょうー ( ドレミの歌のメロディで )

    ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


           ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
           |   あんな感じでメロディをつけて、普段使う言葉と文字の音を関連付け、       .|
           |    更に文字の形を単語と関連させることで、視覚的にも覚えやすくできます。   |
           └――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
                                                       コンナ風ニ




.
33 46/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:59:17.39 ID:M2LMxGzxo





  ┌―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  | こうすれば、子供たちは作業の合間に歌いながら記憶を補強できます。
  |  「人がいた♪ 魚を食べた♪ つぎは森♪ さあ狩りだ♪ 頭を狙えっ♪」みたいな、
  |   ストーリー仕立ての歌も別につくって、更に覚えやすさを補強することもできますね。
  └――――――∨――――――――――――――――――――――――――――――
               ┌―――――――――――――――――――――――――――――――
               | ……言語熟練者って何ができるんだろうと思ってけど、ごめん舐めてた。
               └――――――――――――∨――――――――――――――――――



             γィソハ                    λ,,λ コリャ凄イ
            川 ゚ -)                   彡д ;ミ
          ノ  ]っ                   ミ   ミ
           く_iつ 0                    ミ つと ミ
34 47/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 21:59:46.49 ID:M2LMxGzxo



       ┌――――――――――――――――――――――――┐
       | それと、アルファベットの利点はもう一つ。           |
       |   『異世界漂流者』に対する通じの良さがあります。   .|
       └――――――――――――――――――――――――┘
                                ┌――――――――┐
                                |  あ、なるほど。 |
                                └――――――――┘

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  
  ._                                                    ___
   ‐i    .                                            ___ ┌‐'' ̄
    ,|            . _,___-‐^ ̄`                 , -⊂ニノ´ \\'─i
  --'゙      _/'''‐i、 _, -‐⌒´        ̄⌒ー‐---、___,   i‐‐‐ー-、‐‐ー-、-、--┐ ̄   |_
        .匚__/フ'´               ____,,,__ノ ̄ .!、 ._,_      __ノ      〕_ノ⌒
      : l>_ノ ̄                〈゛ ´ ´     ´   \_     `\/'''\
      _/_, 、_____,.--、            ___フ ,=            |       _,ノ
  .    ,,,,,,-‐ 、 二!厂           _l  r イ             |     __/
     /    ´ `´ 、 .‐-y 、_      丿                   |___ (⌒'
     |        !ニ'´  \/`ヽ_厂                      [_∠_
     `'‐‐'っ    ___/       .t、 ィ┐                    ⌒` ._!'''''`'-.、
         l     !         ┴ ̄                       「、     ゙'''ッ
           l   r'゙           ,_/´ヽーヽ、                 ⌒\    ./
         ヽ_,_r'            ゙i ____   7                   _,!  __/゙゛
                         ̄  `ー‐'   ,〃                   ! /
                                ´                 :| /
                                                  `′
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


    ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
    | なんだかんだでラテン文字は、私たちの世界で最も普及した文字体系ですからね。 ..|
    |   たとえ私たちの死後に漂流者が来ても、アルファベットなら学習しやすいでしょう。  .|
    └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘
                        ┌―――――――――――――――――――┐
                        | ほんと、色々と考えてくれてるのねぇ……  |
                        └―――――――――――――――――――┘


.
35 48/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:00:53.02 ID:M2LMxGzxo





   ┌―――――――――――――――――
   | 私にできることといえば、これですから。
   └―――――∨―――――――――――


             γィソハ                    λ,,λ
            川 ゚ー)                   彡ー゚*ミ
          ノ  ]っ                   ミ   ミ
           く_iつ 0                    ミ つと ミ






.
36 50/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:01:43.02 ID:M2LMxGzxo







    ┌――――――――――――――――――――――――――――┐
    |  よーし、それじゃあ気合を入れて文字の普及といきましょうか! .|
    └――――――――――――――――――――――――――――┘




                    ┌―――――――――┐
                    | 頑張りましょうっ! |
                    └―――――――――┘
                                 ┌――――――┐
                                 |  おーっ!! |
                                 └――――――┘







.
37 51/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:02:09.28 ID:M2LMxGzxo






      ────────────────────────────────
      △▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
      ────────────────────────────────



             ――アト・アスキィで、文字の普及が開始されました!



      ────────────────────────────────
      △▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽△▽
      ────────────────────────────────




                            ・

                            ・

                            ・





.
38 52/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:02:49.72 ID:M2LMxGzxo






     ┌―――――――――――――――――――――――――――┐
     | アルツァモラ様――恐れながら、その、よろしいのですか?   .|
     |  兄君の継承を、このようにあっさりと認めてしまわれて――  |
     └―――――――――――――――――――――――――――┘



              ┌―――――――――――――――――――――┐
              | 良いのだ、今は行動すべき時ではない。      .|
              |   物事にはな、時期と順序というものがある。  |
              └―――――――――――――――――――――┘



                    ┌―――――――――――┐
                    |  と、言いますと――? |
                    └―――――――――――┘





.
39 53/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:03:15.47 ID:M2LMxGzxo




   ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   | ――その声望において随一の“偉大な戦士”が兄の後見につき、        |
   |   “混乱の収拾”という名分を掲げて、各村に帰順を呼びかけているのだ。 .|
   └――――――――――――――――――――――――────────┘



:::::::::::::::::::::::[ (本人不在で)確定した婚約 ]::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



      ∧_∧        ∧__∧   ∧∧    Α_Α         ΑΑ
      ( ∀  ) ――┬― ( ∀  )  (− )     ( ・∀- )―┬――(−゚*)
      大族長      |   その妻たち         ウララード |  エーゼリン
                  |                          |
                  |                          |
      ┌───―─┼─―───┐              |
                      _,,_              
   ∧_∧     ∧_,,,      (__)              ∧__∧
  (il Д )    ( ∀ )   Σ (;゚−゚)   ――――  (・∀・;)
   長男      二男       二女            養子
                      メルデリーナ       モランバーグ


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


          ┌―――――――――――――――――――――――┐
          | ……非の打ち所もないほど、ご立派な名目だ。     .|
          |   下手に反意を示せば、利敵行為の謗りを免れぬ。 .|
          └―――――――――――――――――――――――┘



.
40 54/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:03:41.40 ID:M2LMxGzxo




     ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
     |   また、先の戦で戦士たちにも傷を抱えたものが少なくない。       |
     |   戦から帰ったばかりで、厭戦気分を抱いている者も多いだろう。  |
     └―――――――――――――――――――――――――――――┘

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


                ∧
                   V
                   |i|              
      ∧_∧       |i| ∧_∧    ∧_∧      
     ( Д il)        G(Д  ;)    (Д <<  G      << ;) ___
     (  つ;|       |と    \    /    ヽ   \     G  G´|.XX|
      ヽ  J         |i| ヽ  ,  ヽ   し  ヽ  しし  ヽ      〉   .ヽ.XX|
        (__,ノ 、__)     |i| (__,/ ヽ__,)   (_,ヽ_(_)ヽ__,)   (_ヽ_) ̄
  "`"'"^´''"''"'"'^´''"''^´''"''"`"'`'''"^´''""'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""^´''"''"`"'


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


         ┌―――――――――――――――――――――――――――――┐
         |  この状況で事を起こしたとして、どれほどの味方が得られようか。 |
         └―――――――――――――――――――――――――――――┘



.
41 55/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:04:22.12 ID:M2LMxGzxo




;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;;: ;: ; : ;: ; : ;: ;: ; ;: ;                   ; : ;: ;: ; : ;: ; : ;: ;: ; ;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;: ;: ; : ;: ;: ;                                      : ;: ; : ;: ;: ; ;:;:;:;:



            ..∧_,,,                 ∧_∧... ナルホド…
              ...::(  Д)       ;;从`      (Д・; )::..
         ....::::/ミ三i∞    :  人 从   :     |っと ):::::..
      ........::::::::ノ;:;:;:;ゝつO   _、火;:;:;:;:;:人(      (つ と ):::::::.....
                      'ーニー''
42 56/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:05:13.47 ID:M2LMxGzxo






   ┌――――――――――――――――――――――――――――――――――――┐
   | あの二人の性格は知っている。合理的で穏健……友人としては得難い資質だが。  |
   |  戦好みの我ら武の民を御するとすれば、じきに「弱腰だ」と不満も沸き上がろう。  .|
   └――――――――――――――――――――――――――――――――――――┘




               ┌―――――――――――――――――――――――――┐
               |  事を起こすならば、その時――と。 そういうことですか。  |
               └―――――――――――――――――――――――――┘





          ┌――――――――――――――――――――――――――――――――┐
          |  ああ。 そして、そうならないうちは大人しく、一族のために尽くそうとも。   .|
          |    機が巡るまでは、幾年たりとて気長に待てばいい。 ――さてはて。  |
          └――――――――――――――――――――――――――――――――┘





.
43 57/60 ◆Civ.a/bGUo [sage] 2011/02/28(月) 22:05:40.96 ID:M2LMxGzxo










        ┌――――――――――――――――――――――――┐
        | 兄よ。 お手並み拝見といこうではないか、――なぁ? .|
        └――――――――――――――――――――――――┘








                            ・

                            ・

                            ・



.
44 58+59/60 ◆Civ.a/bGUo [[連結願います]saga] 2011/02/28(月) 22:06:16.42 ID:M2LMxGzxo


            ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..    ::::::::::::::::::::::::::::::::::);;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
        ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ⌒ヽ;;;;;ノ.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ノ:....     :.:.:::.:::.:::.::.::(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
   ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; (:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.;,:.:-‐:::':::::::::::::....       :::.:::.::.::ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
  ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;r‐、;;;;;;;;;;;;;;):.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.(    ::::::::::::::::::::::::::....      :::::::::`'''‐‐--''''つ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ:. ̄´:.:.:.(;;;;;;;;;;;;ノ:.:.:.:.:.:..:.:.:.:.:.:.:.)    :::::::::.:.:.:.:.:.:.:.:.:....       ::::.:::.:::.::(´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
/⌒''''´: :.:.:.:.   :.:.:.`'''''´ :.:.:.:.r'⌒ー-:.':..     :.:.:.:.:.::::::::::::::::::::....          :::::::ヽ、;;;;;;:::::-‐ 、;;;;;;;;;;;;
.  : : : :.:.:.:.   :.:.:.      :ノ.:.:.:.:.:. :.:.:.:.:.:.:..      ::::::::::::::::::::::::::::::::....        :::.:::.::.:::.:::.:::.:ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;
 . .  : : :,:,:.   :,:,:.       :..:.:.:.:.:.:.. :.:.:::::::::..      ::::::::::::::::::::::::::::::::::....           ::.::.::.:(;;;;;;;;;;;;:::-
 : . : : : : :.:.   :.:.:.       :.:.:.::::::::.. :::::::::::::..       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::....            :.:` ̄: : : :
: . . : : : : : :.   :.:.:.       ::::::::::::::.. :::::::::::::..       :.:.:.:.::::::::::::::::::::::::::::::....          : : : .
.  : . : : : : : :.   :.:.:.         :.:.:.:.:.:..:.. :.:.:.:.:.:.::..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:::::::::::....          :
    . : : : : : :.   :.:.:.         : : : : :::.. :::: : : : :..        :.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.::....
 .   . . : : :.   :.:.:.       _,,..、-‐‐ー- ..,,            : : : : : : : : : : : : : : .
  :  . : : : _,,. -ー 、_,,..、-‐''"´..:::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、         : . : : : : : : : : .
     _,,,,....:::''"´...::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::``::..  ....-ー- ....    .  :  . .   .
  _,,...,,_      """'' ‐ - ''''' """"´´      ``""''''  `:.... "´   ``
      │    │ ヽヽ   ────i          ′               `
    ─┼──┼─       │ /    ───i     
      │    │    ′ ..  │        |/     \\ / 
         /        . /         /  .        /          、
        /          /        /          /
              ′                丶
     ┌――――――――――――――――――――――
     | やあ、――久しぶりだね。 壮健そうで、何よりだ。
     └―――――――∨――――――――――――――
                    ┌―――――――――――――――――――――
                    | よう。 ――幸か不幸か、俺も悪運が強くてな。
                    └―――――――――∨―――――――――――
              Α_Α
              ( -∀・)
              /`ー勺 )
                =く_,、,ノヽ〉二〉        '""'          "''""`'"'"`"'"^´''"
    ,, ,,-‐'""`"''''`"'''(_)ヽ__,)                 
 `"'''"         "'"`"'"^´''"         '''"""'''"''"  ∧∧
                                  (д-,,)
                                      ∞[::::)
        ''"'"'^´''"''""^´''"-,,               ノ;;i;;;;;ゝ_     "'"`"'"^´''"
                   `'""                 ししi;:;::,;:i;;:〉
                              "'"`"'"^´''""'"`"'"^´''"


           ――久々に友人に会ったかのような、穏やかな再会の挨拶。



.
46 60/60 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 22:08:29.81 ID:M2LMxGzxo








        ┌――――――――――――――――┐
        |  さあて。 ――交渉を始めようか?  |
        └――――――――――――――――┘





                   ┌―――――――――――――――――――――┐
                   |  おう。 飲み物も用意してある、じっくりやろうや。 |
                   └―――――――――――――――――――――┘







               そうして、歴史は新たな局面へと動き出す――





                                                       ――つづく



.
47 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 22:09:09.03 ID:M2LMxGzxo


回━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━回
┠No. 33┘                   ・名前 ―{ シオン }
┃    γィソハ                ・年齢 ―{ 19歳 }
┃    川 ゚ -)                 ・性別 ―{ 女 }
┃   (  Y|                  ・技能 ―{ 言語知識、護身術。 }
┃   ノ__i_ゝ                ・所属 ―{ アト・アスキィ村 }
┃    し`J               ・備考 ―{ 『人工言語アルカ』方面の二次創作より参入 }
回━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━回
┠No.34┘                ・名前 ―{ アルツァモラ }
┃    ∧_,,,             ・年齢 ―{ 25歳 }
┃   (  Д )              ・性別 ―{ 男 }
┃   /ミ三i' )               ・技能 ―{ 武勇。戦術指揮。謀略。 }
┃  / ___,! |              ・所属 ―{ モララー族 }
┃  `ー'(_,)__,)               ・備考 ―{ モララー族、前大族長の次男。 }
回━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━回



それと、おまけが一つ。
48 ◆Civ.a/bGUo [saga] 2011/02/28(月) 22:13:05.41 ID:M2LMxGzxo


  【 シオンさんの言語史トリビア 】

      γィソハ
  ┌―川 ゚ -)――――――――――――――――――――――――――――
  |  ちなみに、よく記念樹なんかに使われる、セコイヤの樹ってありますよね。
  |   あれ、チェロキー文字発明者のシクウォイヤにちなんだ名前なんです。
  └――――――――――――――――――――――――――――――――
                                       日本ジャ コッチノガ 有名デスネ

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       !、.:::::::::....,,........::.......;;;;;;;;.........;;;;........::::::::::::::........;;;;.........;;;;;;;;.......::........,,....:::::::::. ノ
    (::::::::....;;;;.....:......   ::";;;;;;;;....::::.....::::!、........::........ ノ::::.....::::....;;;;;;;;゛::  ......:.....;;;;....::::::::)
     ノ:::::::::......... ,..::::.  ..........:::::::::.....:,',;;;;;;;;ヽヽ;;;;;;;;,',:.....:::::::::..........  .::::.., .........:::::::::ノ
      ソ ''r....:........::::....::....;;;;;;;;.;;;;........;;;;;;;;....::::..::::....;;;;;;;;........;;;;.;;;;;;;;....::....::::........:....r'' ソ
     jWw.....;;;;...........゙i゙''';:,ノ.y;wリ゙W゛jリ从jwwj从リj"W゙リw;y.ノ,:;'''゙/...........;;;;.....wWj
     ~''r::::::....;;;;;;;;;;;;;,.,!、i;:''::゙i........ト ;i:iii;::iii::iiiiii::;iii:i;wj从リjイ/::'':;iノ,.,;;;;;;;;;;;;;....::::::r''~
      ``Wj゙ハ'w,.......,,...゙i:;i::.゙゙ヽ(. | ..;;;ii;:''::;;:;;:;;::'':;ii;;;.. | .)ヾ゙.::i;:/...,,.......,w'バjW´`
         ソ:リハw;::;;;j;;;;wi゙i;iiii;:ソ,゙゙゙:;i;:゙゙゙゙::iiii::゙゙゙゙:;i;:゙゙゙,ソ:;iiii;/iw;;;;j;;;::;wハリ:ソ
           ``Wj゙ハ'w,゙i:i;;i ;;゙゙゙:;;;;::.;;::;;;::;;;::;;.::;;;;:゙゙゙;; i;;i:/,w'バjW´`
                  ゙i;ii:ii:;i::.゙;;゙゙..;i;::::;i;..゙゙;;゙.::i;:ii:ii;/
                  ''r゙゙゙''';:,;;.:;:.:;ii;;ii;:.:;:.;;,:;'''゙゙゙r''
                   |;;;;..:;;;::゙゙゙... :: ...゙゙゙::;;;:..ヾ|
                    |. :;ii;::.゙゙,゙゙::;ii;;ii;::゙゙,゙゙.::;ii;:.|
                   |.ii゙:;''゙;.:ii.;::;i_i;::;.ii:.; ヾii.;;|、
                   ,〉;.li;;;::.;ii;.. ; ;; ; ..;ii;.::;il.;|l
                   `l゙゙゙゙, ; i;,,;ii;;iiii;,,;i i;::゙゙,; ,゙〈
                   .ノ;;゙゙゙:;i;;;i::iii;;i;;i;;iii::i;;;i;:゙゙゙;;ヾ.
                ..,ヽ ;ヘ..::i;i;;;;;;iiノ;;ii;;ノiiii;;;;;;i;i::..ヘ; ヽ,..
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                                         λ,,λ
                                     ┌―彡o ゚*ミ――――――――――
                                     |  へぇ〜 へぇ〜 へぇ〜 (ry
                                     └――――――――――――――