『Wolf of the Battlefield』 〜two tribe〜

567 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 05:56:05.63 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       アト・アスキィ村にて異端の少年……いや、少女?
          性別不詳の子どもの名は「ツーベルト」。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


            『Wolf of the Battlefield』 〜two tribe〜

                     ∧∧
                          (゚∀゚*)
                     〈   〉
                     し`J__
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         フルネームで「ツーベルト=アヒャシュタイン」。
         アヒャシュタインとは彼の家系の総称である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
568 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 05:57:05.59 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 また、彼女の民族の名は「つー族」。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                ^'^
                                    ^'^
_______________________________ __ _ _ _ _ _
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l^l::::::rη:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:Я:.:`^~.:.:^´^.:R:R.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
二ニ==ー-...,,_: : : : : : : : : : : : : : :∧∧ _ ,, ...-==ニ三ニ=ー ∧∧ : : : : : : : : : : : : : : : : : _ ,.-==
  ,  '  ,  , ` ー-=ニ三二=(,,゚∀゚)‐ァ '     ∧∧ '  (∀゚ ,,)==ニ三三二ニ=‐ '´,  '  , '
,   '  ,    '  '  ,  '  /   「´         (゚*   )   |   〉  ,    '  '  ,  '  ,  '
  '  ,  '  ,     '   ∧∧ └/   |,  ,   '   |   ヽ  |   )  ,  '  ,   '  ,  ' 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        しかし、東方に位置するアヒャ族とは似ているが、別の系列になる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
569 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 05:57:51.43 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         アヒャシュタインの所属する民族は他の民族とは違う点が多い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                   ∧∧                        ∧∧
               ∧∧*゚∀゚)                 ∧,,∧   (゚∀゚*)
                (゚∀゚*)   ヽ                 (,,゚∀゚)')|二>  .〉
                 〉   〉   |_)]二二>     <二|と   ノ   |   )〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          彼らには独特の技術を持ち、独自の文化を構成していった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
570 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 05:58:18.60 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 そして、彼らには致命的な欠点があった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                   ちょっと族長、まじやべぇーんですって!

                              そうッスよ、アヒャルさん!
 んで、次は何用よ?
      大体分かるけどよ
    ∧,,∧
     (;゚∀゚)             ∧∧
    ,ノ `∽)              (;   )     ∧∧ .∧∧
   (  `ヽヽ            と  ヽノ   (;  )(;  )
 「三三し'し'三|            〉  )    〈    〉   .〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               それは、常に民族の存続を危うくしている問題だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
571 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 05:59:00.73 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               そう、彼らは狩りが途方もなく苦手だったのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  狩りシーズンのラストチャンスを逃しました!
                    結局、今年は一度しか成功しませんでした!

 今年の冬は何人生き残れるかなー?

                                 また人肉ステーキかなぁ?

       ∧,,∧                ∧∧               あれはトラウマだって…
         (゚∀゚,,)               (∀゚;)')          ∧∧    ∧∧
       (∽´ 〉              と   ノ          (*゚∀゚)   (∀-i|!)
          |   )〜                |   )〜         〈    〉    〉   〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   常に食料に危機に晒され、冬の時期に飢餓者が出るなんて彼らにとっては当然のこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
572 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 05:59:39.06 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            そんな彼らが飢えを凌ぐための方法は限られている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   まあ、そんなことも言ってらんねーし
      また身体を売りに行こうぜ

                                 えぇ〜〜っ!?


       ∧,,∧                ∧∧
         (,,゚∀゚)               (∀-;)          ∧∧    ∧∧
       (∽´ 〉                |   ヽ          (゚∀゚;)   (∀゚;)
          |   )〜                しし  )〜        〈    〉    〉  〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              その中でも彼らがよく取った方法は恭順だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
573 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:00:08.34 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            さて、ここで彼らの文化について少し語らせて頂こう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【アヒャル=シングルライブ】     【ツ=フサ】
                                【ツージェイ=レストラン】

                                          【ツード=アソーボゥ】

       ∧,,∧                ∧∧
         (,,゚∀゚)               (∀-;)          ∧∧    ∧∧
       (∽´ 〉                |   ヽ          (゚∀゚;)   (∀゚;)
          |   )〜                しし  )〜        〈    〉    〉  〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  彼らは家系というものを重んじる傾向にあり、家系にはそれぞれ姓が与えられている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
574 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:00:43.13 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                では、何故、彼らは姓を付けるのだろうか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


       /  ̄ ̄ ̄\
     /  \ /  \      ラストミステリー! 不思議、発見!
    /   ⌒   ⌒   \
    |    (__人__)     |
    \    ` ⌒´    /   ☆
    /ヽ、--ー、__,-‐´ \─/
   / >   ヽ▼●▼<\  ||ー、.
  / ヽ、   \ i |。| |/  ヽ (ニ、`ヽ.
 .l   ヽ     l |。| | r-、y `ニ  ノ \
 l     |    |ー─ |  ̄ l   `~ヽ_ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           その問題は、彼らに根付いた風習を知ることで解決される。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
575 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:01:12.30 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             彼らは自分の苦手なことは他の得意な者に任せ、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      ちょっくら、木を伐採してくんねーか?

                        いいよー、代わりに壷作ってくれない?
             おう、任せろ

                   ∧∧
                 (*゚∀゚)')             ∧∧
                 と   ノ           (*   )
                〜(  、ノ            と   ヽ
              【技能:工作】        【技能:伐採】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      自分は自分の得意なことをするという考えが他の民族よりも強く根付いている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
576 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:01:41.92 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           自分の出来ることを伸ばし、自分の持てる技術を昇華させる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                     ♪
                                     /
                            ♪   O ∧∧ O
                                 \ |l(*゚∀゚) ノノ ♪
           コネコネ                     O    O/
              ∧∧              {三三}  {三三}
            O(゚∀゚;)               ↑    ↑
             ノ⌒ヽとヽ          どこからどう見ても太鼓
      粘土 → (:::::...:.:.と )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              つー族とは、そういう職人気質の多い民族なのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
577 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:02:11.70 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       そんな彼らの技術継承方法は自分の子どもに伝えるという手段であり、
             他の家系の子に伝えたりするという習慣がない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

       いいか、ここはこうしてだな……

                              ヒャーン…粘土嫌いニャーン…

       この家に産まれたことを憎むんだな

                     ∧∧
                   O(*゚∀゚)      ∧∧
                    ノ⌒ヽとヽ     (゚∀゚*)
             粘土 → (:::::...:.:.と )    cu uo)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      つまり、「木こり」の子は「木こり」になり、「陶芸家」の子は「陶芸家」になる。
         子が親の技術を継承するのは風習であり、義務化されている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
578 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:02:41.66 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            その徹底ぶりは族長の立場にまで行き届いており、
        族長は従来、能力に関わらずに同じ家系の子と定められている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                          ∧∧
                          (*゚∀゚)
                 【初代族長:エムエフ=シングルライブ】
                           |
                           子
                           ↓
                           ∧∧
                          (,,゚∀゚)
               【二代目族長:バイモナ=シングルライブ】
                           |
                           子
                           ↓
                          ∧,,∧
                           (,,゚∀゚)
                              〈   〉
                          〜(   |
                           し´J
               【三代目族長:アヒャル=シングルライブ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       この場合だと、族長の座に着くのは「シングルライブ家」ということになる。
     とまあ、家系を重要視するため、彼らには「姓」という概念が埋めつけられている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
579 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:03:11.68 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         話を戻すが、そんな彼らが苦手な狩りを自身の手で行おうとはせず、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                   
            ほら、さっさと行くべ
                           
                ∧,,∧           あの人、人使い荒いからなー
                (゚∀゚,,)        ∧∧
                  〈   〉         (゚∀゚;)
                 |   )〜        〈    〉
W从WwWW从wWW从wWW从WW从WW从WW从WW从WW从W从WW从WW从wW从Ww从
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 他に狩りの得意な部族の元に食料を分けて貰いに行くのは当然の流れだったのかもしれない
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
580 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:03:41.38 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              そして、その取引相手というのが「モララー族」だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |                          |                          |
┌┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―




|          おいおい、またかよ…
|                        俺たちが致命的に狩りが
|                           苦手なのは知ってるだろ?
|   ____ ∧_∧_
|  @;: ;,.;;::;:::( ; ∀ );:;:)                ∧∧    ∧∧
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                  (゚,,   )')   (-; .)
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                 と   ノ    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       当時はモララー族は銅の力を手に入れたばかりで、敵も多い時期だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
581 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:04:11.62 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         しかし、戦争続きのモララー族もまた、食糧難に悩まされている時。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                          また、仕事頑張るからさ

     いや、でもなぁ……うーん……
                                   まじ、頑張りますので

                                 ∧,,∧   ∧∧
             ∧_∧               (゚∀゚,,)  (゚∀゚;)
             (   ;)              と    〉  〈   .〉
             ノ    `)                |   )〜 |   )〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              「はい、分かりました」とは、直ぐに言い切れない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
582 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:04:42.15 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   しかし、無下に断る訳にもいかない事情がモララー族……いや、大族長にはあった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |                          |                          |
┌┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―







|   ____ ∧_∧_
|  @;: ;,.;;::;:::( ; ∀ );:;:)                   ∧,,∧    ∧∧
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                  (゚,,   )')   (-; .)
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                 と   ノ    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      「モララー族」と「つー族」との当時の事情とやらを簡単に説明させてもらおう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
583 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:05:11.48 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           まず、一つ目に上げられるのが つー族の献身っぷりだ。
         彼らは言われた仕事に対して、文句を言わずに淡々とこなしてきた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


    いやぁ、本当に助かるよ
                                |ヽ
             ∧_∧         ∧∧| l|_ こっちも喰っていくためだから
             ( ; ∀ )   ,. ., __  (。 。*)')´    気にしなくてもいいぜ
            と   Y つ  〈゚x ゚::j´:O-、_ノ
=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||
  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||
W从W从"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'"^´''"'"^´'''"`"'"^´''"''"'"'^´' ^´''"''"'"'^´' ^´''"''"'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       また、それに関しての専門職の者が足を運ぶため、仕事の効率もよく、
          モララー族の つー族に対する心象は良いものとなっている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
584 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:05:42.49 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       そんなつ族の要求を容易くはね除けることは大族長の立場に関わる。
        もしかしたら、やけになった彼らが敵に回ることになるかもしれない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                        ああ、そうだ。羊毛分けてくれよ
                          今年の冬を越すには、少し不足してんだ

それじゃ、羊毛はいくつかやるから服作ってくれよ。
      つー族の服は好評なんだ
                                |ヽ   おっけー、了解したぜ
             ∧_∧         ∧∧| l|_
             ( ,, ∀ )   ,. ., __  (∀゚ *)')´
             ノ  `∽)    〈゚x ゚::j´:O-、_ノ_
=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||=||
  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||  ||
W从W从"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'"^´''"'"^´'''"`"'"^´''"''"'"'^´' ^´''"''"'"'^´' ^´''"''"'
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       戦うだけならば、狩りもままならない つー族なんぞ相手にならないのだが、
      深い交流を続けてきた つー族との戦争は士気の低下に繋がるのが問題だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
585 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:06:11.50 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      二つ目の問題として、上げられるのがモララー族に存在する平和主義者だ。
          この問題は一つ目の問題と内容が少しばかり被ることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                       同じ人じゃないか! 争う理由なんてないよ!
                        手を取り合って分かり合おうじゃないか!

       どうして戦争なんてするんだい?
            悲しいだけだよ!        一方的に蹂躙するだなんて可哀想!
                                  人を殺すだなんて可哀想!

                   私たちは平和を愛してます!
               \                    /
                                 (\_/)
                     ∧_∧    ( ,, ∀ )
                     (::∀:::::;;) ∧_∧ `∽)
                     (∽´  〉 (;;:::∀:::;;) l  〉
                   【平和主義勢力、代表者一同】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         彼らは戦争反対派であり、戦争で疲弊しきったモララー族を扇動し、
            大族長の座を引きずり降ろそうと今か今かと企んでいる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
586 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:06:42.19 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            もし、つー族を少しでも見限る様な素振りでもしてみせて、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |                          |                          |
┌┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―






|            はぁ……
|   ____  /l  _
|  @;: ;,.;;::;:::( ; _  _>;:)                  ∧,,∧    ∧∧
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                  (゚,,   )')   (-; .)
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                 と   ノ    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            彼らが発起して、ややこしいことになるのは勘弁だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
587 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:07:11.69 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      そして、三つ目の問題。 これが大族長を悩ます、最大の要因とも言える。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





                                 ∧∧
                          ∧,,∧ (;゚∀)
                            (,゚∀゚,)〈   |
                         と    つ  .|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        その問題とは、つー族が『銅の存在と在処』を知っていることだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
588 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:07:41.93 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
             元より、銅の元になる鉱石を持ってきたのはつー族だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

                          なぁなぁ、こんなん見つけたんだけど、
                            そっちで加工したりとか出来ないかな?
         いきなり渡されてもなぁ
                            俺たちの技術じゃ無理そうだから頼むよ
      ……まあ、やるだけやってやるか

                 ∧_∧           ∧,,∧
               (; ∀ )           (゚,,   )
               ノ つ銅O          と    ヽ
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    彼らはその鉱石を自分の手で加工が出来ず、モララー族に持ち寄ってきたのだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
589 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:08:11.59 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           そして、銅鉱石が最も採れる鉱脈は つー族の縄張りにあり、
            今でも彼らは銅鉱石を交渉材料に持ってくることがある。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
、: : : : : ;_;_;_;/: : : : : : : : : :{: : : :/: : : : : :ト- 、: : : :/L: : : : : : : : :/: : : : : :|: \: :|: : : :.\
: \/´: : : :\: : : : : : : : :.`Y´: : : : : : :;/ : : : :\/: :.ヽ; : : : : : : |: : : : : :/ : : :∨: : : : : /
: : /: : :-‐ : : ∠二>、: : : : :;} : -、: : : 八: : -‐' :1: : : : \ー-、/: : : :;/: : : : : ;〉: :-―|
-┴‐- 、_;_;_/: : : : : ;_;_ゝ- く: : : : : :.;ァー'-- 、: ;〈: : : -=: :{: : : :|-‐ ''"\ : r‐ '"\ー: : :|
: : : : :;/:〉: :.ヽr――|:_;;...-┴-‐ ''":::::::::::::::::└‐'-、_;_;_;_;_;〉: ;ノ: : : : : : :〉┤: :、: :;/\r勹
: :_; -:.V: : : /:.:.:.:.;/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ̄\: : : :;/: : :\_/|_;_;」-〈_
;_;_;_;_; ' -‐ ''"7´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ー┴-、_; : /: :./|: : : : : :.ヽ
: : : : \: : :、:.:.:{:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: }': : /:.:|_;_; : : : : :}
: : :_; : :ノ: := :Y´::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: rァ'、: :〈:;rイ: : `ー‐く
―‐-く : : : :/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/: : : :ヽノ∨: : ‐-: : :_;〉
: : : : : :.\:《:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::〈: : : : : :|: : :\: : :∧∧
: : : -、 : :|:.:ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r1: : : ;ノ: : : : :/|: (*゚∀゚)')
\: : : : :/:.:.:.:;〉:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::, イ : :\:.:{: : : : : | と   ノ
. : ;〉-‐ ' '"∨ー- 、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::_,,.. .-‐'".:/. : : : :;|/ヽ、_;/ 〜(  _つ
レ'.: : : : : :〈: : : : 、;〉::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r-―<´: : : : : : ;/. : -: : ;八: : :.\: : : : :\_)
゙"゙"゙"゙'"゙"゙"゙"゙"゙''"゙"゙"゙"゙"゙'"゙"゙"゙''"゙"゙"゙"゙'""゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙"゙'"゙"゙"゙"゙"゙"゙'"゙""゙'''"゙"゙"゙"゙"
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       彼らは銅鉱石の使い方が分からずとも、銅鉱石の価値を知っているのだ。
  その銅鉱石を使って、他の部族との交渉材料に使われるのが最も恐れるべきことだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
590 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:08:41.87 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    細々とした内容はともかく、大族長は三つの大きな問題により決断を下せずに居た。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |                          |                          |
┌┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―







|   ____  /l  _
|  @;: ;,.;;::;:::( ; _  _>;:)                  ∧,,∧    ∧∧
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                  (゚,,   )')   (-; .)
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                 と   ノ    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          食糧難の今、つー族はモララー族にとってお荷物でしか無い。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
591 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:09:11.49 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           しかし、複数の集落を纏め上げる地位まで上り詰めた大族長。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  |                          |                          |
┌┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―=―=―=┴=―=―=―=―


|          l  /
|       \     /
|         (⌒)
|          {ミ}  ぺかーっ!

|   ____ .∧_∧_
|  @;: ;,.;;::;:::( * ∀ );:)                   ∧,,∧    ∧∧
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                  (゚,,   )')   (-; .)
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                 と   ノ    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               三つの問題を同時に解決する策を思いつく。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
592 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:09:41.40 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                大族長は真実にほんの少しの嘘を混ぜた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ┌────────────────────┐
 |      今、私たちは凄く困っているんだ.      |
 |  君達もそうだろうが、私たちも食糧難でね.   |
 └─────∨──────────────┘──────────┐
                 |     その原因は戦争によるものなんだが……    |
                 |    まあ、それだけでは本来、問題にはならない     |
                 └─────/─────────────────┘



|   ____ .∧_∧_
|  @;: ;,.;;::;:::( ; ∀ )');:)                  ∧,,∧     ∧∧
|    ̄|;:;| ̄と    ノ                  (゚,,   )    (゚*  )
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,               〈    〉    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ┌─────∧───────────────────────┐
  |     問題にしているのは、恥ずかしながら我が部族の者でね    .|
  |     ただでさえ少ない物資を横領している者達がいるんだ      |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      食糧難は戦争によるものだけだ、相手の物資を奪うことで精算を立てている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
593 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:10:11.36 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  彼らを騙すために、貶めるために
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ┌─────────────────────────┐
          |  本当なら、今すぐに押し寄って退治してやりたいのだが、  |
          |      あいつらの下には厄介なのが居てな……       |
          └──────────────┬                    ┴───────┐
                                        |   私が直接、 手を下すことは難しい……. |
┌───────────────────└──────────────────┘
|  そこで. つー族の手を借りたい……いや、貸してくれ |
└───────────────────────┘───────────┐
                        |   君達の中に毒の調合が上手い者が居ただろう?  |
                        |    確か、『アヒャシュタイン』と言ったかな?        |
              ┌────└───────────────────────┘
              |    彼にしかできない、つー族の者にしかできない    .|
              | 無味無臭に近い、とっておきの毒を用意してくれないか?|
              └────────────────────────┘

                     ∧,,∧           ∧∧
                       (,゚∀゚,)          (゚∀゚;)
                   〈   |          |   〉
                    〜(   |          |   )〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       嘘に真実を被せて、効率的な問題の解決に向けて、大族長は騙り続ける。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
594 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:10:41.76 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          そんな大族長の心理を知らずに、快諾するつー族の族長。
         彼が族長として優秀な面があるとするならば、人柄の良さだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                          ┌───────────────────┐
                          |   なんだ、そんなことか。 任せてくれ    |
                          |    .用意するだけで良いんだよな?       |
┌────────────└─────────∨─────────┘
|    ああ、後はこちらでやろう    |
|        任せて欲しい.        |
└───────∨────────┘
|    ( 一時的に食料を預けるだけならば、問題ない )
|             o
|            。
|   ____ .∧_∧__
|  @;: ;,.;;::;:::( ,, ∀ );:)                   ∧,,∧     ∧∧
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  つO                  (-,,  )    (゚;  )
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,              と,   〉    〈   〉
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                 | '〜    |  '〜
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|             し`J     し`J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         彼の人柄のおかげでモララー族とつー族は交流を持ち始めた。
           今回はそれが致命的な程に裏目に出たということだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
595 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:11:11.70 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  それから数日後、平和主義勢力の代表、三人の内の二人が血を吐いて死ぬことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                                          ∧_∧, ' ;:, .
                                          (i|!  Д ;: * ;:
                                         と   (^ソ
                                        _(  ⌒)⌒) ..
         \、;:ノし;l\_:.:lヽ                   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          `):;:*;:(i|!    )')
         /;:Y;::::;と    ノ :.
            . ..: .〈     \
            .. :..:.:└一'\_〉
              .:.: .: .: .: .: .: .: :.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    当然の様に彼らの近くには『つー族にしか調合が出来ない毒薬』が転がっていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
596 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:11:41.38 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        残り一人の平和主義勢力代表である「オオミミール族長・プランプ」は、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                  君、新しい料理人?
                そ、そうなんですよ!
                  先日入ったばかりでして……
                 )                    ふーん…
                 (  (     ∧_∧      ∧,,∧
                 ) ) )   ( ; ∀ )     (∀・,,)
                   | ̄ ̄|  と    つ      〈\   〉
────────────────────────────────────────

  ここじゃ、料理人が最初に食べることになってんだ
    やっぱ、苦労した人が最初に食べなきゃな
                                    ほら、遠慮するなよ
                                       良いから食べろよ。
                       ヒィィィィィィィィッ!
                 (\_/)                 ∧,,∧
               (   .,,・)     ∧_∧       (・,,  )
               ノ    つ▽   (i|! Д )      ▽と   〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               側近の手助けもあり、難を逃れることとなる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
597 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:12:11.45 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               さて、この時に大族長の手の者は捕まってしまい、
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

     大族長も何を血迷ったか知らないが、
       これで蹴落としやすくなったな

                     色々と吐いてくれたから命だけは助けてあげるよ
                           命だけはね〜、ギュッと

               (\_/)        ∧,,∧
              (∀- * )     O(,,-∀∧_∧
                 〉Y  .〉      \ \(; Д )
              〈  l   |      く_Gミ三三彡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              その全てが二人に露見することになるのだが……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
598 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:12:41.97 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      大族長の手はプランプにとって想像以上に深い所にまで忍び寄っていた。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                                                        \
                               つー族の反乱! つー族の反乱也ー!
                                                        /
            えっ?
                           はい?
               (\_/)        ∧,,∧
              (∀・ ; )     O(;・∀∧_∧
                 〉Y  .〉      \ \(; Д )
              〈  l   |      く_Gミ三三彡
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            そのことに気付いたのは、もう全てが手遅れになった後だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
599 モランバーグの人 [sage sagaアルツァモラの貴重な三文芝居] 2011/03/19(土) 06:13:11.45 ID:3RcDA0Rl0

                  ┌────────────────────────┐
                  |  つー族の毒によって、 権力者の二人が殺されました! !
                  |      これは明確な敵意を持った反逆行為!         |
  ┌───────└────────────────────∨───┘
  | 畜生め! あいつら、あんな人の良さそうな顔をしておきながら! |
  |     今までの恩義を忘れたのか! あんの狂人どもめ!!.     |
  └─────────────────────\──────┘────────┐
                    | 尚、モララー族の中にも内通者がいるとの話が上がっており…… .|
                    |        おーっとっとぉッ! そやつは誰ですか!?        .|
                    |     まさかまさかの内通者でございまするかァーッ!!?      |
                    └────────────────────∨───────┘


                                              ズカズカズカズカ!
                 (\_/)        ∧,,∧              ∧_,,,, 三
              (;・∀・)     O(;・∀∧_∧          (Д  ; )
                 〉Y  .〉      \ \(; Д )          |     ヽ 三
              〈  l   |      く_Gミ三三彡         ==[G二二二二)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                     あまりに早すぎる情報伝達。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
600 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:13:41.48 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                大族長の手はあまりに早く、用意周到だった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                         ┌─────────────────┐
                         |    モララー族の恥知らずめ!!    |
                         └────────∨────────┘

                               ザシュッ

                 (\_/)        ∧,,∧        ∧_,,,,
              (;・∀・)     O(;・∀∧_∧   (Д  # )
                 〉Y  .〉      \<(; ;:二二二[と[´   〉
              〈  l   |      く_Gミ三三彡     Y   人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         大族長に対する恐怖はプランプの胸に深く埋め付けられることになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
601 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:14:13.48 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          これを機に対つー族感情は高まり、戦争に向けて一気に加速する。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  裏切り者は討ち取った! 我ら武の民に対して、毒を使う残虐外道!
    断じて許されることではない! 我らの武と剣を持ってして、誅してやるぞ!

                 ∧_∧
大人しくするしか      ( ;:; ;!|i)
  ねぇーよなぁ……    / /;' ;           うおおおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおぉぉお!!
           ∧_,,,,. / / ,
\_/)     (   #)')`   ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
    ;)      と    ノ ;  ( Д #( Д #( Д #( Д #( Д #( Д #( Д #( Д #
────────────────────────────────────────

|           ここまで上手く行くと逆に怖いなぁ

|   ____ .∧_∧_
|  @;: ;,.;;::;:::( ,, ∀ );:)
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    プランプも大族長の作り出した流れに逆らえず、暫しの間、忠実を誓うことになる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
602 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:14:41.92 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         銅の有無のこともあるが、元々戦争慣れをしていないつー族は
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

|                                                     \
|                            おい、侵入者だ! そっちに行ったぞ!
|            l /                                       /
|   ____ .∧_∧ -                                            \
|  @;: ;,.;;::;:::( ,, ∀ );:)                      邪魔なんだよ! 話をさせろ!
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                                           /
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  戦で鍛えられたモララー族に敵うべくもなく、大した抵抗も出来ずに蹂躙されることとなる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
603 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:15:11.41 ID:3RcDA0Rl0

                            ┌─────────────────────┐
                            |  やぁーっと辿り着いたぜ! 大族長さんよ!.   |
┌─────────────└──────────∨──────────┘
|   やあ、遠路はるばるご苦労だな     .|
|        「裏切り者」よ          |
└───────∨──────────┘───────────────┐
                                  |     裏切り者はてめぇーの方だろ!  .|
  ┌───────────────└────────∨────────┘
  |       私は酷く心を痛めているのだよ.           |
  | モララー族と つー族の仲は偽りのものだったとは……   |
  └──────∨─────────────────┘──────┐
                                          |    てめ……っ!!     |
|                                        └────∨──────┘



|   ____ .∧_∧
|  @;: ;,.;;::;:::( ,, ∀ );:)                     ∧,,∧  ダッ          ∧_
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                      (∀゚ #)             (Д  ;
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                  と   つ            と´
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                   〈_  \〜           〈_
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                    `\_,)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
604 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:15:43.01 ID:3RcDA0Rl0

                                        ┌─────────────────┐
                                        |     大族長、大丈夫ですか!?   |
  ┌──────────────────└────────────∨────┘
  | ああ、大丈夫だ。それよりも警備体制に問題があるようだな  |
  |     子ネズミ一匹をここまで通してしまうとはな.          |
  └──────∨───────────────────┘──────────┐
                                                  |    す、すみません…….   |
┌───────────────────┐        └────────∨────┘
|  まあいい、せっかくここまで来てくれたんだ  |
|      話くらいしてやってもいい        .|
└───────∨───────────┘      ┌──────────────┐
                                                | そんな! 相手は狂人ですよ!.|
      ┌─────────────────┐    └────────∨─────┘
      | 彼らは私たちの親しき友人だったんだ .|
      |  最後まで礼を尽くしてやりたいのさ.   !
|    └────∨────────────┘



|   ____ .∧_∧                       チッ、もう来たか
|  @;: ;,.;;::;:::( ,, ∀ );:)                     ∧,,∧            ∧_∧ はぁっ
|    ̄|;:;| ̄ ,ノ  `∽)                      (#゚∀)          (Д  ;)  はぁっ
|  ミ彡""""(   `ヽ`ヽ"ミ,._.,                  /  G)          | Y , ヽ
|  ミ彡彡,..,_,..,`L_)_),_,_.ミ                    (_|   )〜  <二二二[GO   )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|                  し\_)            (_/_〉
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
605 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:16:11.40 ID:3RcDA0Rl0

            ┌────────────────────┐
            |  おいおい、今更言うことかいて友人ってか! .!
            |      ふざけんなよ! てめぇーッ!!      |
┌─────└──────────∨─────────┘
|       それが君たちの本性か         |
| 口調が粗暴な輩のそれになっているぞ !
└───────∨─────────┘──────────────┐
                        | おいおいおいおい! 粗暴はそっちだろうが!|
                        |    俺たちの信頼を裏切りおってよぉッ!!  |
┌───────────└───────/────────────┘
|       狡猾と言って欲しいな.。       |
|  まあ、モララー族にも色々とあってね。 .|
|  そうならざる得なかったのは認めよう  |
└───────∨──────────┘

     すくっ
         ∧_∧
         (   ,, )          ∧,,∧       ∧_∧
         〈     〉          (゚∀゚#)      ( Д ;)
       (二二|  〉  〉          o  o ヽ      〈 Y   ]つ]二二二>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
606 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:16:41.08 ID:3RcDA0Rl0


     ボソッ────────────────────┐
      |  そういえば、君は武器は持ってきたのかね?  |
      └───────────∨─────────┘────────────────┐
                          |         あぁん? 持ってきてる訳ねーだろ             |
                          | 俺は話し合いに来たんだよ。こんな馬鹿げた攻撃を止めろってな .!
          ┌─────────────┐────/─────────────────┘
          |   そいつはいけないなぁ    .|
          └──────\──────┘



       スタ スタ スタ スタ
                       ∧_∧∧,,∧                ?
                       ( ,,  ∀(∀-#)              ∧_∧
                       ((( 〈    と,   〉             ( Д ;)
                     (二人  Y]G|   )〜             〈 Y   〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
607 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:17:11.63 ID:3RcDA0Rl0





       ボソッ────────────────────┐
        |   貸してあげよう、君達、つー族のお手製だ   |
        └───────────∨─────────┘


                    スッ          ザシュッ!
                       ∧_∧∧,,∧ ,                、从/
                       ( ,,  ∀(∀ i|!,; ' ,; ;            ∧_∧
                          O<二|と,  l二二>            ( Д ;)
                       (二人  Y  |   )〜 "            〈 Y   〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
608 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:18:13.99 ID:3RcDA0Rl0




        ┌───────────────────┐
        | ち、畜生! ナイフを隠し持ってやがった! .!
        └──────────∨────────┘



                       ∧_∧        ぐらっ
                       ( Д  ;)       /l           ∧_∧
                       |メと[__ノ      ( ^;, i|!>        ( Д ; )
                       rし   ヽ ==[]二};:と ノ二>       と[ と[  ヽ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
609 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:18:44.71 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   この襲撃事件が火に油を注ぐ結果となり、更に一方的な蹂躙は更に過激なものとなる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
  <                                     >
  <   情けをかけてやろうと思ってやったのに……ッ!!  .>
  <  もう揺るさん! 殺せ! 一人残らず殺し尽くせ!!  >
  <                                     >
    ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
                     <                                  >
                     <  こんな狂った奴らに生きる権利なんて無いッ!!  >
                     <                                  >
                        /l ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
                      ('(∀;,i|!>;, ,';
                   =[]二二};;, つ;:*て
                     と__,つ;,;,;Y`

  ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
<                                      >
<  女子ども、残らずに全員だ! 匿った奴も処罰するぞ!   >
<                                      >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              こうして、つー族は歴史から姿を消すこととなった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
610 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:19:11.51 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               それからの惨状はそれはもう酷いもので……
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                                               ____
                                                 (二二二二)
                                              /     ヽ
                           お前だけは同情できねーなぁ {=========}
        ブチィッ                                   ヽ___,.ノ__
         ∧_∧<@;; ';     ∧_∧          ∧_∧       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (   #)')  ';,     ( ∀ *) = パンパン! (#    )
         と    ノ   .:'   = /、 / ,ヽ ≡        〈     〉
         /    ヽ  '   ,.,.∧⌒(_ノ。゚ ) =       〈  〈  |
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        薬を調合した、アヒャシュタイン家は目もあてられないほどのものだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
611 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:19:42.95 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     親のおかげで一人、難を逃れることの出来た「ツーベルト=アヒャシュタイン」。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                              薬となる葉とかを一緒に詰め込んで隠している
                                               ↓
                                             ____
                                               (二二二二)
                                            /;::;∧∧;:;:ヽ
                                            {;:;:(゚∀゚*);:;:;}
                                            ヽc uu o):;:ノ__
         ∧_∧<@;; ';     ∧_∧          ∧_∧      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         (   #)')  ';,     ( ∀ *) = パンパン! (#    )
         と    ノ   .:'   = /、 / ,ヽ ≡        〈     〉
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   母親の悲鳴と、何も言わなくなった父の声に彼(彼女)は何を思っていたのだろうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
612 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:20:11.84 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            しかし、感情を失った訳ではない。心を失った訳ではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                          .:
                         :::.   .:
                         ..::::  :::..
                          : ::.:.:.:....:.:.:.:::  .:
                        :. :::::∧∧:::.. :::.
                       .:  ::..:.:(* ∀.)::::...:.::::  .:
                      ::.  .:.::〈   〉:::::::.:.  :::..
                      ::::....:.::::::し´J ::::::::::::....:.:.:::
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           彼の内に秘める想い、怨念となって己が身を焼き尽くす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
613 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:20:41.99 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
               裏切られ、民族を滅ぼされたアヒャシュタインは
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




                     ∧∧    ∧∧
                .. . .: .: .::::*::∀:) .. ....::.:;;::∀.)
                  . .:..:(   ). ..:.::∧∧  )
                    〜|  |..:.:.::(*゚∀゚) .|
                  ... .. ...:.::. . ...: .:.:(   ).J
                    . .. .: .:.:.:._し´J
                      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    アト・アスキィに流れ着いた後も誰も信用することなく、心を閉ざそうと無口になる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
614 >>612は無かったことに! 見なかったことに! [sage saga] 2011/03/19(土) 06:21:10.95 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            しかし、感情を失った訳ではない。心を失った訳ではない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                          .:
                         :::.   .:
                         ..::::  :::..
                          : ::.:.:.:....:.:.:.:::  .:
                        :. :::::∧∧:::.. :::.
                       .:  ::..:.:(* ∀.)::::...:.::::  .:
                      ::.  .:.::〈   〉:::::::.:.  :::..
                      ::::....:.::::::し´J ::::::::::::....:.:.:::
                         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           彼の内に秘める想い、怨念となって己が身を焼き尽くす。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
615 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:21:47.57 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          思いの力は強い。 時にそれは人間の想像を凌駕する力となる。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━







           ∧,,∧      ∧_∧
           ミ;゚Д゚彡    <ヽ`∀´>   ∧∧
           〈::::ヽソ:ミ       〈    〉   (゚∀゚*)
           く::::::ノ:::ミ       〈  l  |   u u )
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 幼い身でありながら、ニダーが認める程の力を身につけたのはモララー族への復讐心からだ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
616 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:22:42.08 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ニダーの誤算があるとすれば、アヒャシュタインの本質を見抜けなかったこと。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                                  ドスッ!    | || i   |
                                          \、 (@`!    i|
               ヒュッ                            \|l    l||
−───────━━━━== ≡=≡  ニ =二二==三===X二||i     ||
                   ∧∧                   / |||i     |
               V"ji,,w (∀゚*)              / //||||    i i|
              シ;;:::::.*キ c  )                 / ,ノ|||    ||l|
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ┌─────────────────────┐
      |                                    |
      └────────\────────────┘───────┐
                            |                              |
                            └─────/────────────┘


                         ∧_,,,,
                       と[(, ∀ ,)
                         rミと[:::ノ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   アルツァモラが驚異的な嗅覚により、アヒャシュタインの出す殺気に気付いたことだろう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
617 モランバーグの人 [sage saga] 2011/03/19(土) 06:23:11.68 ID:3RcDA0Rl0

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                 アヒャシュタインに対する話は以上だ。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




∧_∧
,,.  ∀ )       ∧_∧
======O====X二(  ,, ∀)                      ∧∧
  __〉   ====G======O=====X二>            (.*゚∀)
/   ∧_∧ /  __〉                    と    つ
     (  ,, ∀)_/                       (/ ┘
=====(     `)====X二>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        長くなってすまなかった、引き続き戦争の方に話を戻させて貰おうか。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<続く>