History of orji's partner

294 History of orji's partner 1/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:47:52 ID:qcvpMdDyP



 ある一匹の獣がいた。


     __/)-')
   (/⌒っ_つ゚ w゚〉っ
      ̄               ファグ
      ある部族の古い言葉で生命の意を冠する獣。
295 History of orji's partner 2/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:48:35 ID:qcvpMdDyP



    自然界ではあり得ることのない


         /)-') , / ガツガツ
    _, -─‐(, ゚皿〉っ
    とと ,)__、__つ(;:;:;)=3
           / i ヾ

               他の生命との共存を選んだこの獣は

  自然界において、大きな奇跡を起こし、その軌跡を永遠に残すことになる。
296 History of orji's partner 3/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:49:22 ID:qcvpMdDyP

   その奇跡は、

                ∧_/ヽ
       ∧_∧      (,,゚_ゝ )
       (,,゚_ヽ)      (   )
       (   )      ソ  ノ
       ∪∪      (._人_,)

           ある一人の男によってもたらされた。
297 History of orji's partner 4/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:50:03 ID:qcvpMdDyP



    その男の師、曰く
          「いかなる時も生命同士の愛を、
             そしてそれの結晶を引き裂いてはいけない。
           たとえそれによって"友達"になることができても
             それは俺達の望む"友達"ではない」

              /ヽ_ヘ
               (,,-_> )
              (   )
              ゝ  リ
              (_.人._)

                               だが........
298 History of orji's partner 5/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:51:13 ID:qcvpMdDyP


      その弟子は師が死した後、
                禁忌を侵してしまった。
         
       ∧_/ヽ       まだ生まれて間もない
       (,;:::_ゝ )    ハ_,ハ         獣の"兄弟"を奪ってきたのだ。
       (    )   〈w ゜#)    
        ソ  ノ   ヽ   ̄ ̄)/      __/)-')
       (._人_,)    (,/  ̄ヽ,ノ        c(っ_っ- w〉っ
                                二匹の両親から......
299 History of orji's partner 5/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:52:12 ID:qcvpMdDyP


                    
      弟子は自分の部族の言葉で バレト
           活発で好戦的な兄を"正義"

        ハ_,ハ
       〈w ゜#)
       ヽ   ̄ ̄)/ 
        (,/  ̄ヽ,ノ
                     ファグ
           比較的穏やかな弟を"生命"と名付けた。
       
       __/)-')
      c(っ_っ- w〉っ

               バレト リ ファグ
      そして二匹を"正義の生命"と呼んだ。
300 History of orji's partner 7/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:53:50 ID:qcvpMdDyP




     だが、部族の厳しい迫害により
           バレト
         "正義"の小さな"生命"は儚く消えてしまった。
              ファグ
     そして弟子は"生命"に"正義"を重ね、鍛えに鍛えあげた。
301 History of orji's partner 8/8 [sage] 2010/01/04(月) 04:54:57 ID:qcvpMdDyP
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;:;:i!:;:;;:;:;;;:;:(;:!;;::;:;:;::;:;:;:;:|:;:;ik/;;:;:;:;;:;;:l;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|:;:;:;;:;:;::;:;;:::;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:|;;;:i!:;:;;;:;:;;:;:;;:::;:;::;:;;:y::;;:;:ヽノ;;;:;ハ、;vvヾヘw:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;;:;;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;:;:;;;:;:;:ヾ:;:::;:;:;:ヾ;:;:;:;:;;`ー-、;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:_,ノ;;:;;:;:;;:::;:;:::;;:;;:;:;;:;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:/;;:;:;:;:;;、:;:;:;:;;:;:;;::ヽ:;::;:;:;;:;:;;:;::;:;;:;:;:;:;`ー-、___~"''"^'"''゙` _,-‐'´;;:;;:;:;;:::;:;ノ:::;;:;::;:;:ヽ;;:;:;;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:_ノ;;:;;;:;;;:;:;:;ヽ、;:;;;:;:;;:::;`ー-、;:ζ:;`ー-、;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:`ー-、;;_______,-‐'´;;:;:;;:;;:;:;;:;::;ヾ;:;;
;;;;;;,,-‐'´;;:;;;ノ;:;:/:;;:;;^ー-、:;:;:;:;:;:;:;:;:`ー-、:;:;;:;:;:;~:^";:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;;:;:;:;:;;`゙';;:;==;;;;:;;‐、__,,''~"'~
!ソ;ハj|W "" Vv,w,.vw,.v"ji,,Iw,,MW w,,Mv,w,.vw,.vW "" V"ji,,Iw,,MW "" w,,Mv,w,.vw ,,,,,.., ,vv
"~'"'"~  ~""~'"'"  ~~""~'"'" '"'"~~""~'"'"      ~ "'''~"''""'''~"''"  "'~"''"''~"''"
         \__,ノし//                  \     ガァアアアッッ!!
         /⌒ヽて                 。       ×       /)/)ー―_____
   = = ― -=ミ   }> - ― = ==――===―===X三> \  Σ 〈皿゜#)__,_, ―― ――― ――
    /ヽ_ ヘ       /         ∧∧ ぎゃぁ ゚     +        ヽ)  ヽ)―― ̄ ̄ ̄  、_ノ(/
 ⊂´(;;;;::::_ゝ)   ノノ         (∀Til)っ                  、__ノ(_           ⌒Y⌒\
 /   (,/ -=彡            と ヽつ                ´ ⌒Y⌒\
(,__ノー-'                    し    
                        _ ― =)-') 
                              _ ─=(,  ゚〉
                      __ ―  _,___,  つ
                   ― ̄   (,/    ― ̄
                      、__ノ(_    それからしばらくし、ある一人の青年が現れ自身にも弟子ができた時には
                     ´ ⌒Y⌒\      フォグ          
                                "生命"は大きく成長し主の大切な相棒となった。
                                   薄ら記憶に残る兄の面影を残して。