アト・アスキィ語特殊講義 - シィ語詩『鉄神への歌』

567 01/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:12:32.05 ID:2moCJ/5co
  ……キーンコーンカーンコーン……

           ____
         /       \
        /     ⌒   ⌒
      /    ( ●)  (●)',     。 アト・アスキィ語特殊講義C
      |         (__人__) │  /  シィ語詩『鉄神への歌』
      \_      ` ⌒´ /  /
         /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、 ,rE)
.       │  | ゝヾ, / 7  |  ソ◇'
.       |  |  \ ゚|/  |\/____E[]ヨ___________
      _|__|___゚|___|_
       |\   ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
       |\\    ⌒  ⌒ 甘  \
       |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
568 02/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:12:56.50 ID:2moCJ/5co
               ∩_
              〈〈〈 ヽ
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  みんな、新年明けましておめでとうだお
   /( ●)  (●)\  !   !  年明け最初のアト・アスキィ語特殊講義Cは
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  最近発見されたシィ語の詩を読むお
  |     |r┬-|       |  /
  \     ` ー'´     //   まずは、年明けで忘れた人のために、
  / __        /     シィ語についてまとめるお。
  (___)      /
569 03/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:13:25.87 ID:2moCJ/5co
○シィ語(shii mash)とは

シィマシュ
シィ語はアト・アスキィ文明黎明期の二つの主要言語のうちの一つだお。
雷光氏族をはじめとするシィ部族で使われる言語だお。
                             モネタグ
ちなみにもう一つの主要言語はモナー諸部族のモナ語(mona itag)だお。

彡ミミ
ミミミミミ
ミミミミミミミミ
ミミミミミミミミ
ミミミミミミ彡ミニニニ)                        ∧,∧ 
ミミミミ彡ミミミミ  |                         (ー゚∧ 
ミ彡ミミミミミミミミ  |                         ,,ハ,Д^,,)
ミミミミ彡ミミミミミミl       ,、,,、     ∧∧,          ( *^) ミ
''""`'"''"'""'"^'"'"^:;.     (*゚-) カラ (*゚ー) カン        (つo;;iヽ  
            :;.,     ( ぅ カラ ( う  カラ        し. ヽ) ゝ
         ´''"''""`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'`"'"^´''"''"'"'^´''"''""``"'"^´''"''"'"'^´''"''""`"'
570 04/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:13:59.36 ID:2moCJ/5co
シィ語の分布は背骨山脈東側、帽子山脈の南にある筏川流域を中心とする
アト・アスキィ文明の領域内だお。
発掘調査の結果、巨人の一族の領域うち、東端の村落は、元々シィ部族の
村落だったことが分かっているから、そのあたりでも使われていたんじゃないかお?

     /\/\
   /\ 森 /\/\  /\/\/\                /\/\ [帽子山脈]
/\/\森森森森/\/\     /\/\           /\   /\/\  /\/\
 鉱山村マニール       i      森森/\/\    /\/\         /\/\   /\/\/\
   ○  \   森    ヽ      /森森森/\/\/\森森森ヽ   |  /森
        \森森森   |___/       森森/\  森森森森森\ //森森森森森森森森森森||
          \森     |   ||新興村エイミル   /\森   森   森/     森森  森森森森||
 牧畜村オオミミール )    /     ||   ○       /\  [小サ森]/☆     [大キ森] 森森森||
     ○     (   首邑モラリエル  ||          /\        / アト・アスキィ           ||
             \/    ○   ||        森/\        | [イカダ川]          ||
ー-、          |          ||      森/\    西     \          東   ||
: : : : ヽ        /           ||==== /\           )\   =======
: : : : : :i       i                森森森[背骨山脈]  平   /   \ ||     平
: : : : :/ 海産村モーラル         森森森森/\  /\      /      ヽ||
: : : : i   ○     /      森森森森森森/\   /\  原 /           i||    原
: : : : :ヽ___ /     森森森森森森森/\     /\    i         |||
: : : : : : : : : : : : )        森森森森 /\森     /\   /          |||
: : : : : : : : : : : (    /⌒ヽ  森森森森/\森森     /\  ,イ     森森   |||               Ν
: : : : : : : : : : : : ヽ_ノ: : : : :\ 森森森/\森森/⌒ヽ      / i    森森森  !、||          _Α_
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ 森森森 森  / : : : : : `ー-、_/__i ☆ 森森森  / \||        |/∨\|
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ー-――――' : : : : : : :: : : : : : : :アト・アシル    /     ヽ||      <>回<>
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ー―――'^ー-、    i||       |\∧/|
              : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :`ー―'ヽ__    ̄∨ ̄
                                            : : : : : : : : : : : : : : : : : :
571 05/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:14:26.31 ID:2moCJ/5co
○語順・類型

         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  シィ語は主語、目的語、動詞の順に並ぶ
    |      (__人__)     |  SOV語順の言語だお。
     \    ` ⌒´    ,/  時代や人によっては語尾で格を表すことがあるお。
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   このあたりは個人差があるお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |  格助詞というより、屈折語尾に見えるほど形を変える
   /    / r─--⊃、  |  筆者もいるから要注意だお。
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |

SOV語順・孤立語      SOV語順・膠着語

イシュ, ヴィリシュ ノーイ      イシーム ヴィリシーグ ノーイル
ish, vilish  nooi       ish im vilish tig  nooi ol
私、  あなた 愛する     私が あなたを 愛している
572 06/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:14:58.72 ID:2moCJ/5co
     ____
   /      \ ( ;;;;(
  /  _ノ  ヽ__\) ;;;;)
/    (─)  (─ /;;/    特にアト・アスキィ文明黎明期は、
|       (__人__) l;;,´|     多様な部族が合流した直後で、言語状態は
./      ∩ ノ)━・'/     カオスだお。
(  \ / _ノ´.|  |      今から教えるシィ語も多種多様なシィ語の一つだお
.\  "  /__|  |      今から教えるシィ語も多種多様なシィ語の一つだお
  \ /___ /      大事なことだから二度言ったお。

                  ピジン言語の常で、SVO語順で、格助詞が省かれた
                  孤立語みたいな用法もあるんだお。

SVO語順・孤立語

イシュ ノーイ   ヴィリシュ
ish nooi   vilish
私 愛する あなた


     ____
   /      \
  /  ─    ─\    今回の詩はSOV語順膠着語という、
/    (●)  (●) \   世界の言語のうちでも一番ありふれた様式で書かれた
|       (__人__)    |   ものだお。
./     ∩ノ ⊃  /     イシーム ヴィリシーグ ノーイ
(  \ / _ノ |  |      「私が あなたを 愛する」のパターンだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /
573 07/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:15:28.96 ID:2moCJ/5co
○形容詞の語順
         ____
       /      \
      / ─    ─ \
    /   (●)  (●)  \  シィ語の形容詞は名詞の前につくことが一般的だお。
    |      (__人__)     |  アト・アスキィの諸言語は、このパターンの言語が多いお。
     \    ` ⌒´    ,/  人名に使われるジャス・ハーニヤ(雷光氏族のジャス)や
     /⌒ヽ   ー‐    ィヽ   アト・アスキィ(場所 人々)という名前は例外的な事例だお。
    /      ,⊆ニ_ヽ、  |
   /    / r─--⊃、  |  これも形容詞化のlaを付けるもの、付けないもの、
   | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |  所有格属格のgをつけるものなど、いろんなパターンがあって、
                   安定していないんだお。
                   これも時代ごとや個人の差異が大きい要素だお。

ジオ・イロアト
jio  iloat
偉大 神

ジオラ イロアト
jio la  iloat
偉大な 神

ジオグ イロアト
jio g   iloat
偉大の 神
574 08/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:16:12.80 ID:2moCJ/5co
○本文読解

        ____
       /    \
.    /          \
.  /    ―   ー  \
  |    (●)  (●)  |  本文の読解をはじめるお。
.  \    (__人__)  /
.   ノ    ` ⌒´   \
 /´             ヽ

ネ・      クロエロルグ スィシュン
ne      kuloel ol g sishn
中性定冠詞 鉄神 へ の 歌
【鉄神への歌】

..      ____
     / ―  -\    ne kuloel ol g shishnのneは、中性定冠詞だお。
.  . /  (●)  (●)   たいてい古代の言語は定冠詞はなく、「これ」や「それ」などの
  /     (__人__) \  指示代名詞が定冠詞に変わっていくことが多いにもかかわらず、
  |       ` ⌒´   | シィ語は最初からあるんだお。
.  \           /  アト・アスキィ文明が始まる以前にも進んだ文明と接触した形跡が
.   ノ         \  あると言うことだお。
 /´            ヽ
                 ちなみに男性定冠詞leと女性定冠詞liもあるお。
575 09/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:16:51.34 ID:2moCJ/5co
kuloelのelは、癒しと風の神しぃエルや、豊穣や地の神モナエル、武と火の神モララエルなど、
アト・アスキィ周辺地域の諸言語で広く用いられる「神」を表す語だお。         クロ
kuloだけで鉄神という意味をもつけれど、鉄の使用が増えて行くに従って一般名詞の鉄と
区別するために、しぃエル同様に、kuloelという、elがついた表現が増えて行くお。

/////  //                 /                  /
////  //                  /                   /                 /
///  //                   /    ┌┐┌┐        /                 /
//  //        ┌───────┐ ││││       ∠/                /
/  //          │              │ └┘└┘       //                /
  //            └────┐    │          /∠_/
//                  │    │        // /
/                    │    │       /   /
                  ┌────┘    │      / / /  /     '                        /
                  │              |     / /  / /                              /
                  └───────┘ l /     i|//              Α_Α            /
                              !  |∨        /。              (д .:;:;:;:)-:::::-イ  kuloel/
                               | /  /      //   ゚  o  。  。   〈;:;:;:;:;:;:;:;:::::::::::(  ←鉄神
          く>               |V/       //   _              ヽ._X_ノ;:;:ヽ::(
        /                    | |          ;′ くLソ   ∠>       0 ヽ.___,)`
       /  kulo     厂lヽ         |∨       /   l| !           。     o
          鉄 →  \厂      | |l    :.:厂>、  lレ| 。  。  o   ゚       。 ゚   ┌┐┌┐┌┐
                         |∨ . :| : :.\{llllリ: :.   l| |              o    ││││││
                          |l   :・ .:::.:.:.::.:;,:;:.i : :   lレ|            。 ゚       └┘└┘││            /
                        \  |l  : : .:::.:.:.:.::::::/::.:.: :   l|  /    o          /     ││           /
                   \)\|l  : :..:.i:.:: ∴/|:::.:. : .i   l|/(/ ゚      く7     /       l_ノ         /  /
                   )\ノi!. : : .:.:.:;:.・/ i|:::.::..: : .  ll /(          /                     /  //
"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'`' ̄`ヽ"::'::)\)\人)\/..:.::∨( 人/(/(〜〜/` ̄`''^''´''/""`'"'"'"^´'"''"      /   /  ///
                    ;ヽ;;:;:ヾ;:;: :;:;:ゞ;:;:ヾ;:;:ゞ;:;: ;:;:;:ゞ;:;:ヾ;:;:;ゞ:;/;                       /   /  ////
                       ;\;: ;;: ;: ;: ;: ; :; : ; : ;: ; :;:; :; :; :; :; :;/                   /   /  /////
                     `"''"'^´''"''"'"'^´''"''"''"`'"'"'                        /   /  //////
576 10/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:17:18.63 ID:2moCJ/5co
ne      kuloel ol g sishn
中性定冠詞 鉄神 へ の 歌

          ____
       /ー  ─\    次に、見ての通り、シィ語は格助詞または屈折語尾で
      / (●) (●) \   格情報を表すお。
    /   .(__人__)   \ シオン文書の言語(arka)では"a tyu"(へ あなた)というのに、
    |     `⌒´      | "vilish ol"(あなた へ)で逆だお。
     \           _/
      ノ        . 厂   下表の括弧と言うのは状況によって消える音だお。
     .//\ "'つ ̄旦\    "shitea"(石)は表記上"shitea ol"(石に)と書かれることが多いけど、
    // ※\____\   "shiteal"と書かれることもあるお。
    \\  ※   ....※ ※ ヽ  実際の発音はshitealのように、母音oが飛んだ音だと推測されるお。
      \ヽ-ー―――――ヽ 同様に"joltib tig"(未亡人たちを)も"joltibig"と書かれることがあって、
                   子音で終わる単語の場合、tを省いて発音されていたみたいだお。

○屈折語尾
(i)m 〜が 主格
(t)ig 〜を 対格
g 属格・所有格 〜の
(o)l 与格 〜に、〜へ

○格助詞
kele 〜から、〜より、奪格
si 場所、〜で
yesh 様態 〜のように
filel 随伴格 〜と共にいる、滞在する、留まる、残す、残る、泊る
susu 具格 〜を用いて、〜をもって
577 11/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:17:48.06 ID:2moCJ/5co
       ___         スィシュン
      /     \      次に歌。シィ語の歌を意味する語はいっぱいあるんだお。
    /   ⌒  ⌒\
   /   ( ⌒)  (⌒)\  サルス  ラクセ  フォラク
   i  ::::::⌒ (__人__) ⌒:: i  sals、 lakse、 folak他多数だお。
   ヽ、    `ー '   /
     /     ┌─┐  両性具有の歌神ユカルの人名に由来した
     i   丶 ヽ{ .茶 }ヽ  ユカルト
     r     ヽ、__)一(_丿 yukaltという単語もしばらくすると出てくるお。
     ヽ、___   ヽ ヽ
     と_____ノ_ノ  語彙が多いと言うことはそれだけシィ族にとって、
                歌が重要な位置を占める文化だったことが分かるお。

       トゥイグ          オトル・キ        スィル          ブッシュシュ
     \ 三ツ /       \ 見テクレ /     \ コノ /      \ TNTN♪ /

 パンパン  _/ミ       彡\_        彡\_  パパンパ    _/ミ
      (:lXl::∧)  シャッ!!  (∧::lXl:)        (∧::lXl:)         (:lXl::∧)  シャッ!!
       ミ゚ヮ ゚*彡    /  ミ*゚ ヮ゚彡         ミ*゚ ヮ゚彡           ミ゚ヮ ゚*彡 、
    (( /)(ヽ:::ミ ))    l|i   ,ミ:::ヽソ:ミ、.      (( ミ:::/)(ヽ ))         ,ミ:ソノ:::ミ、  |l
       ミ:|::::::::ミ     `ミ  \)::|:::::ミ,)        ミ:::::|::::ミ         (,ミ:|::::::(/ 彡'
        し'`J          し' `ヽ,)        し'`J         (,/ `J
578 12/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:18:17.95 ID:2moCJ/5co
レ・イロアティム ダルヴァドル・ティチャティーグ ティオール
le       iloat im dal vadl ticha tig ti ol
男性定冠詞 神が   闇 色   服  を 着 ていた
(神は闇色の衣を身に纏い)

ターマ フィレール  ヴリトール
taama filel    vlit ol
静寂 〜と共に 放浪 していた
(静寂を供に佇む)

  _∩               次に本文だお。
 / 〉〉〉
 {  ⊂〉     ____      見ての通り、この詩は、格助詞を律儀にいれているお。
  |   |    /⌒  ⌒ \    一方で「〜の」を意味するgはあまり挿入しない傾向があるお。
  |   |  /(●)  (● ) \
  |   |/:::⌒(__人__.)⌒:::  \  ti olで、「着ていた」または「着てある」と言う意味だお。
  ヽ   |     |,┬‐ |       |  olは時制でなく、動作の段階を表すアスペクトで、
   \.\   `ー ´     /  ある動作が完了した瞬間とその後を表すお。
     \       __ ヽ
      ヽ      (____/  「〜に」を意味する(o)lと同音だから要注意だお。

                    ちなみにこの詩には動詞の格数変化はないお。
                    am, are, isみたいに変化する古代語より簡単だお。
579 13/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:18:50.42 ID:2moCJ/5co
ショーニーザ シンフセーリェ オロウシーム, ダルーシ レナーリェ フィシュナ イェシュ
shooni za  shinfuse lye   oloush im, dal si lena lye   fishna yesh
穏やか 副詞 微笑む 連体形 顔   が 闇 で 浮く 連体形 満月 ように
(穏やかに微笑む顔は闇に浮かぶ満月のように)

               ∩_   穏やかのshooniが副詞化の接尾辞zaがついて、
              〈〈〈 ヽ shooniza「穏やかに」になっているお。
      ____   〈⊃  }
     /⌒  ⌒\   |   |  shinfuse単体で微笑むという意味だけど、
   /( ●)  (●)\  !   !  lyeがついて、連体形になるお。
  / :::::⌒(__人__)⌒:::::\|   l  「微笑む→顔」と言うように、次の語彙を修飾しているお。
  |     |r┬-|       |  /  lena lye fishna(浮く満月)も同様だお。
  \     ` ー'´     //
  / __        /
  (___)      /
580 14/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:20:02.82 ID:2moCJ/5co
              ファロエ
ところで、月はシィ語でfaloeっていうけど、
     フィシュナ
満月はfishnaという固有語形なんだお。

他にも色々と月に関する固有語形があるから、シィ族にとって、月は文化上重要な存在だったと
推測されるお。

: : +: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :。 : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : :。 : : : : : : : : : ...:::::... ...─- 、: : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : : : : : : +: : : : : : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /      ヽ: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :* : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : *: : : : l    ..... ...:::.. .: : : : : : : : : : : : : : : 。: : : : : : : : : : : : : : : : : : : 。: : : : : : : : : : : : : :
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ヽ       /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :
: . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : : ` ー--‐'..... : . : . : . : .+ . : . : . : . : . : . : . : . : . : .+ . : . : . : . : . : . : . : .+ . : . : . : . :
: . : . : . : . : . : . *. : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : . : .* .
: . : . : . : . : . : . : . : 。. : . : . : . . +: . : 。. : . : . : . . +: . : . : . : . : . : . : . :
:  +:  :  :  :  :  :  :  :  :  :  :  : :  :  :  :  :  :  : :  :  :  :..:  :  :  :  : 



                     (゚*>> (゚;>>
                      〉 ヽ  |:::::ヽ
                     (`- ヽ_) (`[;;;;;;;;;ゝ
          ,,,、、-‐'''""~´''"''""`'"'´''´''"''""`'"'"''""`'"'~"'''‐-、、,,
     _,,、-‐''"~W从WW从 <三X=========W从 =l二二/ WVwW~"''‐-、,
,,、-‐''"~W从WW从WW从WWW从WW从WW从WWW从WW从WW从WW"''‐-、,,
W从WW从WW从WWW从WW从WW从WWW从WW从WW从WWWWW从WW从"''‐-、
581 15/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:20:28.52 ID:2moCJ/5co
ダロール ダクシシューリェ イシュピーグ ヴァシュドゥルトール
dal ol dak shish  lye    ish p ig vashdlt ol
闇 に 恐れ 感じる 連体形 私 複 を 照  していた
(闇に脅える我らを照らす)

     ____
   /      \      shishは感じると心の両方の意味があるお。
  /  ─    ─\     dak shishで、脅えるという意味だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    |       ishはシィ語の一般的な一人称だお。男女兼用だお。
/     ∩ノ ⊃  // ∩ノ ⊃  男専用のjalや女専用のshushという代名詞もあるお。
(  \ / _ノ    \/ _ノ
.\ “  /  . \ “  /    当時のレリーフや像をみると、シィ族の男女では、
  \ /      /\/     顔の形がずいぶん異なっていたようだお。
    \       \
     \    \  \           ∧∧  ジャル    シュシュ   ∧∧
       >     >   >         (,,゚Д゚) < 俺       私 > (゚ー゚*)
       /    /  /         (( 〈::::[:::)              と  つ
                          ノ;;;;;i;;;|                  |  | 
○代名詞一覧                  し`J                し`J 
ish 私                     シィ族男性           シィ族女性
jal 私(男)
shush 私(女)
vilish あなた(敬称)
lettu あなた(男が男を呼ぶ時)
loopa あなた(男が女を呼ぶ時)
not あなた(男が女を呼ぶ時)
non あなた、女が女を呼ぶ時。
jyettue あなた(女が男を呼ぶ時)
le 彼、彼女。三人称単数
lee 彼女
tue 彼
suti この人、彼
lyeko この人、あの人、彼

sil これ (原シィ語、スィル)
neel あれ
582 16/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:21:24.68 ID:2moCJ/5co
       ___       ish        ishp
     /   ヽ、_ \     私にpがついて私たちになるお。
    /(● ) (● ) \   声門が閉じた音で終わる無声音の時はpだけど、
  /:::⌒(__人__)⌒::::: \  母音やb, d, g, m, n, v, z, j, l, w, y,などの有声音で終わるときは
  |  l^l^lnー'´       |        jal  jalb
  \ヽ   L        / bがついて、俺、俺達になるお。
     ゝ  ノ
   /   /          ややこしいことに、生きているものと、生きてないもの、
                 有生名詞と無生名詞で複数化接尾辞が違っていて、
                 有生名詞は、p/b、無生名詞はt/dを使うお。

○複数
有生の場合p、無生の場合tを使う。どちらも母音のあと、有声音の後につくと有声音b, dになる。

・有生名詞 p/b
jas ジャス       jasp ジャスプ ジャスたち
shii シィ           shiib シィブ シィたち
himj ヒムジュ 戦士  himjb ヒムジュブ 戦士たち

・無生名詞 t/d
galosh ガロシュ 槍  galosht ガロシュト 槍ら
voyu ヴォユ 投げ槍 voyud ヴォユド 投げ槍ら
583 17/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:21:47.94 ID:2moCJ/5co
           ____
         /      \    上のish p igと書かれているところは文脈上、
        / \    / \   ishp tig(私たちを)と書かれるはずのところなんだお。
      /  fてハ`  ィて刀 ::\ でもtが欠落しているお。
      |      (__人__) :::::::::::| 他の文献でも子音で終わる語の後のtigは、tが欠落している
      \      `^´  :::::::/ 事が多く、母音で終わる語の時は不思議と抜けないんだお。
      /     ー‐    \ そこで、子音で終わる語につく対格格助詞tigは実際には、
                     igと発音されていて、イシュピーグのように繋げて発音されていたと
                     予想できるお。
                     

     ____    ━┓            ヴァシュドゥル   ヴァシュドゥルド
   /      \   ┏┛   vashdltというのは、光の複数形、光たちっぽいお。
  /  \   ,_\.  ・     vashdld olで、「光たちに」?
/    (●)゛ (●) \      いや、dじゃなく、tだから、vashdl(光)とtu(する)で、
|  ∪   (__人__)    |     vashdltu(照らす)かお?
/     ∩ノ ⊃  /      だとすると、vashdltu olは、「照らしていた」になるお。
(  \ / _ノ |  |       文脈的にもこっちの方が正しそうだお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /       韻を踏むために、綴りがおかしくなってるお。
                   古代語読解は同音意義語との戦いだお。
584 18/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:22:25.98 ID:2moCJ/5co
ローヴィ イェシェグ ウィーム キル トゥシュ
loovi yesh g  wi im kil tush
星  ように の 手 が 大 である
(星のような手は大きく)

        ____
     /     \        「〜のように」のyeshと「〜の」のgが合わさって、
    /  ─    ─\      「〜のような」という意味だお。
  /    (●) (●) \     yesh gはyeshegと表記される例が多くて、
  |       (__人__)    |    実際の発音はイェシェグに近いものだお。
  \        |\  / /|
  /     /⌒ノ  \/ ( )  wi im(手が)もwimと書かれることがあって、imのi部分は
  |      / / |       |  特に母音で終わる語の後につくと飛びやすいお。

                    シィ語は"sil, kil"(これは大きい)のように、繋辞を挟まず
                    表記することの方が多いけど、この文のようにたまに、
                    be動詞に当たるtushが現れるお。
                    次の行のtushn(撫でる)とあわせて対句表現になってるお。
585 19/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:23:27.60 ID:2moCJ/5co
     ____
   /      \
  /         \  「星のような手は大きく」と言うところが謎なんだお。
/           \ 現代人なら星は巨大だと言うことがわかるけれど、
|     \   ,_   | この時代でそれはないお。
/  u  ∩ノ ⊃―)/
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /

     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |
  \`.、_  __ ,. _彡'ノリ _,.ゝ、  |         ∧
   `ゝf‐ゞ゙ujヾ二r^ァuj< y=レヽ.     l\ / 話は聞かせてもらった!
.    |fjl、  ̄.リj^ヾ.)  ̄  ノ レ リ   __|  `
    ヾl.`ー- べ!゙‐ ` ー-‐'  ,ン   \     この詩の作者は宇宙人なんだよ!!
      l    f,.ニニニヽ u /:|   _∠,
       ト、  ヽ.__.丿  ,イ |     /     宇宙人ならばこの表現に説明がつく!!
     _亅::ヽ、 ー   / i :ト、    ´ ̄|
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、   l/、  ,ヘ
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l       ∨
   ヽl \\‐二ニ二三/ / /
586 20/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:25:26.40 ID:2moCJ/5co
     ____
   /      \
  /  ─    ─\
/    (○)  (○) \    なんだってーーーーーーーー!!!!
|       (__人__)    |
/      |!!il|!|!l|  /
      |ェェェェ|
            ※この詩がAA文明の古代宇宙飛行士説の根拠の一つとして
             使われるようになったのは、また別の話。


 「星のような手」の真相 ↓
                       ∧_∧             ∧∧ 
               o。        (д ;;:;)               (Д-;)
              /\゚o。。o。o0と:;:;:;:;:;:;ノ             ρ::::[:|
            <::::::::::>     /:;:;:/:;:;l            ノ;;;;;i;;ゝ
            <::::::::::>     (,___,),__,)           〈_/`J
;:;:;:';:;;:;':;:;:;;:;':;:;:':;:;:;:';:;;:;:;;:':メ"`"'"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''"'"'^´''"''""`'"'"`"'"^´''"''
587 21/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:25:54.05 ID:2moCJ/5co
ショーニーザ コディブ・ルシュニーグ トゥシュン
shooni  za kodib   lushn tig tushn
穏やか に 子供たちの 頭 を 撫でる
穏やかに子供たちの頭を撫でる

  (( (ヽ三/)    (ヽ三/) )) 穏やかのshooniと、副詞化のzaが合わさって
      (((i )__  ( i)))    shooni za「穏やかに」だお。
     / /⌒  ⌒\ \
     ( /( ●)  (●)\ )  kodibは子供を意味するkodiの複数形だお。
     /::::::⌒(__人__)⌒::::: \ ここでは、なにも付いていないけれど、
     |              | 写本によってはkodibgと、属格のgを合わせて書いたものもあるお。
     \             /  シィ語もモナ語同様、「〜の」を意味する単語はあまり使われず、
                    単純に合成することが多いんだお。

                    前の節のtushと合わせて韻を踏んでいることも注意だお。
588 22/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:26:18.64 ID:2moCJ/5co
ネ シュウィーム ディームン ダル・ティチャ ブヌースィ
ne  shuwi im diimn dal ticha bunu si
この 神威 が 生きる 闇 服   中 で
その神威は闇の衣の中で息衝く

     ____     ここのneは中性定冠詞か、sil(これ)の同義語の指示代名詞neか
   /      \   迷うところだけど、初出の話題であることから、
  /  ─   ─\  指示代名詞の方だお。
/    (●)  (●) \
|       (__人__)    | shuwiは、権威、威厳、威信など、色々意味が広い言葉だお。
/     ∩ノ ⊃  /  総じて言うと権力者が発するオーラのようなものだお。
(  \ / _ノ |  |   モナ語のdaham(威儀、権威、名誉)とも重なるお。
.\ “  /__|  |
  \ /___ /   ここのポイントは、動詞diimn(生きる)が主格の直後に来ていて
               倒置法が用いられていることだお。
               格助詞や屈折語尾のある言語は語順が柔軟で、
               押韻詩の文化があるところでは有利なんだお。
589 23/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:26:50.59 ID:2moCJ/5co
ネ シュウィーム, スィリーム ファロア・トアリーグ ゴーリェ ツィオヴィ
ne       shuwi im, sil  im faloa toal tig goo lye tsiovi
中性定冠詞 神威 が これ が 夜  空  を 裂く 連体形 流星
神威、それは夜空を切り裂く流星

ヌリリーグ ウィタナーリェ ツィオヴィ, スィリーム ネ・クロエルグ・シュウィ
 nulilig    witan lye   tsiovi,  sil im   ne   kuloel g shuwi
全てのものを 倒す 連体形 流星 これ が 定冠詞 鉄神 の 神威
あらゆるものをなぎ倒す流星、それが鉄神の神威

       / ̄ ̄ ̄ \      説明することが少ないから一気に行くお。
     / ―   ― \     これも韻を踏んだ文だお。
    /   (●)  (●)  \
    |     (__人__)      |  witan lye(倒す 連体形)が、witanalyeと読まれていたんじゃないか
    \   mj |⌒´     /  と言うのが、有力な説と言うぐらいだお。
       〈__ノ          「〜の」のgもそうだけど、子音で終わる語とぶつかる場合、
      ノ   ノ          最終母音が挟まれた形で表記される物が多いお。
590 24/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:28:24.92 ID:2moCJ/5co
            ___    ━┓
         /   ― \   ┏┛
       |     (●) ヽ\ ・  「あらゆるものをなぎ倒す流星」というのも、
       l   (⌒  (●) |   不思議な表現だお。流星は夜空を流れるだけだお。
        〉    ̄ヽ__)  │   隕石でも降ったのかお。
.     /´     ___/
     |        ヽ
     |        |


)ヾミゞ((;;;ゝヾ;゛;ッ゛;; ゛;ッ;::ッ;;゛;;゛,     ┌┐┌┐
ゝヾ;;ヾ⌒;;;) ッ;┌───────┐ ││││
ミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;゛ ;│              │ └┘└┘
_;ッ;ッ;; .,ッ゛)ヾミゞ|_____    │      
 ッ;:; ッ゛; ゝヾ;;ヾ⌒;;;); ;;;ッ│    │      
ッ; ッi ;ッ/゛ミ;ソ(;;;ゝヾ;))ゝ;;::ミ;;:│    │      
 l  | ッ; ゝ); ゛,┌────┘    │
ッ"ッl"ll|ッ ゛;. ッ│              |       ┌┐┌┐┌┐
  | l i |/.    └───────┘       ││││││
  i | .l|                            └┘└┘││ 
 i | l || i                                 ││ 
  | i| l/|                             l_ノ                       
 ゙|\/, ;:;;:て____ ____                                        
,.< ;:,";:゙`;:";::;:<_o    ─  =−                                    
< `;:;:', : ,"`;:;;_:;_;:>――    ゚ー─ 二  __─o ─= 二─。  ____ 
  >_´_`;:;: _;:<______     ̄ ̄ ̄ ̄  ______―――――― o ――――     
 │i | |\;::;:< \         ー==  ―――==   ―――――  ____ ー=―― oとヽ/|
 i | l |ヽ \(\\  ,.                 ー――二─= ─   ̄ ̄ ̄  ー― == ―(`(Д #;:;>
,r';,人 (ヾ、\\ \ \          ,,                                  〉';:;:;::;:;/
゛ ,,,,,,   ,,,,,,,,,,\  \,.             ゛    ,,,,,,                          _/;:;:;:;:;:;:;ゝ
 ゛ ,,,,,,,,    ,,,,,,, \   \゛ ,,,    ,,,,   ゛                             `(___,)\_,)
             \  \゛  ,.  ,,,,,,                           【真相】鉄神伐採中
                \ \
                   \
591 25/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:29:06.32 ID:2moCJ/5co
ウェ-, イシュペル, ジオノーリェ クロエル
ue,   ish  p   el,  jio  n    lye kuloel
感嘆詞 私 複数 神 偉大 過去 連体形 鉄神
おぉ、我らが神よ、偉大なりし鉄神よ

        ____       ueは感嘆詞だお。
        /     \      次のishp el(私たち 神)は、ishpelと一連なりになって
     /   ⌒  ⌒ \    後世、イシュペル(我らが神)という固有語になるお。
   /   ( ●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。`/■ヽ  /     | |             |
__/       .(__(⌒)、 \     | |             |
| | /    ,       \ `ヽヽ    | |             |
| | /   /          \_,ノ   | |             |
| | | ⌒ ーnnn.       )    |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄l二二l二二二二二二l _|_|__|_


        ____       jio n lyeのnは過去時制だお。
        / ■■■\     シィ語の時制はあったりなかったり安定しないお。
     /   ■■■  \     
   /     ⌒  ⌒   \   この詩の場合は、だいぶ省かれているようだお。
  /     ( ●)  (●).   \                 
 .|      、" ゙)(__人__)" .)  |  ___________  ○時制
  \_      。`/■ヽ.  ._/  | |             |  (a)n 〜した。過去  
__/       .(__(⌒)、 \     | |             |  t 〜する。現在、通事
| | /    ,       \ `ヽヽ    | |             |  tu する。現在。通常省略
| | /   /          \_,ノ   | |             |  sam 〜するだろう。未来
| | | ⌒ ーnnn.       )    |_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄l二二l二二二二二二l _|_|__|_
592 26/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:29:47.08 ID:2moCJ/5co
ポッブ,  ネ シュウィ スース, イシュパンヌ アト・アスキィーグ コ キルム キ.
pobbu,  ne shuwi susu, ish p   lann  ato asky   tig ko kilum ki.
どうか, この 神威 具格 私 たち である アト・アスキィ を 丁寧 守る 命令
(どうか、その神威を持って、我らアトアスキィを護り給え)


pobbuは、懇願する時に出てくるお。

lannは同格で、「ishp(私たち)=ato asky(アト・アスキィ)」のイコール部分だお。
これもまた、語末が子音の語につく時は、最初の子音であるlが飛びやすいというのは、
対格のtigと共通だお。

ko kilum kiは、「守ってください」的な意味だお。
本来は丁寧のkoと命令のkiを用いて「ko 動詞 ki」で依頼文になるお。

        ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \    講義中に昼飯すまんお。腹が減ったんだお。
   /   ( ●)  (●) \   最後に全文音読して終わりだお。
    |   、" ゙)(__人__)" .)|    ___________
   \      。` ||||==(⌒)ー、| |             |
__/         ||||    \  〉| |             |
| | /    ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄ .| |             |
| | /   /   ヽ回回回回レ    | |             |
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/     |_|___________|
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l二二  _|_|__|_
593 27/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:30:18.69 ID:2moCJ/5co
ネ・クロエロルグ スィシュン
 【鉄神への歌】
┌レ・イロアティム ダルヴァドル・ティチャティーグ ティオール─┐
│ 神は       闇色の衣を   身に纏い.│
└────────────────── .┘  ゙、            .,:;:;:;:;:;:;/
                                 \ ─‐     ' '    .,:;:;:;:;:;:;/
                                  \      .,.,:;:;:;:;:;:;:/
                                     <´ ̄:>──;:;:;/ ̄ ̄ ̄`l
                                /\´;:;:;:;:;:;:;: /:: :: :: ──く
                                  /::::.. : :\:;:;:;:/: : : : : : : : : : :..::\
                                    |:::.::..: : : : Υ: : : : : : : : : : : : : : : :::|
                               ,ノ:::.:. : : : :C⊃: : : : : : : : : : : : : : ::::|
                             /::::.: : : : : :/;:|: : : : : : : : : : : : : : : : : |
                            /:::..:..: : : : : :/;:; |: : : : : : : : : : : : : : : : : |
                           /:::::.:.:.:. : : : : :/ ;:;: |: : : : : : : : : : : : : : : : : |
            ∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :/::: : : :/;:;:;:;:;:|: : : : : : : : : : : : : : :..:イ
               ....)::.:..:. : : : : : : : : : : : : : : : .:.:::::. : : : :/;:;:;:;:;:; |: : : : : : : : : : : : : : :..:::|
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::.: : : : .:.::: : : : /| :;:;:;:;:;: |: : : : : : : : : : : : : : :..:::|
        ,:ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::/:|:;:|:;:;:;:;:;:;/: : : : : : /: : : : : : : : ::∧
          |::::::|:::..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:::::::|:;:|;:;:; /: : : : : /: : : : : : : ::/::::|
           ̄|:::.:..:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ :::::::::::|:;:|;/: : : : : /: : : : : : : ::/:::::::: |
                                   ┌─ターマ フィレール ヴリトール─┐
                                   │ 静寂を供に  佇む  .│
                                   └────────── ┘
594 28/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:30:54.14 ID:2moCJ/5co
┌─ ショーニーザ シンフセーリェ オロウシーム, ダルーシ レナーリェ フィシュナ イェシュ ─┐
│  穏やかに微笑む   顔は   闇に 浮かぶ 満月 のように │:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
└──────────────────────────. ┘::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::.:..........  :: .... ノ..ソ....:::...:.:. ノ::::::::::::::::::::: /       \ :::: ::::: ::::: :::::::::::::::: :::::: ::::: :::::: ::::::: ::::::::::
::.....::::....  ゛::  ..:...........::::::ヽ      /             ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  ,....:::::::::........ .........  .....く::::....    |            |  :::::::::::::::::::::::::(;;,,,,, ___):::::::::
....: ::::....ノ....::::.:::: .... ノ:::::::: ............ノ........  |      :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::(,,,,___):::::::::::::::::::::::::
::::ヽ,.....  .,,....:::::::::::::....:::...  ゛....    ヽ          /::: ::: ::: ::: ::: ::: :::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::
:::::::........ .........  .......::........,,....:::::::::.ノ ::: ::::: \       / ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:........ノ::::.....::::....  ゛::  ......:..... ....::::::::):::::::   ー―  ...::::::::::::: ::: :::: :::: :::: :::: ::::: ::::: ::::: :::::: :::::: :
ヽ  ,',:.....:::::::::.......... .::::.., .........:::::::::ノ:::: ::::  ::::::   ::::::::  :::::::: ::::::::: :  _,,,
.::::....  ........ .  ....::....::::........:....r'' ::: ::::::::::::: :::::::::::::::: ::::::::::::::::::::: :::::::  ,,,,,, ,,/~   \,,,__
.....::::::::.....::::......y.ノ........... .......... :::::/__;;):::: :::::::: :::::::::::::: ::: ::::::::::: /
:iiiiii::;iii:i; イ........,.,:    ....::::::r''~::::::(;;;;;;___): ::::::::: ::: :::::::: ::::  /|ヽ,,
;:;;::'':;ii:::.. | .)ヽ,.......,,............::::::::) ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::r/  ''ヽ,,,,
ii::  :;i;: ,,V:;iiii;/  :::  ::ノ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::|li  /ii   ゝ,    ,,
:;;;::;;.::;;;: ;; i;;i:/....::::..ノ  ̄::::: : ::: ::::: :::: ::::::: ::::: ::::: :::::: ::::: ::::: ::: //ll      |;,, ,,ノl⌒ ̄'' '
::;i;..  .::i;:ii:ii;/ ::: :::: :::: ::: ::: ::: :::: ::: :: : :::: ::: :::: ::: :::: :::: :::: :::: ::: :,|r    /i  /⌒ |
;ii;:.:;:..,:;''' r''ヽ_ノ~''' '''ヽ_    _,,,, ,,,,, ,,,_ ,,::: :: ::: :: : :: :: : :;|| ll |    ノ/   /ii
: ... ::;;;:.. |      /::ゝ'⌒~        ~/;ヽ_,,,,ノ/⌒⌒// / ll|   |ll  l
;ii;:: , .::;ii;: .| ""  "/:: .            /;;;;/    ~    ヽ_人;;,ノ    ノ_ノ
_i;::;.ii:.; ヾii.|     /::.. . .      ,, ,,   ヽノ    ,,,  ,, ,    'ヽ'''i /^/  ii  /ii
; ; ..;ii;.::;;;il.;|      ::..                           ヽ|~ _|ll ll|
;iiii;,,;i ; ,  ;|""      ""      .┌─ダロール ダクシシューリェ イシュピーグ ヴァシュドゥルトール  ┐
;i;;iii::iiiii;: ;;ヾ."""" ""           │  闇に  脅える   我らを    照らす    │
i;;ノiiiiii;i;i::..ヘ; ヽ,..""     ""   └────────────────────┘
"""",,""",,,,"""",,,, """ ""     ,,,, ,         ,, ,
595 29/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:31:20.73 ID:2moCJ/5co
┌ローヴィ イェシェグ ウィーム キル トゥシュ ─┐
│ 星  のような 手は 大きく     .│
└──────────────┘;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    | :;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:; |
                    |::;:;:;:;:;:,.        .,:;:;:;:;:;::|
               /:::.                 |
                 /:                  |
             /:                |
               /:                    |
           /:                  |
            ,':                     |
             |:                  |
             |:        ,::..             |
             |:       /::.:.            |
             |:     / ̄`ヽ:.         |
             |:      |     |:.    .:;   .:; .; |
             |:      |     |:.     i:  i: i |
             |:      |     |:.     |:  |: | |
             |:      |     |:.     |:  |: | |
             |:      |     |:.     |:  |: |ノ
             ヽ:__ノ    /:.    /:.  /::./
                     /:.    /:.  /::./
                 /:.    /:.  /::./
                   /:.    /:.  /::./
                     /:.    /:.  /::./
                 |::.   /:.  /::./
                     ヽ_/:.  //    ┌─ショーニーザ コディブ・  ルシュニーグ トゥシュン ─┐
                      ヽ._/        │ 穏やかに 子供たちの 頭を  撫でる   │
                               └─────────────────....┘
596 30/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:31:48.14 ID:2moCJ/5co
┌─ ネ シュウィーム ディームン ダル・ティチャ ブヌースィ ─┐
│ その 神威は 息衝く  闇の衣  の中で   │
└───────────────────.┘
                                /\´;:;:;:;:;:;:;: /:: :: :: ──く
                                  /::::.. : :\:;:;:;:/: : : : : : : : : : :..::\
                                    |:::.::..: : : : Υ: : : : : : : : : : : : : : : :::|
                               ,ノ:::.:. : : : :C⊃: : : : : : : : : : : : : : ::::|
                             /::::.: : : : : :/;:|: : : : : : : : : : : : : : : : : |
                            /:::..:..: : : : : :/;:; |: : : : : : : : : : : : : : : : : |
                           /:::::.:.:.:. : : : : :/ ;:;: |: : : : : : : : : : : : : : : : : |
            ∠ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄: : : : :/::: : : :/;:;:;:;:;:|: : : : : : : : : : : : : : :..:イ
               ....)::.:..:. : : : : : : : : : : : : : : : .:.:::::. : : : :/;:;:;:;:;:; |: : : : : : : : : : : : : : :..:::|
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄::::.: : : : .:.::: : : : /| :;:;:;:;:;: |: : : : : : : : : : : : : : :..:::|
        ,:ヘ : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :::/:|:;:|:;:;:;:;:;:;/: : : : : : /: : : : : : : : ::∧
          |::::::|:::..: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/:::::::|:;:|;:;:; /: : : : : /: : : : : : : ::/::::|
           ̄|:::.:..:.:. : : : : : : : : : : : : : : : : : :/ :::::::::::|:;:|;/: : : : : /: : : : : : : ::/:::::::: |
597 31/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:32:23.73 ID:2moCJ/5co
┌─ネ シュウィーム, スィリーム ファロア・トアリーグ ゴーリェ  ツィオヴィ ─┐
│    神威、 それは  夜  空を 切り裂く 流星    .│*
└───────────────────────.┘
      :::::        。           。           。
   ゚       .   ゚    ::    .   ゚    ::       +
 *           *    ::;;::  ゚   *    ::;;::  ゚  ;   ;
   :::   。    ゚      ::;;;::  /  ゚     ::;;;::   ` : ` ::  :::;
             *    ::;;;:  /    o     + :: :::::
 ::   ,   ;      ;   ::::; :::::   /       。           .   ゚    ::
. 。       o  ゚     /   .   ゚    ::            *    ::;;::  ゚
      。       . ☆      *    ::;;::  ゚   。    ゚     ::;;;::
 .   ゚    ::     . 。    ゚     ::;;;::           *    ::;;;:
   *    ::;;::  ゚  ;       *    ::;;;:       ;    ;  ::::;
  ゚     ::;;;::   ` :.  ;    ;  ::::;            o  ゚
o     + ::  ,    ;    o  ゚           . 。
598 32/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:33:01.66 ID:2moCJ/5co



       ┌───ヌリリーグ    ウィタナーリェ ツィオヴィ, スィリーム ネ・クロエルグ・シュウィ─┐
       │  あらゆるものを なぎ倒す  流星、 それが 鉄神の神威   ..│
       └───────────────────────────┘



599 33/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:33:33.07 ID:2moCJ/5co
┌─ ウェ-,  イシュペル,   ジオノーリェ ..クロエル..─┐
│  おぉ、我らが神よ、偉大なりし 鉄神よ .│
└──────────────────┘

                                        .
                                   :
                                       .:.
                                   .:: .:..
                        ∧∧ .,.;::゙´ ̄'';:,. .. :.: .: ::.. .,:;'' ̄`゙::;.,.
                       <:::::::::::>'      `:;Α_∧;:´     `:;,,
                       <:::::::::::>゚o゙:;゙^^^':;..(:;:.  .:;:)..;:'^^^゙;:゙;;゙;;゙^`
                        ∨∨   ゚o 。o0と;:;:;:;:::::::ヽ;:
                                   ;:(;;;;::/:;:;l;:ヽ:::;;):;
                           ..:.:.:.:.:      ;: '''(,___,)ー'::''::;:....
                                   .:.:.:.:.:.:.:.:..
      ┌─ ポッブ,  ネ シュウィ  スース,  イシュパンヌ アト・アスキィーグ コ キルム キ ─┐
      │  どうか、その神威 を持って、 我ら  アトアスキィを 護り給え  │
      └────────────────────────────┘
600 34/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:34:20.27 ID:2moCJ/5co
  ……キーンコーンカーンコーン……


                 ちょうど時間だお。みんなも昼飯に行くといいお。
        ____
        /     \    今日やったところが後期の試験ででるから
     /   ─  ─ \   ちゃんと、復習するんだお。
   /   ( ―)  (―) \ 
    |      (__人__)   |     ___________
   \    。 | |    /=3  .| |             |
__/        ⌒    \     | |             |
| | /   ,  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ヽ || | |             |
| | /   /   ヽ回回回回レ   ヽ|| | |             |
| | | ⌒ ーnnn.ヽ___/   .(⌒)|_|___________|
 ̄ \__、("二) └─┘ ̄l二二l二二  _|_|__|_
601 35/35 ◆CcpqMQdg0A [sage] 2012/01/06(金) 09:35:32.10 ID:2moCJ/5co
○おまけ

           ____
         /       \        単位認定は試験のほかにレポートもあるお。
        /     ⌒   ⌒        
      /    ( ●)  (●)',     。 やる夫のHPの未翻訳文献を訳して
      |         (__人__) │  /  upしてほしいお。
      \_      ` ⌒´ /  /   
         /   ̄ヽ 介/; ̄ lヽ、 ,rE)   試験とレポートで良かった方で採点するお。
.       │  | ゝヾ, / 7  |  ソ◇'
.       |  |  \ ゚|/  |\/____E[]ヨ___________
      _|__|___゚|___|_
       |\   ヽ⌒ヽ⌒ヽ   \
       |\\    ⌒  ⌒ 甘  \
       |  \| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|


           ______________________
   ∧,,∧   /
  =゚∀゚ = < nalem e parmeld e ti ot ix ma nalem e ato-askyeld tisee
 と ━@━つ │ (あなたの日本語詩がAA語詩になるかもしれない)
   |   |   \
   (    )っ    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (_)(_)